モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CGCGへの扉安藤幸央機械学習月刊エンタメAIニュースディープラーニング河合律子生成AI吉本幸記OpenAIGAN音楽NVIDIAGoogle三宅陽一郎強化学習ニューラルネットワークStable DiffusionChatGPTグーグル森川幸人シナリオDeepMindQA大規模言語モデル人工知能学会GPT-3自然言語処理マイクロソフトFacebook大内孝子AIと倫理映画著作権アート倫理キャラクターAI敵対的生成ネットワークルールベースLLMSIGGRAPHモリカトロンゲームプレイAIスクウェア・エニックスモリカトロンAIラボインタビュー画像生成NPCNFTプロシージャルMidjourneyデバッグMinecraftDALL-E2StyleGAN遺伝的アルゴリズム画像生成AIロボットファッション音楽生成AI自動生成VFXAdobeテストプレイメタAIアニメーションテキスト画像生成深層学習CEDEC2019ディープフェイクデジタルツインメタバースVR小説ボードゲームDALL-ECLIPビヘイビア・ツリーマンガCEDEC2021CEDEC2020ゲームAI不完全情報ゲームナビゲーションAI畳み込みニューラルネットワークGDC 2021JSAI2022バーチャルヒューマン作曲MicrosoftNVIDIA OmniverseGDC 2019マルチエージェントCEDEC2022MetaマインクラフトAIアート3DCGStability AIメタデジタルヒューマン懐ゲーから辿るゲームAI技術史toioジェネレーティブAIスポーツエージェントプロンプト栗原聡手塚治虫汎用人工知能CNNNeRFDALL-E 3BERTロボティクスUnityOmniverseJSAI2023鴫原盛之HTN階層型タスクネットワークソニーGPT-4マルチモーダルJSAI2020GTC20233DTensorFlowインタビューブロックチェーンイベントレポート対話型エージェントAmazonメディアアートDQN水野勇太アバターUbisoftGenvid TechnologiesガイスターStyleGAN2ARELSIGTC2022教育SIGGRAPH ASIANetflixJSAI2021東京大学はこだて未来大学Bard研究シムピープルMCS-AI動的連携モデルRed RamモーションキャプチャーTEZUKA2020CEDEC2023テキスト生成インディーゲームElectronic Arts音声合成マーケティングメタデータGDC Summerイーロン・マスクStable Diffusion XLCMMicrosoft Azureアストロノーカキャリア模倣学習動画生成AIeスポーツスタンフォード大学アーケードゲームテニスサイバーエージェントトレーディングカード音声認識類家利直eSportsBLUE PROTOCOLシーマンaibo合成音声チャットボットブラック・ジャックEpic GamesAWS徳井直生クラウド斎藤由多加AlphaZeroTransformerGPT-2rinnaAIりんなカメラ環世界中島秀之PaLM哲学ベリサーブPlayable!GPT-3.5ハリウッド理化学研究所Gen-1SFテキスト画像生成AI松尾豊データマイニング現代アートDARPAドローンシムシティゲームエンジンImagenZorkバイアスマーダーミステリーASBSぱいどんアドベンチャーゲームAI美空ひばりAGI手塚眞バンダイナムコ研究所スパーシャルAIELYZANEDOFSM-DNNLEFT 4 DEAD通しプレイ論文OpenAI Five本間翔太馬淵浩希Cygames森山和道Audio2Faceピクサープラチナエッグイーサリアム効果音ボエダ・ゴティエビッグデータ中嶋謙互Amadeus Codeデータ分析MILENVIDIA ACEナラティブNVIDIA RivaOmniverse ReplicatorWCCFレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimWORLD CLUB Champion FootballNVIDIA Isaac Simセガ柏田知大軍事田邊雅彦トレカMax CooperGPTDisneyFireflyPyTorchChatGPT4眞鍋和子バンダイナムコスタジオAI Frog Interactive新清士大澤博隆SFプロトタイピング齊藤陽介お知らせMagic Leap OneTencentモリカトロン開発者インタビュー宮本茂則バスケットボールGeminiTikToktext-to-imageサルでもわかる人工知能text-to-3DVAEDreamFusionTEZUKA2023リップシンキングRNNUbisoft La Forge自動運転車ワークショップ知識表現ウォッチドッグス レギオンVTuberIGDA立教大学秋期GTC2022市場分析フォートナイトどうぶつしょうぎRobloxジェイ・コウガミ音楽ストリーミングMITAIロボ「迷キュー」に挑戦野々下裕子Adobe MAXマシンラーニング村井源5GMuZeroRival Peakpixivオムロン サイニックエックスGPTs電気通信大学対話エンジン稲葉通将ポケモン3Dスキャン橋本敦史リトル・コンピュータ・ピープルCodexシーマン人工知能研究所コンピューティショナル・フォトグラフィーPreferred Networksゴブレット・ゴブラーズ絵画3D Gaussian SplattingMicrosoft DesignerアップルイラストシミュレーションSoul