モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CG機械学習ディープラーニングCGへの扉安藤幸央GAN月刊エンタメAIニュース河合律子ニューラルネットワークOpenAINVIDIA強化学習三宅陽一郎音楽FacebookQAスクウェア・エニックス森川幸人モリカトロンAIラボインタビュー敵対的生成ネットワークDeepMindルールベースキャラクターAIシナリオGPT-3自然言語処理NFTGoogleグーグル自動生成映画デバッグCEDEC2019吉本幸記StyleGANプロシージャル人工知能学会遺伝的アルゴリズムメタAI深層学習マイクロソフトアートビヘイビア・ツリーCEDEC2021大内孝子CEDEC2020ゲームAISIGGRAPH不完全情報ゲームゲームプレイAIVRナビゲーションAI畳み込みニューラルネットワークDALL-ECLIPロボットAIと倫理ディープフェイクGDC 2021VFXメタバースGDC 2019マルチエージェントボードゲームNPCCNNデジタルツインモリカトロンUnityAIアートファッションHTN階層型タスクネットワークDALL-E2JSAI2020TensorFlowMicrosoftイベントレポートテストプレイ水野勇太小説アニメーションガイスターStyleGAN2懐ゲーから辿るゲームAI技術史toioソニーJSAI2021スポーツ研究シムピープル汎用人工知能GDC Summerバーチャルヒューマンブロックチェーン倫理BERTAdobeアストロノーカNVIDIA Omniverseeスポーツ対話型エージェントAmazoneSportsBLUE PROTOCOLシーマンUbisoft画像生成テキスト画像生成AlphaZeroTransformerGPT-2カメラ環世界中島秀之鴫原盛之DARPAドローンシムシティAI美空ひばり手塚治虫Electronic ArtsメタデータLEFT 4 DEADインタビュー通しプレイOpenAI Five本間翔太CMピクサープラチナエッグイーサリアム作曲ビッグデータ中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoft AzureキャリアナラティブOmniverse ReplicatorレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimNVIDIA Isaac Simサイバーエージェント音声認識ロボティクスPyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオaibo合成音声Minecraft齊藤陽介マインクラフトお知らせチャットボットアバターサルでもわかる人工知能VAEOmniverseUbisoft La Forge自動運転車ワークショップGenvid Technologiesメタ知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDAどうぶつしょうぎEpic Gamesジェイ・コウガミ音楽ストリーミング徳井直生マシンラーニングクラウド対話エンジン斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルコンピューティショナル・フォトグラフィーゴブレット・ゴブラーズ絵画AIりんなシミュレーション完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索対談藤澤仁生物学GTC 2022画像認識GTC2022StyleCLIPDeNA長谷洋平masumi toyota宮路洋一OpenSeaGDC 2022教育TextWorldSIGGRAPH ASIAGTC2021CycleGANNetHackフェイクニュースエージェントAIボイスアクターNVIDIA CanvasImagenGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープMCS-AI動的連携モデルASBSマンガモーションキャプチャーぱいどんTEZUKA2020ナビゲーションメッシュ松井俊浩バンダイナムコ研究所スパーシャルAIELYZAELYZA DIGEST3D音声合成マーケティングApex LegendsELIZANinjaコンピュータRPGアップルタウン物語KELDICメロディ言語ゲームTENTUPLAYMARVEL Future FightAstroタイムラプスEgo4Dバスキア日経イノベーション・ラボ敵対的強化学習階層型強化学習GOSU Data LabWANNGOSU Voice Assistant竹内将SenpAI.GGMobalytics馬淵浩希Cygames岡島学AWS Sagemaker映像セリア・ホデント形態素解析UXAWS Lambda誤字検出認知科学ゲームデザインSentencePieceLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージ竹村也哉ちょまどボエダ・ゴティエGOAPAdobe MAX 2021模倣学習Omniverse AvatarFPSNVIDIA Rivaマルコフ決定過程NVIDIA MegatronNVIDIA Merlinスタンフォード大学NVIDIA Metropolisパラメータ設計テニスバランス調整協調フィルタリング人狼知能テキサス大学軍事AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotエージェントシミュレーションOpenAI CodexStarCraft IIHyperStyleFuture of Life InstituteRendering with StyleIntelDisneyLAIKADisneyリサーチRotomationGauGANGauGAN2ドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデル不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021Dota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチMitsuba2ソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所GTC2020CG衣装NVIDIA MAXINEVRファッション淡路滋ビデオ会議ArtflowグリムノーツEponymゴティエ・ボエダ音声クローニングGautier Boeda階層的クラスタリングGopherJuliusSIE鑑定TPRGOxia Palusバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt Recognitionクーガー田中章愛Meta石井敦銭起揚NHC 2021茂谷保伯池田利夫GDMC新刊案内マーベル・シネマティック・ユニバース成沢理恵MITメディアラボMCU著作権アベンジャーズマジック・リープDigital