モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CG機械学習CGへの扉ディープラーニング安藤幸央GAN月刊エンタメAIニュース河合律子OpenAI音楽NVIDIAニューラルネットワーク強化学習三宅陽一郎吉本幸記Facebook人工知能学会自然言語処理大内孝子QA敵対的生成ネットワークGoogleGPT-3キャラクターAIスクウェア・エニックス森川幸人モリカトロンAIラボインタビュールールベースDeepMindシナリオAIと倫理グーグル映画倫理NFTDALL-E2StyleGAN自動生成デバッグゲームプレイAIメタAIロボット深層学習マイクロソフトCEDEC2019アートプロシージャルSIGGRAPH遺伝的アルゴリズムDALL-Eテキスト画像生成ビヘイビア・ツリーディープフェイクCEDEC2021CEDEC2020ゲームAIデジタルツインメタバース不完全情報ゲームVRナビゲーションAINPC畳み込みニューラルネットワークCLIPGDC 2021JSAI2022VFXGDC 2019マルチエージェントCEDEC2022ボードゲーム画像生成ファッション懐ゲーから辿るゲームAI技術史toioCNNAdobeテストプレイモリカトロンStable DiffusionUnity著作権AIアート小説鴫原盛之HTN階層型タスクネットワークJSAI2020TensorFlowBERTMicrosoftイベントレポート対話型エージェントロボティクス水野勇太アニメーションGenvid Technologiesガイスター画像生成AIStyleGAN2GTC2022教育ソニーJSAI2021スポーツ研究シムピープルマンガ汎用人工知能マーケティングGDC SummerインタビューバーチャルヒューマンブロックチェーンMidjourneyアストロノーカキャリアNVIDIA OmniverseeスポーツAmazoneSportsDQNBLUE PROTOCOLシーマンMinecraftアバターOmniverseUbisoftメタAlphaZeroTransformerGPT-2AIりんなカメラ環世界中島秀之哲学理化学研究所DARPAドローンシムシティImagenバイアスMCS-AI動的連携モデルモーションキャプチャーTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫バンダイナムコ研究所スパーシャルAIElectronic ArtsメタデータLEFT 4 DEAD通しプレイOpenAI Five本間翔太CMピクサープラチナエッグイーサリアム作曲ボエダ・ゴティエビッグデータ中嶋謙互Amadeus Codeデータ分析Microsoft AzureMILEナラティブアーケードゲームOmniverse ReplicatorWCCFレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimWORLD CLUB Champion FootballNVIDIA Isaac Simセガ柏田知大軍事サイバーエージェント田邊雅彦トレーディングカードトレカ音声認識PyTorch眞鍋和子バンダイナムコスタジオaibo合成音声Meta齊藤陽介マインクラフトお知らせMagic Leap Oneチャットボットサルでもわかる人工知能VAE3DCGリップシンキングUbisoft La Forge自動運転車ワークショップ知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDA秋期GTC2022どうぶつしょうぎEpic Gamesジェイ・コウガミ音楽ストリーミングMITAIロボ「迷キュー」に挑戦野々下裕子徳井直生マシンラーニング5GRival Peakクラウド対話エンジン斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルコンピューティショナル・フォトグラフィーゴブレット・ゴブラーズ絵画rinnaシミュレーションデジタルヒューマン完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索対談藤澤仁生物学GTC 2022画像認識SiemensStyleCLIPDeNA長谷洋平masumi toyota宮路洋一OpenSeaGDC 2022TextWorldSIGGRAPH ASIAEarth-2MagentaSFELYZA PencilGTC2021CycleGANデータマイニングNetHackはこだて未来大学キャラクターモーションフェイクニュースエージェントRPGSIGGRAPH 2022AIボイスアクターNVIDIA CanvasGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBS栗原聡ぱいどんテキスト生成不気味の谷ナビゲーションメッシュ松井俊浩ELYZAフルコトELYZA DIGEST3D音声合成西成活裕Apex LegendsELIZA群衆マネジメントNinjaコンピュータRPGライブビジネスアップルタウン物語新型コロナKELDIC周済涛メロディ言語清田陽司ゲームTENTUPLAYサイバネティックスMARVEL Future FightAstro人工知能史タイムラプスEgo4DAI哲学マップバスキア星新一日経イノベーション・ラボStyleGAN-XL敵対的強化学習StyleGAN3階層型強化学習GOSU Data LabGANimatorWANNGOSU Voice AssistantVoLux-GAN竹内将SenpAI.GGProjected GANMobalyticsSelf-Distilled