モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CGCGへの扉機械学習安藤幸央ディープラーニングGAN月刊エンタメAIニュース河合律子OpenAIニューラルネットワーク音楽NVIDIA強化学習三宅陽一郎吉本幸記FacebookQA人工知能学会GPT-3自然言語処理大内孝子敵対的生成ネットワークGoogleDeepMindキャラクターAIスクウェア・エニックス森川幸人モリカトロンAIラボインタビュールールベースシナリオAIと倫理グーグルデバッグDALL-E2StyleGAN映画倫理ゲームプレイAIマイクロソフトNFTアート自動生成SIGGRAPHメタAIロボット深層学習CEDEC2019プロシージャル遺伝的アルゴリズムDALL-Eテキスト画像生成ビヘイビア・ツリーディープフェイクCEDEC2021CEDEC2020ゲームAIデジタルツインメタバーステストプレイモリカトロン不完全情報ゲームVRナビゲーションAINPC畳み込みニューラルネットワークCLIPGDC 2021JSAI2022VFXGDC 2019マルチエージェントCEDEC2022AIアートボードゲーム画像生成ファッション懐ゲーから辿るゲームAI技術史toioCNNAdobeStable DiffusionUnity著作権小説鴫原盛之HTN階層型タスクネットワーク汎用人工知能JSAI2020TensorFlowインタビューBERTMicrosoftイベントレポート対話型エージェントロボティクス水野勇太アニメーションGenvid Technologiesガイスター画像生成AIStyleGAN2GTC2022教育ソニーJSAI2021スポーツ研究シムピープルマンガマーケティングGDC SummerバーチャルヒューマンブロックチェーンMidjourneyアストロノーカキャリアNVIDIA OmniverseeスポーツAmazoneSportsDQNBLUE PROTOCOLシーマンMinecraftアバターOmniverseUbisoftメタAlphaZeroTransformerGPT-2AIりんなカメラ環世界中島秀之哲学理化学研究所SIGGRAPH ASIADARPAドローンシムシティImagenバイアスMCS-AI動的連携モデルモーションキャプチャーTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫バンダイナムコ研究所スパーシャルAIElectronic ArtsメタデータLEFT 4 DEAD通しプレイOpenAI Five本間翔太CMピクサープラチナエッグイーサリアム作曲ボエダ・ゴティエビッグデータ中嶋謙互Amadeus Codeデータ分析Microsoft AzureMILE模倣学習ナラティブアーケードゲームOmniverse ReplicatorWCCFレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimWORLD CLUB Champion FootballNVIDIA Isaac Simセガ柏田知大軍事サイバーエージェント田邊雅彦トレーディングカードトレカ音声認識メディアアートPyTorch眞鍋和子バンダイナムコスタジオaibo合成音声Meta齊藤陽介マインクラフトお知らせMagic Leap Oneチャットボットサルでもわかる人工知能VAE3DCGリップシンキングUbisoft La Forge自動運転車ワークショップ知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDA秋期GTC2022どうぶつしょうぎEpic Gamesジェイ・コウガミ音楽ストリーミングMITAIロボ「迷キュー」に挑戦野々下裕子徳井直生マシンラーニング5GMuZeroRival Peakクラウド対話エンジン斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルCodexコンピューティショナル・フォトグラフィーゴブレット・ゴブラーズ絵画rinnaシミュレーションデジタルヒューマン完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索対談ベリサーブ藤澤仁生物学Playable!GTC 2022画像認識SiemensStyleCLIPDeNA長谷洋平masumi toyota宮路洋一OpenSeaGDC 2022TextWorldEarth-2MagentaSFELYZA PencilGTC2021CycleGANデータマイニングNetHackはこだて未来大学キャラクターモーションフェイクニュースエージェントRPGSIGGRAPH 2022AIボイスアクターNVIDIA CanvasGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBS栗原聡ぱいどんテキスト生成不気味の谷ナビゲーションメッシュ松井俊浩ELYZAフルコトELYZA DIGEST3D音声合成西成活裕Apex LegendsELIZA群衆マネジメントNinjaコンピュータRPGライブビジネスアップルタウン物語新型コロナKELDIC周済涛メロディ言語清田陽司ゲームTENTUPLAYサイバネティックスMARVEL Future FightAstro人工知能史タイムラプスEgo4DAI哲学マップバスキア星新一日経イノベーション・ラボStyleGAN-XL敵対的強化学習StyleGAN3階層型強化学習GOSU Data LabGANimatorWANNGOSU Voice AssistantVoLux-GAN竹内将SenpAI.GGProjected GANMobalyticsSelf-Distilled StyleGAN馬淵浩希Cygamesニューラルレンダリング岡島学AWS SagemakerPLATO映像セリア・ホデント形態素解析frame.ioUXAWS