モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
機械学習ディープラーニングCGCGへの扉GAN強化学習ニューラルネットワークモリカトロンAIラボインタビュー三宅陽一郎月刊エンタメAIニュースQA音楽敵対的生成ネットワークCEDEC2019デバッグOpenAIスクウェア・エニックスCEDEC2020ゲームAI不完全情報ゲーム深層学習シナリオAIと倫理ビヘイビア・ツリーNVIDIA映画SIGGRAPHGDC 2019VRキャラクターAIボードゲームルールベースグーグルDeepMindFacebookVFX遺伝的アルゴリズムメタAI畳み込みニューラルネットワークロボットファッションGoogleStyleGANプロシージャルJSAI2020人工知能学会イベントレポート森川幸人水野勇太ガイスターマイクロソフトtoioCNNTensorFlowGDC SummerモリカトロンマルチエージェントナビゲーションAIeSports小説自然言語処理AlphaZero環世界中島秀之アートHTN階層型タスクネットワークスポーツ自動生成研究ディープフェイクDARPAGPT-3メタデータOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus Codeキャリアテストプレイeスポーツ音声認識PyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオBLUE PROTOCOLシーマンUnity齊藤陽介お知らせサルでもわかる人工知能ワークショップGenvid Technologies知識表現IGDAどうぶつしょうぎCLIPジェイ・コウガミ音楽ストリーミングマシンラーニングクラウドカメラ完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦藤澤仁生物学長谷洋平宮路洋一SIGGRAPH ASIAソニーフェイクニュースドローンシムピープルGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSぱいどんTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫汎用人工知能Electronic ArtsマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン通しプレイ階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータMicrosoftMicrosoft Azureアストロノーカ模倣学習ナラティブFPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションゲームプレイAIStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelロボティクスLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMCマインクラフト成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープAIアートMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020VAEデバッギングBigGANアニメーションMaterialGANリップシンキングRNNUbisoftReBeLUbisoft La Forge自動運転車VolvoRival Prakウォッチドッグス レギオンユービーアイソフトNPC北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMDALL-Eナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioStyleGAN2amuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミング斎藤由多加インタラクティブ・メディアリトル・コンピュータ・ピープルシーマン人工知能研究所コンピューティショナル・フォトグラフィーLudoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGPT-2GROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ウェイポイントユクスキュルパス検索カント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER画像認識西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPDeNAStyleRig逆転オセロニアNFT奥村エルネスト純齋藤精一高橋智隆ロボユニ泉幸典ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派意思決定モデルウロチョロス理化学研究所教育LEFT ALIVE長谷川誠Baby Xロバート・ダウニー・Jr.YouTubeSFThe Age of A.I.レコメンデーションテンセントMOBA人事研修mynet.ai人工音声プレイ動画NBA群知能ウィル・ライトシムシティレベルデザインSporeデノイズ画像処理CPUGMAITRPGウィザードリィAI Dungeon西川善司サムライスピリッツゼビウスストリートファイター栗原聡山野辺一記大里飛鳥マンガ13フェイズ構造手塚眞不気味の谷Oculus Quest生体情報写真照明山崎陽斗立木創太松井俊浩スパーシャルAIGameGANパックマンソサエティ5.0SIGGRAPH 2020DIB-R3D広告

実施はAI、評価は人間。AIと人間の分業が進む海外ゲームQA事情

2020.11.27ゲーム

実施はAI、評価は人間。AIと人間の分業が進む海外ゲームQA事情

近年のビデオゲームは大規模化・複雑化が進んだことによって、QAにかかるコストが莫大なものとなっていることが課題になっています。作業量が膨大かつ難易度も上がったゲームのQAを行うにあたり、テスト(デバッグ)を自動的に実行するAIを導入することで解決するケースが増えています。この記事では、海外におけるゲームQA用AIの事例を紹介します。

海外ゲーム業界でも進むゲームQA用AIの活用

海外ゲーム業界におけるQA用AIの全般的傾向については、ソフトウェアテスト企業test.aiのCTOであるJason Arbon氏がMediumに投稿した記事「ゲームをテストするためのAI」にまとめられています。この記事では、ゲームQA用AIが活用されるドメインをゲーム内ストア、ゲームプレイ、アプリストアに分けて解説しています。

現在の多くのゲームでは、プレイヤーが操作するキャラクターが使う武器やスキンを購入できるゲーム内ストアが実装されています。ストアから購入できるアイテムは随時更新されるので、更新される度にアイテムが正常に表示されるか確認するテストが必要になります。アイテムが3D表示される場合にさまざまな角度から確認しなければならないので、単純な画像一致検出ツールでは不十分です。

AIを活用すれば、3D表示されるアイテムの表示確認が実行できます。というのも、AIは特定の角度から見たアイテム画像から、さまざまな角度から見えるアイテム画像を生成して表示確認を実行できるからです。