StyleGAN馬淵浩希Cygamesニューラルレンダリング岡島学AWS SagemakerPLATO映像セリア・ホデント形態素解析frame.ioUXAWS LambdaFoodly誤字検出森山和道認知科学中川友紀子ゲームデザインSentencePieceアールティLUMINOUS ENGINELuminous ProductionsBlenderBot 3パターン・ランゲージ竹村也哉Meta AIちょまどマーク・ザッカーバーグGOAPWACULAdobe MAX 2021自動翻訳模倣学習AIライティングOmniverse AvatarAIのべりすとFPSNVIDIA RivaQuillBotマルコフ決定過程NVIDIA MegatronCopysmithNVIDIA MerlinJasperスタンフォード大学NVIDIA Metropolisパラメータ設計テニスバランス調整協調フィルタリング人狼知能テキサス大学AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotエージェントシミュレーションOpenAI CodexStarCraft IIHyperStyleMax CooperFuture of Life InstituteRendering with StyleメディアアートIntelDisney類家利直LAIKADisneyリサーチヴィトゲンシュタインRotomationGauGAN論理哲学論考GauGAN2京都芸術大学ドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデル不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021PromptBaseDota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチMitsuba2バンダイナムコネクサスソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所ユーザーレビューGTC2020CG衣装mimicNVIDIA MAXINEVRファッションBaidu淡路滋ビデオ会議ArtflowERNIE-ViLGグリムノーツEponym古文書ゴティエ・ボエダ音声クローニング凸版印刷Gautier Boeda階層的クラスタリングGopherAI-OCR画像判定JuliusSIE鑑定ラベル付けTPRGOxia Palus大澤博隆バーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt RecognitionSFプロトタイピングクーガー田中章愛実況パワフルサッカー石井敦銭起揚NHC 2021桃太郎電鉄茂谷保伯池田利夫桃鉄GDMC新刊案内パワサカマーベル・シネマティック・ユニバースコナミデジタルエンタテインメント成沢理恵MITメディアラボMCU岩倉宏介アベンジャーズPPOマジック・リープDigital DomainMachine Learning Project CanvasMagendaMasquerade2.0国立情報学研究所ノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャー石川冬樹サッカーモリカトロン開発者インタビュースパコン里井大輝Kaggle宮本茂則スーパーコンピュータバスケットボール山田暉松岡 聡Assassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターTSUBAME 1.0Sea of ThievesTSUBAME 2.0GEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMABCIモリカトロンAIソリューション富岳初音ミクOculusコード生成AISociety 5.0転移学習テストAlphaCode夏の電脳甲子園Baldur's Gate 3Codeforces座談会Candy Crush Saga自己増強型AItext-to-imageSIGGRAPH ASIA 2020COLMAPtext-to-3DADOPNVIDIA GET3DデバッギングBigGANGANverse3DDreamFusionMaterialGANRNNグランツーリスモSPORTAI絵師ReBeLグランツーリスモ・ソフィーUGCGTソフィーPGCVolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップStability AINovelAIRival PrakDGX A100NovelAI DiffusionVTuberユービーアイソフトWebcam VTuberモーションデータ星新一賞北尾まどかHALO市場分析ポーズ推定将棋メタルギアソリッドVフォートナイトメッシュ生成FSMメルセデス・ベンツRobloxMagic Leapナップサック問題Live NationEpyllion汎用言語モデルWeb3.0マシュー・ボールAIOpsムーアの法則SpotifyスマートコントラクトReplica StudioAWSamuseChitrakarQosmoAdobe MAX 2022巡回セールスマン問題Adobe MAXジョルダン曲線メディアAdobe ResearchMuZero政治Galacticaクラウドゲーミングがんばれ森川君2号pixiv和田洋一リアリティ番組映像解析Stadiaジョンソン裕子セキュリティMILEsNightCafe東芝デジタルソリューションズインタラクティブ・ストリーミングLuis RuizSATLYS 