LambdaFoodly誤字検出森山和道認知科学中川友紀子ゲームデザインSentencePieceアールティLUMINOUS ENGINELuminous ProductionsBlenderBot 3パターン・ランゲージ竹村也哉Meta AIちょまどマーク・ザッカーバーグGOAPWACULAdobe MAX 2021自動翻訳AIライティングOmniverse AvatarAIのべりすとFPSNVIDIA RivaQuillBotマルコフ決定過程NVIDIA MegatronCopysmithNVIDIA MerlinJasperスタンフォード大学NVIDIA Metropolisパラメータ設計テニスバランス調整協調フィルタリング人狼知能テキサス大学AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotエージェントシミュレーションOpenAI CodexStarCraft IIHyperStyleMax CooperFuture of Life InstituteRendering with StyleIntelDisney類家利直LAIKADisneyリサーチヴィトゲンシュタインRotomationGauGAN論理哲学論考GauGAN2京都芸術大学ドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデル不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021PromptBaseDota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチMitsuba2バンダイナムコネクサスソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所ユーザーレビューGTC2020CG衣装mimicNVIDIA MAXINEVRファッションBaidu淡路滋ビデオ会議ArtflowERNIE-ViLGグリムノーツEponym古文書ゴティエ・ボエダ音声クローニング凸版印刷Gautier Boeda階層的クラスタリングGopherAI-OCR画像判定JuliusSIE鑑定ラベル付けTPRGOxia Palus大澤博隆バーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt RecognitionSFプロトタイピングクーガー田中章愛実況パワフルサッカー石井敦銭起揚NHC 2021桃太郎電鉄茂谷保伯池田利夫桃鉄GDMC新刊案内パワサカマーベル・シネマティック・ユニバースコナミデジタルエンタテインメント成沢理恵MITメディアラボMCU岩倉宏介アベンジャーズPPOマジック・リープDigital DomainMachine Learning Project CanvasMagendaMasquerade2.0国立情報学研究所ノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャー石川冬樹サッカーモリカトロン開発者インタビュースパコン里井大輝Kaggle宮本茂則スーパーコンピュータバスケットボール山田暉松岡 聡Assassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターTSUBAME 1.0Sea of ThievesTSUBAME 2.0GEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMABCIモリカトロンAIソリューション富岳初音ミクOculusコード生成AISociety 5.0転移学習テストAlphaCode夏の電脳甲子園Baldur's Gate 3Codeforces座談会Candy Crush Saga自己増強型AItext-to-imageSIGGRAPH ASIA 2020COLMAPtext-to-3DADOPNVIDIA GET3DデバッギングBigGANGANverse3DDreamFusionMaterialGANRNNグランツーリスモSPORTAI絵師ReBeLグランツーリスモ・ソフィーUGCGTソフィーPGCVolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップStability AINovelAIRival PrakDGX A100NovelAI DiffusionVTuberユービーアイソフトWebcam VTuberモーションデータ星新一賞北尾まどかHALO市場分析ポーズ推定将棋メタルギアソリッドVフォートナイトメッシュ生成FSMメルセデス・ベンツRobloxMagic Leapナップサック問題Live NationEpyllion汎用言語モデルWeb3.0マシュー・ボールAIOpsムーアの法則SpotifyスマートコントラクトReplica StudioAWSamuseChitrakarQosmoAdobe MAX 2022巡回セールスマン問題Adobe MAXジョルダン曲線メディアAdobe Research政治Galacticaクラウドゲーミングがんばれ森川君2号pixiv和田洋一リアリティ番組映像解析Stadiaジョンソン裕子セキュリティMILEsNightCafe東芝デジタルソリューションズインタラクティブ・ストリーミングLuis RuizSATLYS 映像解析AIインタラクティブ・メディアポケモン3DスキャンPFN 3D Scanシーマン人工知能研究所東京工業大学Ludo博報堂Preferred NetworksラップPFN 4D ScanSIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代DreamUpAIラッパーシステムDeviantArtARWaifu DiffusionGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~元素法典FAIRSTCNovel AIチート検出Style Transfer ConversationOpen AIオンラインカジノRCPMicrosoft DesignerアップルRealFlowRinna Character PlatformイラストiPhoneCALADeep FluidsSoul Machines柿沼太一MeInGameAmeliaELSIAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースバーチャルキャラクター大規模言語モデルBCIGateboxアフォーダンスLearning from VideoANIMAKPaLM-SayCan予期知能逢妻ヒカリPaLMセコムGitHub Copilotユクスキュルバーチャル警備システムCode as Policiesカント損保ジャパンCaP上原利之ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドコリジョンチェックPAIROCTOPATH TRAVELERChatGPT西木康智GPT-3.5OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者山口情報芸術センター[YCAM]アルスエレクトロニカ2019品質保証YCAMStyleRigAutodeskアンラーニング・ランゲージ逆転オセロニアBentley Systemsカイル・マクドナルドワールドシミュレーターローレン・リー・マッカーシー奥村エルネスト純いただきストリートH100鎖国[Walled Garden]​​プロジェクト齋藤精一大森田不可止COBOLSIGGRAPH ASIA 2022高橋智隆DGX H100VToonifyロボユニザナックDGX SuperPODControlVAE泉幸典仁井谷正充クラウドコンピューティング変分オートエンコーダーロボコレ2019Instant NeRFフォトグラメトリartonomous回帰型ニューラルネットワークbitGANsDeepJoinぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine LearningAzure OpenAI Service意思決定モデル脱出ゲームDeepLHybrid Reward Architectureコミュニティ管理DeepL WriteウロチョロスSuper PhoenixSNSProject Malmoオンラインゲーム気候変動Project PaidiaProject Lookoutマックス・プランク気象研究所Watch Forビョルン・スティーブンスBing気象モデルLEFT ALIVE気象シミュレーション長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題Baby Xカート・コバーンエコロジーロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsYouTubeダフト・パンクメモリスタGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換レコメンデーションJukebox松尾豊Veap JapanEAPテンセントSIFT福井千春DCGAN医療MOBADANNCEメンタルケア人事ハーバード大学Edgar Handy研修デューク大学Netflixmynet.aiローグライクゲーム東京大学東京理科大学人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所リザバーコンピューティングプレイ動画ヒップホップソニーマーケティングサイレント映画もじぱNBA環境音暗号通貨現代アートFUZZLEAlteration粒子群最適化法進化差分法オープンワールド群知能下川大樹AIFAウィル・ライト高津芳希P2E大石真史BEiTStyleGAN-NADAレベルデザインDETRゲームエンジンSporeUnreal Engineデノイズ南カリフォルニア大学Unity for Industry画像処理SentropyGLIDECPUDiscordAvatarCLIPSynthetic DataCALMプログラミングサム・アルトマンソースコード生成LaMDAGMAIシチズンデベロッパーSonanticTRPGGitHubCohereウィザードリィMCN-AI連携モデルマジック:ザ・ギャザリングAI DungeonUrzas.ai介護西川善司並木幸介Kikiサムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsTopaz Video Enhance AICozmoDLSSタカラトミー山野辺一記NetEaseLOVOT大里飛鳥DynamixyzMOFLINRomiU-Netミクシィ13フェイズ構造アドベンチャーゲームユニロボットADVユニボXLandGatoAGI手塚眞DEATH STRANDINGマルチモーダルEric Johnson汎用強化学習AIデザインOculus Questコジマプロダクションロンドン芸術大学生体情報デシマエンジンGoogle BrainインディーゲームSound Control写真高橋ミレイSYNTH SUPER照明Maxim PeterKarl SimsJoshua RomoffArtnomeハイパースケープICONATE山崎陽斗深層強化学習立木創太松原仁浜中雅俊ミライ小町武田英明テスラ福井健策GameGANパックマンTesla BotNEDOTesla AI DayWikipediaソサエティ5.0SphereSIGGRAPH 2020バズグラフXaver 1000ニュースタンテキ養蜂東芝BeewiseDIB-R倉田宜典フィンテック投資韻律射影MILIZE広告韻律転移三菱UFJ信託銀行