DomainMagic Leap OneMagendaMasquerade2.0ノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャーサッカーモリカトロン開発者インタビュー里井大輝Kaggle宮本茂則バスケットボール山田暉Assassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMモリカトロンAIソリューション初音ミクOculusコード生成AI転移学習テストAlphaCodeBaldur's Gate 3CodeforcesCandy Crush Saga自己増強型AISIGGRAPH ASIA 2020COLMAPADOPデバッギングBigGANGANverse3DMaterialGANリップシンキングRNNグランツーリスモSPORTReBeLグランツーリスモ・ソフィーGTソフィーVolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップRival PrakDGX A100VTuberユービーアイソフトWebcam VTuber星新一賞北尾まどかHALO市場分析将棋メタルギアソリッドVフォートナイトFSMRobloxナップサック問題Live Nation汎用言語モデルWeb3.0AIOpsSpotifyMITスマートコントラクトReplica StudioAWSamuseChitrakarQosmo巡回セールスマン問題ジョルダン曲線メディア5GMuZero政治クラウドゲーミングRival Peakがんばれ森川君2号和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEsNightCafeインタラクティブ・ストリーミングLuis Ruizインタラクティブ・メディアポケモンCodexシーマン人工知能研究所東京工業大学Ludo博報堂ラップSIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代AIラッパーシステムARrinnaGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~FAIRSTCチート検出Style Transfer ConversationオンラインカジノRCPアップルRealFlowRinna Character PlatformiPhoneデジタルヒューマンDeep FluidsSoul MachinesMeInGameAmeliaAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースバーチャルキャラクターBCIGateboxLearning from VideoANIMAK予期知能逢妻ヒカリセコムユクスキュルバーチャル警備システムカント損保ジャパン哲学上原利之ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者Siemensアルスエレクトロニカ2019品質保証StyleRigAutodesk逆転オセロニアBentley Systemsワールドシミュレーター奥村エルネスト純いただきストリートH100齋藤精一大森田不可止COBOL高橋智隆DGX H100ロボユニザナックDGX SuperPOD泉幸典仁井谷正充クラウドコンピューティングロボコレ2019Instant NeRFartonomousbitGANsぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward Architectureコミュニティ管理ウロチョロスSuper PhoenixSNS理化学研究所Project Malmoオンラインゲーム気候変動Project PaidiaEarth-2Project Lookoutマックス・プランク気象研究所Watch Forビョルン・スティーブンスBing気象モデルLEFT ALIVE気象シミュレーション長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題Baby Xカート・コバーンエコロジーロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsMagentaYouTubeダフト・パンクメモリスタSFGlenn MarshallELYZA PencilThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換レコメンデーションJukebox松尾豊Veap JapanEAPテンセントSIFT福井千春DCGAN医療MOBADANNCEメンタルケア人事ハーバード大学Edgar Handy研修デューク大学Netflixデータマイニングmynet.aiローグライクゲーム東京大学東京理科大学人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所はこだて未来大学リザバーコンピューティングプレイ動画ヒップホップキャラクターモーションソニーマーケティングサイレント映画もじぱNBA環境音暗号通貨現代アートFUZZLEAlteration粒子群最適化法RPG進化差分法オープンワールド群知能下川大樹AIFAウィル・ライト高津芳希P2E大石真史SIGGRAPH 2022BEiTStyleGAN-NADAレベルデザインDETRゲームエンジンSporeUnreal Engineデノイズ南カリフォルニア大学Unity for Industry画像処理SentropyGLIDECPUDiscordAvatarCLIPSynthetic DataCALMバイアスプログラミングサム・アルトマンソースコード生成LaMDAGMAIシチズンデベロッパーSonanticTRPGGitHubCohereウィザードリィMCN-AI連携モデルマジック:ザ・ギャザリングAI DungeonUrzas.ai介護西川善司並木幸介Kikiサムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsTopaz Video Enhance AICozmo栗原聡DLSSタカラトミー山野辺一記NetEaseLOVOT大里飛鳥DynamixyzMOFLINRomiU-Netミクシィ13フェイズ構造アドベンチャーゲームユニロボットADVユニボXLandGatoAGIテキスト生成手塚眞DEATH STRANDINGマルチモーダル不気味の谷Eric Johnson汎用強化学習AIOculus Questコジマプロダクション生体情報デシマエンジンインディーゲーム写真高橋ミレイ照明Maxim PeterJoshua Romoffハイパースケープ山崎陽斗深層強化学習立木創太ミライ小町テスラGameGANパックマンTesla BotTesla AI Dayソサエティ5.0SIGGRAPH 2020バズグラフニュースタンテキ東芝DIB-R倉田宜典韻律射影広告韻律転移