映像解析AIインタラクティブ・メディアポケモン3DスキャンCodexPFN 3D Scanシーマン人工知能研究所東京工業大学Ludo博報堂Preferred NetworksラップPFN 4D ScanSIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代DreamUpAIラッパーシステムDeviantArtARWaifu DiffusionGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~元素法典FAIRSTCNovel AIチート検出Style Transfer ConversationOpen AIオンラインカジノRCPMicrosoft DesignerアップルRealFlowRinna Character PlatformイラストiPhoneCALADeep FluidsSoul Machines柿沼太一MeInGameAmeliaELSIAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースバーチャルキャラクター大規模言語モデルBCIGateboxアフォーダンスLearning from VideoANIMAKPaLM-SayCan予期知能逢妻ヒカリPaLMセコムGitHub Copilotユクスキュルバーチャル警備システムCode as Policiesカント損保ジャパンCaP上原利之ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019品質保証StyleRigAutodesk逆転オセロニアBentley Systemsワールドシミュレーター奥村エルネスト純いただきストリートH100齋藤精一大森田不可止COBOL高橋智隆DGX H100ロボユニザナックDGX SuperPOD泉幸典仁井谷正充クラウドコンピューティングロボコレ2019Instant NeRFartonomousbitGANsぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward Architectureコミュニティ管理ウロチョロスSuper PhoenixSNSProject Malmoオンラインゲーム気候変動Project PaidiaProject Lookoutマックス・プランク気象研究所Watch Forビョルン・スティーブンスBing気象モデルLEFT ALIVE気象シミュレーション長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題Baby Xカート・コバーンエコロジーロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsYouTubeダフト・パンクメモリスタGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換レコメンデーションJukebox松尾豊Veap JapanEAPテンセントSIFT福井千春DCGAN医療MOBADANNCEメンタルケア人事ハーバード大学Edgar Handy研修デューク大学Netflixmynet.aiローグライクゲーム東京大学東京理科大学人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所リザバーコンピューティングプレイ動画ヒップホップソニーマーケティングサイレント映画もじぱNBA環境音暗号通貨現代アートFUZZLEAlteration粒子群最適化法進化差分法オープンワールド群知能下川大樹AIFAウィル・ライト高津芳希P2E大石真史BEiTStyleGAN-NADAレベルデザインDETRゲームエンジンSporeUnreal Engineデノイズ南カリフォルニア大学Unity for Industry画像処理SentropyGLIDECPUDiscordAvatarCLIPSynthetic DataCALMプログラミングサム・アルトマンソースコード生成LaMDAGMAIシチズンデベロッパーSonanticTRPGGitHubCohereウィザードリィMCN-AI連携モデルマジック:ザ・ギャザリングAI DungeonUrzas.ai介護西川善司並木幸介Kikiサムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsTopaz Video Enhance AICozmoDLSSタカラトミー山野辺一記NetEaseLOVOT大里飛鳥DynamixyzMOFLINRomiU-Netミクシィ13フェイズ構造アドベンチャーゲームユニロボットADVユニボXLandGatoAGI手塚眞DEATH STRANDINGマルチモーダルEric Johnson汎用強化学習AIデザインOculus Questコジマプロダクションロンドン芸術大学生体情報デシマエンジンGoogle BrainインディーゲームSound Control写真高橋ミレイSYNTH SUPER照明Maxim PeterKarl SimsJoshua RomoffArtnomeハイパースケープICONATE山崎陽斗深層強化学習立木創太松原仁浜中雅俊ミライ小町武田英明テスラ福井健策GameGANパックマンTesla BotNEDOTesla AI DayWikipediaソサエティ5.0SphereSIGGRAPH 2020バズグラフXaver 1000ニュースタンテキ養蜂東芝BeewiseDIB-R倉田宜典フィンテック投資韻律射影MILIZE広告韻律転移三菱UFJ信託銀行