オープンワールドのRPGのようなプレイヤーが実行できる行動が無数に存在するゲームの状態遷移についても、ゲームQA用のAIが活用できます。その活用方法とは「宝箱を開ける」というようなテストしたい状態を目標とした強化学習AIを導入するというものです。強化学習AIは、設定された目標を遂行するための行動を試行錯誤します。この試行錯誤の過程が、まさに動作確認テストとなるのです。強化学習AIの目標を変えれば、さまざまなテストケースが実行できます。

AppStoreやGooglePlayでは、日々多くのゲームがリリースされています。AppleやGoogleのようなプラットフォーマーは、ゲームアプリをリリースする前に、運営するプラットフォームを脅かすような致命的な不具合がないかどうかをチェックしています。こうした基本動作確認を人手で行うのは、もはや現実的ではありません。現在ではAIボットが基本動作確認を実行しています。AIボットを活用すれば、動作環境を変えても自動的にテストが実行できるのです。

ビルドバージョンを評価する第一関門を担う「WorldTester」

Polygonが10月に公開した記事では、テーブルトークRPGのD&DにインスパイアされたRPG 『Baldur’s Gate 3』(2020年10月、Larian Studios)を開発したLarian StudiosのゲームQAにおけるAI活用事例が紹介されています。

ゲームQAでは「扉を開ける」「アイテムを拾う」といった動作をさまざまな状況で何度も繰りして確認することが求められます。Larian Studiosはこうした反復的な動作テストを自動化する試みを2014年頃から始めており、現在では「WorldTester」というQA用AIを運用しています。同AIは、ゲームの新しいビルドバージョンが完成する度に、自動的にアクションやバトルに関するストレステストを実施します。複数のビルドバージョンを同時にテストすることもあります。こうした自動化テストの結果、致命的な不具合がないと判明した後に人間のQAチームがQAを実施します。同AIの自動化テストのおかげで致命的な不具合が生じてテストが中断されることがないため、人間のQAチームは効率的にテストを実施できるのです。

4Gamerの記事によれば『Baldur’s Gate 3』では600人のNPCが4万6,000ほどの台詞を話すのですが、こうした台詞のチェックもWorldTesterが人間のテスターよりもはるかに高速で実施しています。しかしながら、同AIのテスト結果をまとめてQA進捗を総合的に判断するのは人間の役目です。Larian StudiosはWorldTesterによって人間のQAチームが不要になるとは考えておらず、同AIを人間のQA業務を支援するものと位置づけています。

画像認識を活用して表示確認を自動化した『Candy Crush Saga』

ソフトウェアテスト専門メディアInfoQは、2019年12月30日付けの記事で大ヒットパズルゲーム『Candy Crush Saga』(2012年、King Digital Entertainment)のQAにおけるAI活用事例を紹介しています。

多数のゲームステージがあり20以上の言語に対応しているCandy Crush Sagaの画面表示確認を人間のテスターで網羅的に実行するのは、現実的とは言えません。そこで同ゲームを開発したKingは、画像確認を自動実行するQA用AIボット「BAIT- Bot for AI Testing」を開発しました。このAIボットは、ゲームの各画面のスクリーンショットを撮影後、その画像にふくまれるテキストやアイコン、さらにはボタンを画像認識する、というものです。画面遷移が発生するボタンを認識した場合は、そのボタンをタップして画面遷移後、新たな画面のスクリーンショットを撮影します。同ボットには画面の違いを識別する機能も実装しているので、画面遷移を繰り返してゲーム画面を網羅的に確認することもできます。

同ボットの画像認識にはOpenCV、テキスト抽出にはGoogle Vision APIが活用されました。学習データとなる画像はKingが開発したゲームからだけではなく、競合他社が開発したパズルゲームからも収集しました。こうした性能のAIボットを開発した結果、さまざまな解像度のデバイスをテスト対象としても正しく画像認識できるようになりました。

以上のように、反復的かつ単純なタスクが少なくないゲームQAでは、急速にAIの活用が広がっています。ゲームQAにおけるAIの活用はQA業務から人間を駆逐するのではなく、テスト結果の総合的評価、さらには「このゲームは面白いのか」といった価値判断に人間が専念できるようにするのです。

Writer:吉本幸記

Photo by Fredrick Tendong on Unsplash

RELATED ARTICLE関連記事

【CEDEC2020】オンラインゲーム『BLUE PROTOCOL』で敵AIにパーティを組ませる方法

2020.10.19ゲーム

【CEDEC2020】オンラインゲーム『BLUE PROTOCOL』で敵AIにパ...

モリカトロンAIラボ、オープニングにあたって

2019.4.17ゲーム

モリカトロンAIラボ、オープニングにあたって

【CEDEC2019】汎用型ボードゲームAIの開発に向けたモリカトロンの挑戦

2019.9.17ゲーム

【CEDEC2019】汎用型ボードゲームAIの開発に向けたモリカトロンの挑戦

RANKING注目の記事はこちら