CGへの扉 Vol.38:AIで作りAIで届ける映像作品

2022.5.16アート

CGへの扉 Vol.38:AIで作りAIで届ける映像作品

ホラー映画を40万時間観たAIが考えたホラー映画とは

DVDレンタル事業から始まった映像配信企業 Netflix はマーケティングやレコメンデーションにAIやデータ解析を最大限生かしたサービスを提供している企業として知られています。その活用は凄まじく、例えばシリーズ作の1回目、2回目の映像の視聴継続率、視聴離脱率などから、その後に制作されるストーリーの変化や登場人物の出現時間までが視聴者にウケが良いように柔軟に変えられていくそうです。Netflix オリジナルの人気作品「ハウス・オブ・カード」は監督、出演者など、完全にNetflix視聴者の好みを集めて作られた、人気必須の作品だと言われています。

また、Netflixの視聴作品をお勧めするレコメンデーションに関する考え方は独特で、性別や年齢などを指標として見ていません。よく映像視聴サービスに登録する際、性別や年齢(生年月日)などの入力が求められる場合が多いでしょう。ところが Netflix の考えは異なります。例えば、ホラー映画好きの視聴者がいたとすると、その人は年齢や性別に関係なくホラー映画が好きであると予想されます。また、ホラー映画に興味が無い人からすると「ホラー映画」とすべて同じカテゴリにくくられがちですが、生粋のホラー映画好きであれば、ゾンビ映画が好きかもしれませんし、心理的ホラーが好きなのかもしれません。単に恋愛映画といっても、失恋もの、不倫もの、叶わぬ恋、危険な恋など、さまざまなタイプがあることを思い浮かべてみてください。

現状、ある映像作品がどういった要素を持っているかという分類は “tagger” と呼ばれる職種の人が実際に Netflix 作品を見て、8万種類ほどのタグ付け分類の作業に協力していると言われています。現在は人手で行われている作業ですが、映像とタグという対になるデータが大量に揃えば、その後の作業が機械学習の得意分野であることは明白です。現状はまだ精度やコスト面でAIに置き換えるまでには至っていないように思えますが、それも近い将来、手作業による分類とAIによる分類の役割は逆転していくことでしょう。

Netflix の過去の決算報告書によると、視聴者の75%〜80%がレコメンデーションをきっかけに映像作品を観ていることがわかっています。そういったレコメンデーションをさらに推し進めるため、最近では作品を選ぶ際の一覧画像も、視聴者の好みによって、出し分けられていることに気づいた人はいるでしょうか?

