モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
ディープラーニング機械学習CGCGへの扉安藤幸央GANニューラルネットワーク月刊エンタメAIニュース強化学習三宅陽一郎音楽OpenAIモリカトロンAIラボインタビュー敵対的生成ネットワークQAスクウェア・エニックス河合律子シナリオNVIDIAFacebookキャラクターAIルールベースデバッグCEDEC2019プロシージャルDeepMind人工知能学会ビヘイビア・ツリーGoogleCEDEC2021CEDEC2020ゲームAI映画SIGGRAPH遺伝的アルゴリズム不完全情報ゲームメタAIナビゲーションAI森川幸人畳み込みニューラルネットワーク自然言語処理深層学習マイクロソフトAIと倫理グーグル自動生成GDC 2021GPT-3GDC 2019マルチエージェントVRボードゲームロボットStyleGANCNNVFXモリカトロンゲームプレイAIファッションアートHTN階層型タスクネットワークJSAI2020大内孝子TensorFlowMicrosoftイベントレポートテストプレイ水野勇太アニメーションガイスターNPCCLIPNFTtoio吉本幸記JSAI2021スポーツディープフェイクシムピープル汎用人工知能GDC Summereスポーツ対話型エージェントeSportsBLUE PROTOCOLシーマンAIアート小説DALL-EStyleGAN2AlphaZeroカメラ環世界中島秀之懐ゲーから辿るゲームAI技術史研究DARPAドローンシムシティAI美空ひばり手塚治虫Electronic Artsメタデータブロックチェーン通しプレイOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobeイーサリアム作曲中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoft AzureアストロノーカキャリアナラティブAmazon音声認識ロボティクスPyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオUnity齊藤陽介マインクラフトお知らせサルでもわかる人工知能VAEUbisoftUbisoft La ForgeワークショップGenvid Technologies知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDAどうぶつしょうぎジェイ・コウガミ音楽ストリーミングマシンラーニングクラウド斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルコンピューティショナル・フォトグラフィーGPT-2完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索藤澤仁生物学画像認識DeNA長谷洋平鴫原盛之masumi toyota宮路洋一TextWorldSIGGRAPH ASIAソニーGTC2021CycleGANフェイクニュースGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープMCS-AI動的連携モデルASBSマンガぱいどんTEZUKA2020ナビゲーションメッシュ松井俊浩スパーシャルAIマーケティングApex LegendsELIZANinjaコンピュータRPGアップルタウン物語KELDICメロディ言語ゲームTENTUPLAYLEFT 4 DEADMARVEL Future FightAstroタイムラプスEgo4Dバスキアバーチャルヒューマン日経イノベーション・ラボ敵対的強化学習階層型強化学習GOSU Data LabWANNGOSU Voice Assistant竹内将SenpAI.GGMobalytics馬淵浩希Cygames岡島学AWS Sagemaker映像セリア・ホデント形態素解析UXAWS Lambda誤字検出認知科学BERTゲームデザインSentencePieceLUMINOUS ENGINEプラチナエッグLuminous Productionsパターン・ランゲージ竹村也哉ちょまどボエダ・ゴティエビッグデータGOAPAdobe MAX 2021デジタルツインメタバース模倣学習NVIDIA OmniverseOmniverse AvatarFPSNVIDIA Rivaマルコフ決定過程NVIDIA MegatronNVIDIA Merlinスタンフォード大学NVIDIA Metropolisパラメータ設計テニスOmniverse Replicatorバランス調整レコメンドシステムNVIDIA DRIVE Sim協調フィルタリングNVIDIA Isaac Sim人狼知能テキサス大学軍事サイバーエージェントAlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotエージェントシミュレーションOpenAI CodexStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMC成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020デバッギングBigGANMaterialGANリップシンキングRNNReBeL自動運転車VolvoRival Prakユービーアイソフト北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioamuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミングインタラクティブ・メディアシーマン人工知能研究所Ludoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ユクスキュルカント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPStyleRig逆転オセロニア奥村エルネスト純いただきストリート齋藤精一大森田不可止高橋智隆ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward ArchitectureウロチョロスSuper Phoenix理化学研究所Project Malmo教育Project PaidiaProject LookoutWatch ForBingLEFT ALIVE長谷川誠ジミ・ヘンドリックスBaby Xカート・コバーンロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスMagentaYouTubeダフト・パンクSFGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2HallucinationレコメンデーションJukeboxテンセントSIFTDCGANMOBADANNCE人事ハーバード大学研修デューク大学mynet.aiローグライクゲームNetHack人工音声NeurIPS 2021はこだて未来大学プレイ動画ヒップホップサイレント映画NBA環境音現代アートエージェント粒子群最適化法進化差分法群知能下川大樹ウィル・ライト高津芳希大石真史BEiTレベルデザインDETRSporeAIボイスアクターデノイズ南カリフォルニア大学画像処理NVIDIA CanvasSentropyCPUDiscordCALMプログラミングソースコード生成GMAIシチズンデベロッパーTRPGGitHubウィザードリィMCN-AI連携モデルAI Dungeon西川善司並木幸介サムライスピリッツ森寅嘉ゼビウスSIGGRAPH 2021ストリートファイター半導体Topaz Video Enhance AI栗原聡DLSS山野辺一記NetEase大里飛鳥DynamixyzモーションキャプチャーU-Net13フェイズ構造アドベンチャーゲームADVXLandAGI手塚眞DEATH STRANDING不気味の谷Eric JohnsonOculus Questコジマプロダクション生体情報デシマエンジンインディーゲーム写真高橋ミレイ照明Maxim PeterJoshua Romoffハイパースケープ山崎陽斗深層強化学習立木創太バンダイナムコ研究所ミライ小町テスラGameGANELYZAパックマンTesla BotTesla AI Dayソサエティ5.0ELYZA DIGESTSIGGRAPH 2020バズグラフニュースタンテキ東芝DIB-R倉田宜典3D音声合成韻律射影広告韻律転移