CGへの扉 Vol.44:AdobeMAX2022開催。SneaksよりAI活用の方向性を知る

2022.11.18アート

CGへの扉 Vol.44:AdobeMAX2022開催。SneaksよりAI活用の方向性を知る

Adobe MAX 2022 LA会場とオンラインで開催

デジタルクリエイター向けに欠かせないデジタルツールを提供するAdobe社の一大イベント、Adobe MAX 2022が、2021年10月19日から20日の2日間、米国ロサンゼルスの会場とオンライン配信の組み合わせで開催されました。会場で発表されたものもふくめ、200以上のセッションがオンライン配信され、後日公開されたアーカイブでもそのうち多くのセッションが視聴できるようになっています。さらに英語講演者のセッションは日本語字幕つきで観ることができます。

Adobe MAX 2022 クリエイティブカンファレンス(オンデマンドで視聴可)
https://www.adobe.com/jp/max.html
※視聴は無料ですが、Adobe ID への登録が必要です(登録無料)。
※動画視聴の際、右下に表示される[CC]のアイコンを押して、日本語字幕を選択することができます。

セッションは多岐にわたるAdobeツールの最新機能の紹介、人気のフォトグラファーやアーティストがどのようにAdobeツールを活用しているか、ソーシャルコンテンツを制作するためにどのようにツールを活用するかといった内容で多岐にわたっています。各セッションは、写真、グラフィックデザイン、動画、イラスト、UI/UX、3DとAR、ソーシャルメディアの分野に分かれ、初めてツールを使い始める初心者からプロフェッショナルまで、多くのニーズをとらえたセッションが豊富に用意されていました。

【関連記事】CGへの扉 Vol.32:Adobe Sneaks より進化の方向性を知る

昨年2021年のSneaksでも驚きのテクノロジーが数々発表されました。昨年と比べると今年は地に足がついた感じです。驚きももちろんありますが、実用的ですぐにでも実務で使いたくなるような数々の機能が紹介された印象です。またAdobe Senseiを始めとするAdobeの人工知能テクノロジーと、ツールの新機能とは今まで以上に切っても切り離せなくなってきました。人工知能がアーティストの仕事を奪うのではなく、人工知能を活用したツールの機能がアーティストの作業を手助けし、人間はより想像的な部分で活躍して欲しいというAdobeのメッセージが感じ取れる発表でした。

MAX恒例 Sneak(こっそり)歩み寄る新技術の驚き

Adobe MAX の醍醐味のひとつは、Sneaks(コソコソ動く・忍び寄る)と呼ばれる未来的なセッションです。毎年Adobe Researchに所属する研究者が新技術を少しだけ紹介する定番の人気イベントSneaksはMAX最大の注目を集めます。今年はAdobeのシニアデザインプログラムマネージャーのブリア・アレキサンダーさんと、俳優、コメディアン、起業家として活躍するケヴィン・ハートさんがホスト役を務め、緊張しながら発表する研究者と絶妙なやり取りを交わしながら進められました。

Adobe MAX Sneaks(日本語字幕付き、約1時間半)
【動画1】https://www.adobe.com/jp/max/2022/sessions/adobe-max-sneaks-mb9.html(要登録)
【動画2】https://www.youtube.com/watch?v=vfMsVxnq-gc (約1時間半)
※登録無しでYouTubeでも見られますが、公式の日本語字幕はありません。

SneaksはAdobeで研究中の先端的なテーマや製品開発チームで新しい技術の実装を試しているような、製品一歩手前の機能を知ることができるセッションです。Sneaksで発表された新技術がすべて新製品に載るというわけではありませんが、この Sneaksで評判の良かった機能、要望の多かった機能から順に次の製品に反映されていくそうです。

今年Sneaksで発表された10の研究は、どれも完成度が高く、今すぐ製品に新機能として組み込まれてもおかしくないくらいの出来でした。もちろんリリースされるまでには細かな品質テストをクリアしなければならず、デモではうまくいっているように見えても動作スピード面、さまざまな状況に対応できる堅牢さなど製品化に向けてクリアしなければいけない要素があるのだと考えられます。