Machines柿沼太一完全情報ゲームバーチャルキャラクター坂本洋典釜屋憲彦GitHub CopilotウェイポイントLLaMAパス検索対談藤澤仁生物学GTC 2022xAIApple Vision Pro画像認識SiemensストライキStyleCLIPDeNA長谷洋平クラウドコンピューティングmasumi toyotaIBM宮路洋一OpenSeaGDC 2022SNSTextWorldSoraEarth-2BingMagentaYouTube音声生成AIELYZA PencilScenarioSIGGRAPH2023AIピカソGTC2021AI素材.comCycleGANテンセントAndreessen HorowitzAIQVE ONENetHackキャラクターモーションControlNet音源分離NBAフェイクニュースユニバーサルミュージックRPG法律Web3SIGGRAPH 2022世界モデルレベルデザインDreamerV3AIボイスアクターUnreal Engine南カリフォルニア大学NVIDIA CanvasGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープLaMDATRPGマジック:ザ・ギャザリングAI Dungeonゲーム背景アパレル不気味の谷ナビゲーションメッシュデザイン高橋ミレイ深層強化学習松原仁松井俊浩武田英明フルコトELYZA DIGEST建築広告西成活裕ハイブリッドアーキテクチャApex LegendsELIZA群衆マネジメントライブポートレイトNinjaコンピュータRPGライブビジネスWonder StudioAdobe Max 2023アップルタウン物語新型コロナ土木MindAgentKELDIC周済涛BIMBing Chatメロディ言語清田陽司インフラBing Image CreatorゲームTENTUPLAYサイバネティックスMARVEL Future FightAstro人工知能史Amazon BedrockAssistant with BardタイムラプスEgo4DAI哲学マップThe Arcadeバスキア星新一X.AISearch Generative Experience日経イノベーション・ラボStyleGAN-XLX Corp.Dynalang敵対的強化学習StyleGAN3TwitterVLE-CE階層型強化学習GOSU Data LabGANimatorXホールディングスWANNGOSU Voice AssistantVoLux-GANMagiAI Act竹内将SenpAI.GGProjected GANEUMobalyticsSelf-Distilled StyleGANSDXLArs ElectronicaニューラルレンダリングRTFKTAI規制岡島学AWS SagemakerPLATONIKE欧州委員会映像セリア・ホデント形態素解析frame.ioClone X欧州議会UXAWS LambdaFoodly村上隆欧州理事会誤字検出MusicLM認知科学中川友紀子Digital MarkAudioLMゲームデザインSentencePieceアールティSnapchatMusicCapsLUMINOUS ENGINEクリエイターコミュニティAudioCraftLuminous ProductionsBlenderBot 3バーチャルペットパターン・ランゲージ竹村也哉Meta AINVIDIA NeMo ServiceMubertちょまどマーク・ザッカーバーグヴァネッサ・ローザMubert RenderGOAPWACULVanessa A RosaGen-2Adobe MAX 2021陶芸Runway AI Film Festival自動翻訳Play.htPreViz音声AIAIライティングLiDARCharacter-LLMOmniverse AvatarAIのべりすとPolycam復旦大学FPSQuillBotdeforumChat-Haruhi-Suzumiyaマルコフ決定過程NVIDIA MegatronCopysmith涼宮ハルヒNVIDIA MerlinJasperハーベストEmu VideoNVIDIA MetropolisForGamesNianticパラメータ設計ゲームマーケットペリドットバランス調整岡野翔太Dream Track協調フィルタリング郡山喜彦Music AI Tools人狼知能テキサス大学ジェフリー・ヒントンLyriaGoogle I/O 2023Yahoo!知恵袋AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotGoogle I/OインタラクティブプロンプトAIエージェントシミュレーションOpenAI Codex武蔵野美術大学慶應義塾大学StarCraft IIHyperStyleBingAI石渡正人Future of Life InstituteRendering with Style手塚プロダクションIntel林海象LAIKADisneyリサーチヴィトゲンシュタインPhotoshop古川善規RotomationGauGAN論理哲学論考Lightroom大規模再構成モデルGauGAN2京都芸術大学CanvaLRMドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデルObjaverse不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021PromptBaseBOOTHMVImgNetDota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチpixivFANBOXOne-2-3-45Mitsuba2バンダイナムコネクサス虎の穴3DガウシアンスプラッティングソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所ユーザーレビューFantiaワンショット3D生成技術GTC2020CG衣装mimicとらのあな高橋力斗NVIDIA