AIが弱点の発見や戦術をアドバイスするeスポーツコーチングAIの台頭

2021.10.25ゲーム

AIが弱点の発見や戦術をアドバイスするeスポーツコーチングAIの台頭

プロ将棋棋士の藤井三冠は、指し手の研究にAIを活用していることはよく知られています。近年知名度が上がってきたeスポーツにおいても、AIを活用してプレイを上達させる試みが行われています。この記事では、特徴の異なるeスポーツコーチングAIを3つ紹介します。

プレイの特徴を8項目で指標化

アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くMobalyticsは、League of Legends、TeamFight Tactics、Legends of Runeterra、そしてVALORANTに対応したコーチングAI「Mobalytics」を開発・提供しています。同AIは、過去のプレイデータを学習データとして用いてゲームプレイの特徴を抽出できるように訓練されたものです。同AIを活用することで、プレイヤーは自身のプレイの長所と短所を特定できるようになります。

Mobalyticsが抽出するゲームプレイの特徴には、以下のような8種類があります。

  • 戦闘性(Fighting):攻撃力を指標化した特徴量。キル数や与ダメージ数が関係している。
  • ファーミング(Farming):ゲーム中にゴールドを獲得する能力を指標化した特徴量。
  • ビジョン(Vision):対戦マップ内で視界を適切に確保する能力を指標化した特徴量。
  • 侵略性(Aggression):攻撃行動を指標化した特徴量。ゲーム開始初期にキルしたりすると評価が上がる。
  • 耐久性(Toughness):生き残る能力を指標化した特徴量。多くのダメージを受けてもダウンしない場合に評価が上がる。
  • チームプレイ(Teamplay):他のプレイヤーと協調する能力を指標化した特徴量。キルをアシストした場合に評価が上がる。
  • 一貫性(Consistency):常に一定のパフォーマンスを発揮する能力を指標化した特徴量。
  • 多才性(Versatility):プレイスタイルの幅広さを指標化した特徴量。さまざまなアイテムを活用すると評価が上がる。

以上の8つの特徴量には0~100の値が割り振られます。100に近いほどトッププレイヤーと同等の能力があることを意味します。以上の特徴量はレーダーチャートで表示されるので、長所と短所が直感的に理解できるようになります。

MobalyticsがLeague of Legendsにおける同社製コーチングAI活用の効果を調査したブログ記事によると、110,426人のユーザと1,613,396人の非ユーザを比較したところ、ユーザが上達した人数は非ユーザに比べて27%多かったことがわかりました。また、プレイスキルが低いユーザほど上達しやすいことも判明しました。こうした調査結果は、同AIの有効性を証明していると言えるでしょう。

最適なタイミングでアドバイス

リトアニアに拠点を置くGOSU Data Labが開発・提供する「GOSU Voice Assistant」は、Dota 2、League of Legends、PUBGに対応した音声アシスタントです。同社はかつて、前述のMobalyticsのようにプレイヤーのプレイの特徴を機械学習によって抽出したうえで、アドバイスを提示していました。同社は、こうした従来のコーチングの限界を認識していました。