さらにSneaksには出てこない研究開発中のテーマはさらに何十個と控えていることが予想されます。成功しそうな研究に集中して予算を使うよりも、すべてに満遍なく予算を配分した方が、最終的にはそのうちいくつかの研究が利益をもたらすという説もあり、多数の研究者がさまざまなテーマに取り組むAdobe Researchの層の厚さを実感したSneaksでした。

Clever Composites(賢い合成)

道路に車を合成する例、星空にキャンプ中の人物とテント、月を合成する例

発表者:Zhifei Zhang
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=8o5B3RgyQ-M

どんなに画像ツールが進化したといっても、背景と物体の合成は手間のかかる作業です。また、合成のテクニックが未熟だったり、手間をかける時間が無い場合、素人でも気づくような違和感のある合成になってしまいます。Clever Composites(賢い合成)では、合成する物体(オブジェクト)を自動できれいに切り出し、別の背景に溶け込ませるための手順を簡単に実現できます。色やサイズの調整、照明や日照の影響や影の様子を人工知能が解析し、的確な調整を施してくれます。

Instant Add(即席追加)

パーカーに描かれているUFO、背景の文字、屋上の床面の模様が後から追加されたもの

発表者:Joon-Young Lee
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=sipTWng77nM

動画編集の最後の工程で何か文字や画像素材を追加したい場合に、カメラの動きにかかわらず動画中の動く物体に自然に貼り付けて使用することができます。従来でもこういった編集は可能でしたが、面倒な調整を繰り返さなければいけませんでした。そういった手間のかかる作業が人工知能による適切な変形・調整によって一瞬で作業が完了します。また通常であればこういった編集の後工程での修正は、そこまでの成果物を捨て、最初からやり直し、場合によっては撮影し直しになります。このInstant Addであれば、編集の最終工程でも調整や追加が可能であり、制作現場ではとても重宝すると考えられます。

Magnetic Type(ひっつく文字)

装飾付きの文字を自由に編集したり、手書きの装飾を文字に馴染ませたりできる

発表者:Arushi Jain
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=57XaUt9kCbE

Magnetic Typeは任意の形状を貼り付けて融合させ、生き生きとしたデジタルテキストを作成することができる技術です。スクリプト書体やカリグラフィ書体を利用する際の不自然さや違和感を取り除くことができます。熟練したデザイナーでも手間がかかる作業を、人工知能により手早く作業を完了させることができます。ロゴや広告などで利用する文字の試行錯誤の回数や検討のスピードを速めることができる手法です。

Vector Edge(ベクトル画像を端に合わせる)

2Dのグラフィック素材を3Dの形状に沿って貼り付けたり、配置したりできる

発表者:Ankit Phogat
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=ILyayGwSU2A

グラフィックデザインが、実際に商品で使われる際、どのように見えるのか検討する必要があります。Vector Edgeでは2Dの素材を、三次元形状にサイズを合わせて投影することで、実際にグラフィックが利用されている状況を的確に把握することができます。また位置や大きさなども素早く調整することで最適な展開を把握しつつ、グラフィック制作に活用できます。

Motion Mix(モーション合成)

全身画像にダンスの動きを当てはめることで、ダンス動画が作成できる

発表者:Jae Shin Yoon
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=nK6olXpOh1g

Motion Mixは、1枚の人物画像とダンス等の動きのデータをもとに動画を作成する技術です。ダンスが踊れなくとも、プロダンサーの踊った動きのデータを当てはめることで、なめらかに踊るダンス動画を作ることができます。合成された動画は若干の不自然さは残るものの、SNS等で楽しむ分には十分です。さらに人物動画の背景を差し替えることもできます。今までは、細切れの動画をつぎはぎして作らなければいけなかった作業が、平易にできるようになったことが特徴です。

Blink(瞬く間に動画編集)

文章を切り貼り編集し、動画を編集している様子

発表者:Mira Dontcheva
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=8JbhWih-wro
ベータ版:https://labs.adobe.com/projects/blink/