『Playable!』スタッフ鼎談:より簡単に、楽しく開発ができるソリューションを目指して

2022.12.20モリカトロン

『Playable!』スタッフ鼎談:より簡単に、楽しく開発ができるソリューションを目指して

先日公開した「AIの力でゲーム開発を強力にサポート、自動プレイテストAI 『Playable!』のサービス内容と未来像に迫る」でご紹介した内容を踏まえ、本稿では自動プレイテストAI 『Playable!』の運営・開発を担当する、ベリサーブの松木晋祐ゼネラルマネージャー、モリカトロンの松原卓二CTO、同じくリードエンジニアの岡島学氏に、本サービスの未来像などについて伺いました。

——ここからは『Playable!』を開発された皆さんで、技術的なビジョンや、あるいは今の段階では期待されているけれども、まだまだ実現できていないことなどついて、色々とディスカッションができればと思います。

松木晋祐(以下、松木):まず、近い将来に我々が実現できそうなものとしては、ネットワーク対戦型ゲームの自動テストですね。最近のゲームは、ネットワークにつながらないものはほぼありませんし、オンラインマルチプレイで遊べるゲームが多いですよね。その度合いはゲームによって変わりますが、ここのニーズがものすごくあります。多分、こうやればできるだろうという見込みは立っていますので、これからは通信対戦のテストにも力を入れていきたいですね。

もうひとつ、我々がやりたくて、なおかつニーズがすごく多いのに、なかなか実現できていないのが、AIにゲーム画面だけを見せた上で完全に自動でプレイさせることですね。現状では画面上の情報のみからゲームの目的をAIに理解させ、トライアンドエラーをさせると簡単にフレーム問題が起きてしまうんです。例えば、ロボットを洞窟に放り込んで時限爆弾を避けた上で必要なバッテリーを回収して脱出するミッションを与えても、ロボットはその洞窟内で生じる無関係な出来事を無視して必要なことだけを実行することができずにミッションに失敗してしまう。

なので、ここはゲームの自動テストに関わる我々のような人間にとっては、大きな夢のひとつなんです。画面だけを見て、ゲームの目的をちゃんと理解させて自動でプレイさせるのはものすごく難しいので、まさに夢と呼ぶにふさわしいですね。

ゲームのテストやQAに関する各国の論文を、我々のほうでも定期的に調べているのですが、まだ完全に実現できたと書かれているものはなくて、要素技術らしきものがちょこちょこと出ているような状況なので、いつの日か実現したいなとは思っています。

それから、ゲームの面白さとなる「楽しさ」「気持ちよさ」「続けたくなりやすさ」など、いわゆる官能評価と呼ばれるものは、いまだにフォーマルなアプローチはないはずです。やってみた結果そうなった、またはプレイテストのユーザーさんからCBTの結果を受け取った結果得られた、極めて感覚的なものだと思います。

このような感覚は、今後もテストで設定し切れないはずです。これからも「こういうテストをパスすれば、このゲームは官能評価的には優れたものである」という理論は、ずっと成立しないままだと思いますね。演繹的に導けない評価ということであれば、帰納的にアプローチしたほうが筋はいいんですよ。なので、官能評価みたいなところは多分、AIのほうが向いているはずです。

何でもAIにすればいいのかと言えば、もちろんそうではないのですが、ゆくゆくはゲームを作るクリエイターさんたちの助けになるようなものが実現できたら、すごく面白いだろうなと思っております。

松原卓二(以下、松原):我々がGame-Python Bridgeを使って作った理由は、やはりゲームに直接アダプトしないと情報の取得が難しい部分があったので、そこを人間が手助けしているからなんですね。「ゲームから、こういう情報をもらいましょう」「ゲームには、こういう情報を与えましょう」といったやり取りをブリッジしているのが、まさにGame-Python Bridgeですね。

例えばゲーム画面だけを見てパッドシミュレーターで操縦するような、要は人間の代わりに自動でプレイする完全な仕組みがもしできたら、本当に面白いだろうなと思います。QAのプロ、つまり人間からも「それをくれないか? 作ってほしい」って言われますので、我々としてももちろん作ってみたいと考えております。そのために、徐々にではありますが色々な研究を始めておりますので、いつの日かそこに少しでも近付けたらいいなと思っています。

人間のすごいところは、初めて遊ぶゲームであっても、見た目でおかしいところがすぐにわかることですよね。見た目で「あれっ、これ何だかおかしいぞ?」って思うようなものは、AIのモデルでも判定が可能になる未来がおそらくあるように思います。これからは、そのための方法論も考えて研究を続けていきたいですね。確か、岡島さんのほうにも、見た目で判断するようなものの相談が来ていましたよね?