例えば同じ映画でも恋愛映画として楽しむ視聴者や、アクション映画として楽しむ視聴者、大御所俳優の演技を好む人や、SFメカが好きな人など、さまざまな好みがあります。それらの好みに合わせて、作品選択時のサムネイル画像も恋愛映画っぽいもの、アクション映画っぽいもの、俳優の表情を大きくとらえた画像など、視聴者に選んでもらいやすいよう、パーソナライズが進んでいるのです。

そういったさまざまな場面で AIに多大な投資をし、当然のごとく活用している Netflix が「実験的に AI でホラー映画を作ってみるという試みを行いました」という冗談をNetflixのコメディアカウント “Netflix Is A Joke” で展開しました。この映像作品は、現代のAIが作っている風に、ちぐはぐで意味不明な内容にしつつ、まだまだ発展途上のAIを笑い飛ばすといった目的のものです。

この作品は”I Forced a Bot to Write This Book(抄訳:ボットに無理やり書かせた本)” を出版した執筆家でありコメディアンでもあるKeaton Patti氏と協力して制作されました。40万時間分のホラー映画をAIに解析させ、そこからオリジナルストーリーを生み出したという謳い文句です。ある程度は機械学習などをさせて解析させているかもしれませんが、最終的には「笑える」映像を人間が選択して編集したものと解釈して間違いないでしょう。

まあ、オリジナルストーリーといっても、既存のホラー映画を切り貼りしたような、どこかで見たことのあるような展開ばかりです。子どものころに高熱を出した時にうなされながら見た悪夢のような独特の雰囲気をもった映像になっています。

けれども実際、映画館で上映されるような大作ホラー映画も、まったくの独自性を持った今まで見たことがなかったような作品というのは稀で、たいていは定番のストーリー展開、王道のストーリー展開、定番の映像カット、シーン構成、恐怖感があおられる音楽によって作られていることがほとんどです。実際にこの 4分半のジョーク作品には見覚えのある名作ホラー作品っぽいシーンが何度か登場します。

Netflix のジョークアカウント Netflix Is A Joke からの投稿


同様のアプローチで大量のコメディ映像を学習して制作された映像もありますが、お世辞にも面白いと言うのは難しいところです。ところが、これがあと数年もすれば文字通り簡単には笑い飛ばせないくらい笑える映像になるかもしれません。

The First Stand-Up Comedy Special Written Entirely By Bots コメディー版

The First Romantic Comedy Written Entirely By Bots 恋愛ドラマ編

The First Documentary Made Entirely By Bots ドキュメンタリー編

コンテンツ制作の支援ツールとしてのAIの台頭

2022年3月、オースティンで開催された映像と音楽、最新技術の展示会 SXSW 2022では、Wonder Dynamics 社より 2022年後半にリリース予定の Wonder AI Suite の発表がありました。また同時期に約12億円という巨額の投資受け入れの発表がありました。

Wonder Dynamics:https://www.wonderdynamics.com/

詳細はまだわかりませんが、Wonder Dynamics社は大作映画を作れるようなプラットフォームを構築中で、単なるVFXツールではないこと、映像制作のプロでなくとも、高品質の映像が作れることなどがあきらかになってきています。また Wallace Interactive というツールで映像の登場人物とチャットで会話できる仕組みなど、映像制作に限らない展開が期待されています。

Wonder Dynamics CEO のNikola Todorovic 氏が登録している特許情報から新サービスが予想できるかもしれません。ステルス(隠れて)研究開発が進んでいるAI技術をいち早く知るには、特許情報の活用も有益です。

・映像コンテンツ切り替え・同期システムおよび複数の映像フォーマット間の切り替え方法:Video content switching and synchronization system and method for switching between multiple video formats(米国特許 US20200413152A1)

文章だけであれば、さまざまなストーリー生成ツールが英語、日本語にかかわらず登場してきています。まったくゼロからベストセラーになるような面白い小説をAIが書けるか?と言われると、まだまだという印象ですが、人工知能OKの小説コンテストへの応募作品の数%がAI活用の作品であったり、徐々に補助ツールとして浸透しつつある気配が感じられます。

例えばすべてAIが文章を作成するのは無理にしても、人が書いた文章に手を入れて面白くしたり、誤字脱字の間違いや曖昧さを排除したり、冗長な文を簡潔にまとめたりといった文章執筆を補助する役目としては十分実用域に達してきています。