文章の編集と同じ手軽さで編集できるツール。動画の盛り上がり箇所を集めてダイジェストを作成し、SNS向けに短い動画を作成する際などに重宝する機能です。動画から自動的に文字起こしが行われるため、動画の場所を素早く探し、目的とする話の箇所だけを適切に切り取ることができます。動画を細かく見ながら編集するのではなく、文章を切り貼りするだけで、適切な動画を再編集してくれます。

Artistic Scenes(芸術的なシーン)

2Dのアートワークの雰囲気を3D映像に当てはめている様子

発表者:Sai Bi
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=LqBAC7SKp94

複数方向から撮影し360度3D化した映像に対して、ある2D画像の雰囲気を当てはめて全体のタッチを変えてしまう技術です。絵画やスケッチなどのアートワークの表現をVRやARの3Dでも平易に実現することができます。水彩画や鉛筆スケッチの世界に没入することができるのです。

All of Me(わたしのすべて)

写真では欠けてしまっている足の部分を再現したり、衣服の色をサンプルの色に差し替えたりしている様子

発表者:Qing Liu
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=mZizqrSGO_A

写真や画像の編集で、周辺の余っている領域を切り落として利用することがよくあります。その一方、写っている範囲の狭い写真の周辺も写してあれば良かったと後悔することもあります。All of Meでは、写真に写っていない部分の画像も人工知能による推定で、限りなく本物に近い状態で再現することができます。また着ている衣服の色を変えたり、模様を差し替えたりすることもできます。

Beyond the Seen(見えるものの向こう側)

2D素材から360パノラマ映像素材を生成している様子。また周囲が写り込んだ物体を配置している様子

発表者:Yannick Hold-Geoffroy
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=pUwYcsLYvyg

Beyond the Seenは、2D画像や写真から360度パノラマ映像を生成する技術です。人工知能の活用により本来は撮影していない裏側、上部、底部、側部も再現されます。またそれによって、鏡やメタル調の金属など反射物の表現も的確に扱うことができます。

Made In The Shade(影を作る)

影を生成した標識と、元からある車への影を自動生成。パラソルが砂に落としている影をマウスカーソルでつかんで移動する様子

発表者:Vojtěch Krs
動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=sz8UYSLUmTA

Made In The Shadeは、立体的な影がついた物体を変形した場合も、影の整合性を保ち続ける技術です。
画面中に存在する影から、日照を解析し、画面に新しく加えた物体の影を現実に近いかたちで再現します。
また画面中に存在する地面に影を落としている物体を影と一緒に移動することができます。
さらに影の向き、つまりは日照の方向をも自由にコントロールすることができます。

Adobeの新機能の予兆は学会論文から?!

Adobe Sneaksは研究途中の最新テクノロジーがお披露目され、分かりやすく解説してもらえる良い機会です。さらにその先、情報を先取りしたい方は、さまざまな国際学会でのAdobe関係者の発表に注目しておくと良いでしょう。Adobe Sneaks における最新の研究開発を担当しているメンバーの経歴を探ると、皆が著名な国際学会で論文発表を行っていることがわかります。

他の業界と比べてコンピュータグラフィックス業界や人工知能活用分野の大きな特徴はアカデミックな学術研究の世界と、一般向けのツールやサービスを提供している企業との共同研究、ノウハウ共有、人材の行き来が頻繁に行われていることです。例えばSIGGRAPHで論文を発表していた大学院生が、次の年にはAdobeの研究所に勤めていていたり、Adobeに所属していた人が、いつのまにか大学に戻って研究を続けていたりするのです。

各学会で発表されたAdobeが関係する論文一覧

・Adobe Research at UIST 2022 (4本)
https://research.adobe.com/news/adobe-research-at-uist-2022/

・Adobe at ECCV 2022 (4本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-eccv-2022/

・Adobe Research at COLING 2022 (7本)
https://research.adobe.com/news/adobe-research-at-coling-2022/

・コンピュータグラフィックスの学会 SIGGRAPH 2022 (29本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-siggraph-2022/

・Adobe at NAACL 2022 (8本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-naacl-2022/