MAXINEVRファッションBaidu集英社FGDC淡路滋ビデオ会議ArtflowERNIE-ViLG少年ジャンプ+Future Game Development ConferenceグリムノーツEponym古文書ComicCopilot佐々木瞬ゴティエ・ボエダ音声クローニング凸版印刷コミコパヒストリアGautier Boeda階層的クラスタリングGopherAI-OCRゲームマスター画像判定Inowrld AIJuliusSIE鑑定ラベル付けMODAniqueTPRGOxia PalusGhostwriter中村太一バーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt RecognitionSkyrimエグゼリオクーガー田中章愛実況パワフルサッカースカイリムCopilot石井敦銭起揚NHC 2021桃太郎電鉄RPGツクールMZComfyUI茂谷保伯池田利夫桃鉄ChatGPT_APIMZserial experiments lainGDMC新刊案内パワサカダンジョンズ&ドラゴンズAI lainマーベル・シネマティック・ユニバースコナミデジタルエンタテインメントOracle RPGPCG成沢理恵MITメディアラボMCU岩倉宏介深津貴之PCGRLアベンジャーズPPOxVASynthDungeons&Dragonsマジック・リープDigital DomainMachine Learning Project CanvasLaser-NVビートルズMagendaMasquerade2.0国立情報学研究所ザ・ビートルズ: Get BackノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャー石川冬樹MERFDemucsサッカースパコンAlibaba音楽編集ソフト里井大輝KaggleスーパーコンピュータVQRFAdobe Audition山田暉松岡 聡nvdiffreciZotopeAssassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターTSUBAME 1.0NeRFMeshingRX10Sea of ThievesTSUBAME 2.0LERFMoisesGEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMABCIマスタリングモリカトロンAIソリューション富岳レベルファイブ初音ミクOculusコード生成AISociety 5.0リアム・ギャラガーSuno AI転移学習テストAlphaCode夏の電脳甲子園グライムスKaKa CreationBaldur's Gate 3Codeforces座談会BoomyVOICEVOXCandy Crush Saga自己増強型AIジョン・レジェンドGenie AISIGGRAPH ASIA 2020COLMAPザ・ウィークエンドSIGGRAPH Asia 2023ADOPNVIDIA GET3DドレイクC·ASEデバッギングBigGANGANverse3DFLAREMaterialGANダンスグランツーリスモSPORTAI絵師エッジワークスMagicAnimateReBeLグランツーリスモ・ソフィーUGC日本音楽作家団体協議会Animate AnyoneGTソフィーPGCFCAインテリジェントコンピュータ研究所VolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップVoiceboxアリババNovelAIさくらインターネットDreaMovingRival PrakDGX A100NovelAI DiffusionVISCUITぷよぷよScratchユービーアイソフトWebcam VTuberモーションデータスクラッチ星新一賞大阪公立大学ビスケット北尾まどかHALOポーズ推定TCGプログラミング教育将棋メタルギアソリッドVメッシュ生成KLabFSMメルセデス・ベンツQRコードVALL-EMagic Leap囲碁Deepdub.aiナップサック問題Live NationEpyllionデンソーAUDIOGEN汎用言語モデルWeb3.0マシュー・ボールデンソーウェーブEvoke MusicAIOpsムーアの法則原昌宏AutoFoleySpotifyスマートコントラクト日本機械学会Colourlab.AiReplica Studioロボティクス・メカトロニクス講演会ディズニーamuseChitrakarQosmoAdobe MAX 2022トヨタ自動車Largo.ai巡回セールスマン問題かんばん方式Cinelyticジョルダン曲線メディアAdobe ResearchTaskade政治Galacticaプロット生成Pika.artクラウドゲーミングがんばれ森川君2号AI Filmmaking Assistant和田洋一リアリティ番組映像解析FastGANStadiaジョンソン裕子セキュリティ4コママンガAI