例えば DeepStoryというツールは、人間の脚本執筆を手助けする用途としてAIが最大限支援してくれるものです。そういった人間の創造性と、AIの膨大なデータ解析能力、機械学習能力を組み合わせたハイブリッドな創作支援はこれから様々な分野で広がっていくことが予想されます。DeepStoryのほかにもSaasbookなど商業ベースで展開を始めた執筆補助ツールも登場してきています。

しばらく前になりますが、2016年に話題になった3分の映像作品は、監督であるChris R. Wilsonが、Cleverbot というツールに登場人物の名前やセリフ、作品のタイトルを考えてもらったとのこと。言われないと、AIが関わっていることに気づかないかもしれない映像です。

映画一本をAIで自動生成するのは難しくとも予告編だけならなんとかなるかもしれません。IBMが20世紀フォックスと協力して制作されたAIによる映画の予告編は、予告編っぽいけれどもなんだか違和感のある映像でした。

Morgan | IBM Creates First Movie Trailer by AI [HD] | 20th Century FOX from Raymond on Vimeo.

映像としてのストーリー性をそれほど求めない用途として、ミュージックビデオの映像作りにAIを活用する事例は、インディーズ系のミュージシャンを中心に映像を見かけるようになってきました。

ここまでのさまざまなAIの進化を俯瞰してとらえるとOpenAI の DALL-E2のような言葉から画像を生み出す仕組みも驚くべきクオリティの出力が得られる程度には進化してきています。今後、大規模映像配信サービスの視聴者が面白いと考えるプロットに合ったストーリーをAIが自動生成し、その脚本を、バーチャル空間のバーチャル俳優が演じるといったことも可能性としては十分考えられることです。さらに映像シーンの起伏に合わせて、フルオーケストラの楽曲をAIが提供するといったことも可能になってきました。ただしこうやってAIで作られた映像作品が不滅の名作と呼ばれるようになるかどうかは、まだまだ未知数です。

本連載の今後の予定:「CGへの扉」では、単なるAIの話題とは少し異なり、CG/VFX, アートの文脈から話題を切り取り紹介していきます。映像制作の現場におけるAI活用や、AIで価値が高まった先進的なツール、これからの可能性を感じさせるような話題、テクノロジーの話題にご期待ください。何か取り上げて欲しいテーマやご希望などがございましたら、ぜひ編集部までお知らせください。

CGへの扉

Vol.37:NVIDIA GTC 2022 レポート/アートとAIの視点で

Vol.36:創るためのAI〜AIと人間の創造性の未来:徳井直生氏講演レポート

Vol.35:マーベル・シネマティック・ユニバースを支える機械学習

Vol.34:注目論文よりCGの祭典 #SIGGRAPHAsia2021 を振り返る

Vol.33:AIの必然性 #SIGGRAPHAsia2021 レポート

Vol.32:Adobe Sneaks より進化の方向性を知る

Vol.31:人工知能が考える「顔」と、人が考える「顔」

Vol.30:SIGGRAPH2021レポート「ディープフェイクとの戦い」

Vol.29:AIの恩恵を受けるCG研究の世界。#SIGGRAPH2021 論文より

Vol.28:定番手法の他分野応用、自然言語処理AI由来の画像処理AI

Vol.27:眼に追いつけ追い越せ? カメラは機械学習により進化

Vol.26:アートを加速させるAIの役割 #GTC2021 レポート

≫≫すべてのバックナンバーはこちらから

Contributor:安藤幸央

RELATED ARTICLE関連記事

CGへの扉 Vol.16:バーチャル開催SIGGRAPH論文を先取り

2020.7.20アート

CGへの扉 Vol.16:バーチャル開催SIGGRAPH論文を先取り

CGへの扉 Vol.9:現実の課題を解決するCGとAIの相互作用 #SIGGRAPHAsia2019

2019.12.17アート

CGへの扉 Vol.9:現実の課題を解決するCGとAIの相互作用 #SIGGRA...

CGへの扉 Vol.20:Adobeと人工知能の将来を見極める #AdobeMAX2020

2020.11.13アート

CGへの扉 Vol.20:Adobeと人工知能の将来を見極める #AdobeMA...

RANKING注目の記事はこちら