・コンピュータビジョン分野の学会 CVPR (13本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-cvpr-2022/

・Adobe at ACL 2022 (5本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-acl-2022/

・Human Interactionに関する学会 2022 (12本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-chi-2022/

・アメリカ人工知能学会 AAAI 2022 (12本)
https://research.adobe.com/news/adobe-at-aaai-2022/

近年、論文発表から製品への機能実装のスピードがとても早く、ここ数年の各種学会で発表された新技術は、実際の製品の新機能として使える日も近いということが予想されます。論文によっては、機能実装が終わって完全にデモができる状態になってから論文発表されているものがあるくらいです。

さらに研究者の名前や所属企業で、特許情報を探すことで、少し先の展開を予想することもできるかもしれません。例えばProject Clever CompositesのZhifei Zhang氏の名前と、Adobeの社名で特許を探すといくつかの特許が見つかります。Adobe MAXで発表するだいぶ前に特許申請が完了していることがわかります。特許を探すとSneaksよりも新しい研究情報が得られるかもしません。

High resolution style transfer 

Super-Resolution With Reference Images

Automatic makeup transfer using semi-supervised learning

コロナ禍のクリエイティブ活動

2日間に渡ってロサンゼルス会場とオンラインで開催された Adobe MAX。ライブ配信の再視聴など、時差をあまり感じることなく楽しめたとても有益なイベントでした。グッズ販売もイベント期間中のみオンラインストアがオープンするなど工夫がありがたく感じました。

その一方、画面の中から伝わってくる現地会場の盛り上がりの様子などを見るに、早く気軽に海外渡航できる環境に戻って欲しいと思うとともに、家の中から Adobe MAX が楽しめるオンラインの良さも捨てがたいと考えてしまいます。コロナ禍の中で、一般の人々がカメラを持ち出す回数、スマホ以外で写真を撮ることが極端に減っているこのご時世で、さまざまな制限のある中、クリエイティブな活動をし続ける人々の手助けをしていくAdobeに、多くの参加者が賞賛を送った2日間でした。

本連載の今後の予定:「CGへの扉」では、単なるAIの話題とは少し異なり、CG/VFX, アートの文脈から話題を切り取り紹介していきます。映像制作の現場におけるAI活用や、AIで価値が高まった先進的なツール、これからの可能性を感じさせるような話題、テクノロジーの話題にご期待ください。何か取り上げて欲しいテーマやご希望などがございましたら、ぜひ編集部までお知らせください。

CGへの扉

Vol.43:AI絵師は3DCGの領域へ

Vol.42:現代の呪文promptが生み出すAIとの新しい関係性

Vol.41:AIが促進させるCG研究。SIGGRAPH2022論文より

Vol.40:知見の宝庫。MITの機械学習オンラインコース

Vol.39:言葉から生み出されるアートとは?

Vol.38:AIで作りAIで届ける映像作品

Vol.37:NVIDIA GTC 2022 レポート/アートとAIの視点で

Vol.36:創るためのAI〜AIと人間の創造性の未来:徳井直生氏講演レポート

Vol.35:マーベル・シネマティック・ユニバースを支える機械学習

Vol.34:注目論文よりCGの祭典 #SIGGRAPHAsia2021 を振り返る

Vol.33:AIの必然性 #SIGGRAPHAsia2021 レポート

Vol.32:Adobe Sneaks より進化の方向性を知る

≫≫すべてのバックナンバーはこちらから

Contributor:安藤幸央

RELATED ARTICLE関連記事

【JSAI2021】AIが自動生成したシナリオは人間にとって本当に面白いのか?

2021.6.24アート

【JSAI2021】AIが自動生成したシナリオは人間にとって本当に面白いのか?

CGへの扉 Vol.38:AIで作りAIで届ける映像作品

2022.5.16アート

CGへの扉 Vol.38:AIで作りAIで届ける映像作品

人工知能に作家性を宿らせる方法:栗原聡氏×山野辺一記氏インタビュー(前編)

2020.4.17アート

人工知能に作家性を宿らせる方法:栗原聡氏×山野辺一記氏インタビュー(前編)

RANKING注目の記事はこちら