ScreenwriterMILEsNightCafe東芝デジタルソリューションズ芥川賞インタラクティブ・ストリーミングLuis RuizSATLYS 映像解析AI文学インタラクティブ・メディア恋愛PFN 3D ScanElevenLabsタップル東京工業大学HeyGenAbema TVLudo博報堂After EffectsNECラップPFN 4D Scan絵本木村屋SIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代DreamUp出版GPT StoreAIラッパーシステムDeviantArtAmmaar Reshi生成AIチェッカーWaifu DiffusionStoriesユーザーローカルGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~元素法典StoryBird九段理江FAIRSTCNovel AIVersed東京都同情塔チート検出Style Transfer ConversationOpen AIProlificDreamerオンラインカジノRCPUnity Sentis4Dオブジェクト生成モデルRealFlowRinna Character PlatformUnity MuseAlign Your GaussiansiPhoneCALACaleb WardAYGDeep Fluids宮田龍MAV3DMeInGameAmelia清河幸子ファーウェイAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェース西中美和4D Gaussian SplattingBCIGateboxアフォーダンス安野貴博4D-GSLearning from VideoANIMAKPaLM-SayCan斧田小夜Glaze予期知能逢妻ヒカリ宮本道人WebGlazeセコムLLaMA 2NightShadeユクスキュルバーチャル警備システムCode as PoliciesSpawningカント損保ジャパンCaPHugging FaceHave I Been Trained?CM3leonFortnite上原利之Stable DoodleUnreal Editor For FortniteドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドコリジョンチェックT2I-AdapterXRPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智VolumetricsOCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者山口情報芸術センター[YCAM]AIワールドジェネレーターアルスエレクトロニカ2019品質保証YCAM日本マネジメント総合研究所Rosebud AI GamemakerStyleRigAutodeskアンラーニング・ランゲージVoyagerLayer逆転オセロニアBentley Systemsカイル・マクドナルドLily Hughes-RobinsonCharisma.aiワールドシミュレーターローレン・リー・マッカーシーColossal Cave AdventureGDC 2024奥村エルネスト純いただきストリートH100鎖国[Walled Garden]​​プロジェクトAdventureGPT調査齋藤精一大森田不可止COBOLSIGGRAPH ASIA 2022リリー・ヒューズ=ロビンソンMeta Quest高橋智隆DGX H100VToonifyBabyAGIIPロボユニザナックDGX SuperPODControlVAEGPT-3.5 Turbo泉幸典仁井谷正充変分オートエンコーダーカーリング強いAIロボコレ2019Instant NeRFフォトグラメトリウィンブルドン弱いAIartonomous回帰型ニューラルネットワークbitGANsDeepJoin戦術分析ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine LearningAzure OpenAI Serviceパフォーマンス測定Lumiere意思決定モデル脱出ゲームDeepLIoTUNetHybrid Reward Architectureコミュニティ管理DeepL WriteProFitXImageFXウロチョロスSuper PhoenixWatsonxMusicFXProject MalmoオンラインゲームAthleticaTextFX気候変動コーチングProject Paidiaシンギュラリティ北見工業大学KeyframerProject Lookoutマックス・プランク気象研究所レイ・カーツワイル北見カーリングホールAppleWatch Forビョルン・スティーブンスヴァーナー・ヴィンジ画像解析Gemini 1.5気象モデルRunway ResearchじりつくんAI StudioLEFT ALIVE気象シミュレーションMake-A-VideoNTT SportictVertex AI長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題PhenakiAIカメラChat with RTXBaby Xカート・コバーンエコロジーDreamixSTADIUM TUBESlackロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsText-to-ImageモデルPixelllot S3Slack AIソフトバンクPokémon