岡島学(以下、岡島):はい。つい最近、そのようなご相談がありました。このような案件は、どちらかと言えばアーティスト、デザイナーの方々からのご要望が多いのですが、ゲームの見た目がちょっとおかしい、例えばキャラクターのテクスチャーの絵が貼り付けられていなくて「何だか、のっぺりした変なものがいる」みたいなことがゲーム開発では起きやすいんです。じゃあ、それをどうやってチェックするのかと言えば、その方法は現状、人間が目で見て確認するしかありません。

見た目でおかしいと思う所をうまく発見できるようになれば、安心して開発ができるようになりますし、もし途中で多少ミスがあったとしてもAIが見付けてくれるようになれば、アーティストさんも過度にミスを恐れずに楽しく作れるようになると思いますので、見た目の異常の検知が実現できればと考えております。もっとも、見た目で何が良いのか、それとも悪いのかがわからないとOK、NGの判断ができませんので、こういった判断ができるものを着手しつつ、いずれはこういったことが実現できたらいいなあと思います。

——先ほど、松木さんからネットワーク対戦型ゲームの自動テストのお話がありましたが、『フォートナイト』や『PUBG』のように大人数で対戦するゲームをチェックするAIを作る場合は、やはり開発の難易度も上がってしまうのでしょうか?

松木:仰るとおりですね。おそらくMOとMMOとでは全然話が違ってきまして、例えば『スプラトゥーン』や『モンスターハンター』、あるいはFPS のように数人、十数人程度で遊べるゲームの通信やマルチプレイのテストとMMOのテストとでは、次元がまったく違う話になると思います。数人の通信対戦ゲームであれば「誰かがこういう動きをしたときは、こうなるよね」といった条件ベースでのテストができると思いますが、数千~数万人がプレイできるMMOの場合は、個々の動きを見るのはとても無理なので、おそらく環境のテストみたいな形になるかなあと。これはこれで、すごく面白いなとは思いますけどね。

岡島:オンライン対戦ゲームで、テストが難しいと言われていることがひとつありまして、それは何かと言いますと、まず人を集めるのが大変なんです。例えば64人で対戦できる『バトルフィールド』のようなゲームを、64人のプレイヤーを集めなくても、プレイヤーが1人だけで残りの63人をAIで対戦できれば気軽にチェックが行えるようになりますよね。

もちろん、ただ単純にAIがいるだけはなくて、普通に対戦プレイが楽しめる状態でなくてはいけません。今はオンラインゲームでの需要がとても多いのですが、テストが難しい状況が続いておりますので、AIの力を利用すればゲーム開発をかなりサポートできるのではないかと考えています。

それから、回線の問題もありますよね。いろいろな回線に対応して、自動でテストできるようなものができれば「ネットワーク周りを変えたから、ちょっとテストしてみるか」といったときのチェックも簡単になりますので、これも実現できたらとても明るい未来が待っているように思います。

——インドなどの南アジア地域では『PUBG』のような大人数のバトルロイヤルゲームが大人気ですが、将来的にこちらの市場に進出しようとなった場合は、これらのゲームに対応した自動プレイテストAIがあれば、かなりビジネスが広がるように思います。

松木:はい。アジアであれば中国、インド辺りは、すごく大きな市場になると思っていますので、これらの地域でヒットしているMOBAのようなジャンルのゲームについては、どういったメカニクスのゲームが多いのかを研究しながら市場を開拓してきたいと強く思っています。

——ただ市場を広げるためには、地域によって通信回線のインフラにバラつきがあるため日本と同じようにはできない問題もありますよね。

松木:そうですね。地域にもよると思いますが、大陸のほうでは日本や韓国などと同じようにはいかないと思いますし、ここをシミュレーションするだけでも面白いですよね。

——今後のビジネス展開についてお尋ねします。『Playable!』を、これからどのように普及させていきたいと皆さんはお考えですか?