従来のAIコーチングは、ゲームプレイ後にプレイの特徴と改善点を提示していましたが、プレイ中にはアドバイスしていませんでした。しかし、プレイヤーがアドバイスを欲しいタイミングは、プレイ後ではなくむしろプレイ中です。真に有益なアドバイスとは、プレイしているキャラクターの適切な操作方向や、アイテムを使うべきタイミングなどのようなリアルタイムに進行するゲームの流れに則したものです。

GOSU Voice Assistantは、リアルタイムに進行するゲームに流れに則しながら勝利につながるヒントや戦術を人工音声でアドバイスします。その内容とタイミングは、個々のプレイヤーのプレイデータにもとづいてプレイヤーごとに決定されます。プレイ後には習得すべき能力を伝え、さらには何らかの実績を達成したら祝福してプレイヤーを鼓舞します。

同アシスタントは、プレイヤーに親しんでもらいたいと配慮から声の調子や口調をカスタマイズできるようになっています。具体的には、声の年齢、ユーモアの度合い、スタイルを変えられます。スタイルを変えることで口調がより友だちのようになったり、反対にコーチのようになったりします。

GOSU Data Labの創業者であるAlisa Chumachenko氏によると、GOSU Voice Assistantはeスポーツゲームを紹介してプレイ上達のためにアドバイスしてくれる人間の友だちのようなもの、とコメントしています。同アシスタントは、ヒューマンライクなコーチングをAIによって実現しようとしているのです。

ゲームごとにカスタマイズ

アメリカ・マサチューセッツ州に本社があるSenpAI.GG社も、League of Legends、VVALORANT、TeamFight Tacticsに対応したコーチングAI「SenpAI.GG」を開発・提供しています。同AIも機械学習によってプレイヤーのプレイの特徴を抽出したうえで、勝利につながるアドバイスを提示します。

SenpAI.GGのユニークなところは、ゲームごとにアドバイスを提示するUIを最適化している点です。具体的には、以下のようにゲームごとにアドバイスの内容と表示方法が異なります。

  1. Legue of Legendsでは、自チームと敵チームの統計情報、取得ゴールド数、敵チーム側からファームのトラッキング状況をオーバーレイ表示する。
  2. VARORANTでは、プレイ中に起こる重要イベントやマップごとの最適なチーム編成を人工音声で伝える。
  3. TeamFight Tacticsでは、アイテムの組み合わせ、チャンピオンごとのシナジー効果、シナジー効果を考慮したベストなチーム編成をゲーム進行に合わせてオーバーレイ表示する。

コーチングAIの利用に際して気になるのは、プレイヤーが提供するプレイデータのセキュリティです。こうしたセキュリティ上の懸念に関して、SenpAI.GGは各種ゲームの開発元が公開しているAPIを使うことで対処しています。プレイデータを公式APIによって収集するので収集時の安全性はゲーム開発元が保証しており、外部に漏えいするようなことはありません。

ちなみにSenpAI.GGは近日中にFortniteとCounter-Strike: Global Offensiveにも対応する予定です。対応した場合、UIはそれぞれのゲームごとにカスタマイズされたものとなるでしょう。

以上のようにeスポーツコーチングAIは、すでにさまざまなタイプのものが利用可能となっています。こうしたAIはeスポーツ市場の成長とともにさらに多様性を増し、ゲーム開発会社やプロゲーマーとの提携を通して同市場を形成する一部となっていくでしょう。

Writer:吉本幸記、Photo by Florian Olivo on Unsplash 

RELATED ARTICLE関連記事

OpenAIが無償提供するゲームプレイAI開発環境まとめ

2020.5.29ゲーム

OpenAIが無償提供するゲームプレイAI開発環境まとめ

【CEDEC2021】ゲームキャラクターの声を音声合成に置き換えるのは可能か

2021.10.15ゲーム

【CEDEC2021】ゲームキャラクターの声を音声合成に置き換えるのは可能か

AI時代の死生観とアイデンティティはどこへ向かうのか?:藤澤仁氏×森川幸人氏対談(後編)

2019.10.11ゲーム

AI時代の死生観とアイデンティティはどこへ向かうのか?:藤澤仁氏×森川幸人氏対談...

RANKING注目の記事はこちら