松木:どのぐらいのお値段で、どんな形態で提供すれば、パブリッシャーやデベロッパーの皆さんが使いやすいのか、一番良い価格帯などをまさに思案しているところです。我々の方針としては、高いものだと理解した上で買っていただくよりは、まずはとにかく試していただけるものにしたいと考えております。

私たち自身も「これで決定版です」と言いうつもりはあまりなくて、今のところ使えるものは3つですが、今後ももっとたくさん作っていきたいですし、使っていただいた皆さんからのフィードバックを受けたうで、より良いものにしていきます。今後もどんどん進化していくことを前提にしたソリューションですので、なるべくお求めやすい価格にするつもりです。

基本的には、半年とか1年とかの契約を前提とさせていただく形で考えております。今までのように、発売前の3か月だけ使うみたいなやり方ではなくて、ゲームを作っている最中からずっとご利用いただけるような、開発者の皆さんといっしょに長期間走り続けられるものにしていきたいですね。

岡島:私の個人的な思いとしても、ゲームの開発の長期間のスパンで導入していただいて、より開発がしやすくなるように支援ができたらいいのになと思っています。

我々のソリューションはまだ出来上がったばかりですし、どこのゲーム開発会社さんでもどんな思想でゲームを開発しても、うまく当てはまるものにしていきたいと思います。まずは、なるべく多くのお客様に使っていただいて、ご要望をいただきながらどんどん開発がしやすいものにしていきたいですね。

私も一時期ゲーム開発のサポートに携わっていたのですが、そのときは正直「面倒だなあ……」と思ったこともありました。できる限り楽しく、時間に追われることなくゲーム開発ができたら理想的だと思いますし、ここに我々のソリューションがうまくハマればいいなと思っています。まさにチェックなどというのは、誰かが勝手にやってくれたらいいなあと思うことの最たるものですから、そこを我々の技術によってどんどん置き換えていけたら、楽しく簡単に開発ができると考えています。

松木:まさに仰るとおりですね。これはベリサーブもモリカトロンの皆さんも同じ思想だと思いますが、車にたとえれば運転中にどれだけスピードを出しても絶対に怪我をしたり、事故が起きたりしないことがもしわかっていれば、それこそ時速何キロメートルでも出せるんですよ。逆説的ではありますが、我々がバンパーみたいに、車を最低限守れるようなものを用意しておくことで、より皆さんがアグレッシブなゲーム開発ができるようにしたいですね。

我々のソリューションによって、ただ品質保証をするだけでなく、ゲームのクオリティの向上にも必ずつながり、野心的なものが作れるようにもなるはずですので、そういった面でも貢献ができればと思っております。

——インディーゲーム開発者向けにも導入できる、手頃な価格での提供も実現できそうですか?

松木:はい、できると思います。インディーゲーム開発の皆様には、イベントなどの情報公開の場で無償で使っていただいたり、レベニューシェアのような課金モデルも検討したいと考えております。お値段は高くしないつもりですが、その値段でもなかなか出しにくい規模のインディーズメーカーさんには、別の契約形態も用意して、ぜひ使っていただけるようにしたいですね。

——皆さんがお考えになられている、ソリューションが実現できる日が楽しみですね。ぜひ松原さんからも『Playable!』や自動テストプレイAIについて、将来の展望などをお聞かせ下さい。

松原:これは私が勝手に考えている遠い未来のお話ですが、いずれは我々が作っているデバッグ用のツールをアセット化できたらいいなあと。今のところは、我々が手取り足取り導入している段階ですが、アセット化して誰でも気軽に使ってもらえるようになれば、すごく大きなビジネスになると思います。

ゲームエンジン上での利用についても、我々のほうで研究をしています。具体的には、Unreal Engine4とUnityの2つで、これらのゲームエンジンを使っているタイトルのQAを手助けできるものが作れたらと思っています。このスタイルの良いところは、ゲームに限らず、ゲームエンジンを使って作っているものであれば、ひょっとしたら何でも役に立てるのではないかということですね。

ゲームをメインターゲットにしてはいるのですが、Unreal Engine4やUnityを使ったタイトルであれば、何でもデバッグの手助けができるだろうと思っております。産業機械とかロボットとか、Unityを使って開発したものがすでにありますので、将来的に大きなビジネスに成長させられたらいいなと思っております。

サービスに関するお問い合わせ:https://www.veriserve.co.jp/contact/

Writer:鴫原盛之

RELATED ARTICLE関連記事

未来は僕らの手の中に:若手ゲームAIエンジニア座談会(後編)

2020.2.07モリカトロン

未来は僕らの手の中に:若手ゲームAIエンジニア座談会(後編)

ゲーム制作現場ですぐに使える!モリカトロンのAIソリューション5種

2021.6.28モリカトロン

ゲーム制作現場ですぐに使える!モリカトロンのAIソリューション5種

【CEDEC2019】AIは今どこまでゲームのデバッグをできるのか?

2019.9.30モリカトロン

【CEDEC2019】AIは今どこまでゲームのデバッグをできるのか...

RANKING注目の記事はこちら