Battle Scopeダフト・パンクメモリスタAIスマートコーチポケットモンスターGlenn MarshallkanaeruThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換Latitude占いレコメンデーションJukeboxDreambooth行動ロジック生成AIVeap Japanヤン・ルカンConvaiEAPneoAIPerfusionNTTドコモSIFT福井千春DreamIconニューラル物理学EmemeDCGAN医療mign毛髪GenieMOBADANNCEメンタルケアstudiffuse荒牧英治汎用AIエージェント人事ハーバード大学Edgar Handy中ザワヒデキAIファッションウィーク研修デューク大学大屋雄裕インフルエンサーQA Tech Night中川裕志Grok-1mynet.aiローグライクゲーム松木晋祐Adreeseen HorowitzMixture-of-Experts東京理科大学下田純也NVIDIA Avatar Cloud EngineMoE人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所桑野範久Replica StudiosClaude 3リザバーコンピューティングSmart NPCsClaude 3 Haikuプレイ動画ヒップホップ対話型AIモデルRoblox StudioClaude 3 SonnetソニーマーケティングPromethean AIClaude 3 Opusサイレント映画もじぱnote森永乳業環境音暗号通貨note AIアシスタントMusiioC2PAFUZZLEKetchupEndelゲーミフィケーションAlterationAI NewsTomo Kihara粒子群最適化法Art SelfiePlayfool進化差分法オープンワールドArt TransferSonar遊び群知能下川大樹AIFAPet PortraitsSonar+Dウィル・ライト高津芳希P2EBlob Opera大石真史クリムトDolby AtmosBEiTStyleGAN-NADASonar Music FestivalDETRライゾマティクスSporeクリティックネットワーク真鍋大度デノイズUnity for Industryアクターネットワーク花井裕也画像処理DMLabRitchie HawtinSentropyGLIDEControl SuiteErica SynthCPUDiscordAvatarCLIPAtari 100kUfuk Barış MutluSynthetic DataAtari 200MJapanese InstructBLIP AlphaCALMYann LeCun日本新聞協会プログラミングサム・アルトマン鈴木雅大AIいらすとやソースコード生成コンセプトアートAI PicassoGMAIシチズンデベロッパーSonanticColie WertzEmposyGitHubCohereリドリー・スコットAIタレントウィザードリィMCN-AI連携モデル絵コンテAIタレントエージェンシーUrzas.aiストーリーボードmodi.ai介護大阪大学BitSummit西川善司並木幸介KikiBlenderBitSummit Let’s Go!!サムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsPaLM APIデジタルレプリカTopaz Video Enhance AICozmoMakerSuiteGOT7DLSSタカラトミーSkebsynthesia山野辺一記NetEaseLOVOTDreambooth-Stable-DiffusionHumanRF大里飛鳥DynamixyzMOFLINActors-HQRomiGoogle EarthSAG-AFTRAU-NetミクシィGEPPETTO AIWGA13フェイズ構造ユニロボットStable Diffusion web UIチャーリー・ブルッカーADVユニボPoint-EXLandGato岡野原大輔AI model自己教師あり学習DEATH STRANDINGAI ModelsIn-Context Learning(ICL)Eric Johnson汎用強化学習AIZMO.AILoRAMOBBY’SファインチューニングOculus Questコジマプロダクションロンドン芸術大学モビーディックグランツーリスモ生体情報デシマエンジンGoogle Brainダイビング量子コンピュータSound Controlアウトドアqubit写真SYNTH SUPERAIスキャニングIBM Quantum System 2照明Maxim PeterKarl Sims自動採寸北野宏明Joshua RomoffArtnome3DLOOKダリオ・ヒルハイパースケープICONATESizerジェン・スン・フアン山崎陽斗ワコールHuggingFace立木創太スニーカーStable Audio浜中雅俊UNSTREET宗教ミライ小町Newelse仏教テスラ福井健策CheckGoodsコカ・コーラGameGAN二次流通食品パックマンTesla Bot中古市場Coca‑Cola Y3000 Zero SugarTesla AI DayWikipediaDupe KillerCopilot Copyright Commitmentソサエティ5.0Sphere偽ブランドテラバースSIGGRAPH 2020バズグラフXaver 1000配信京都大学ニュースタンテキ養蜂立福寛東芝Beewiseソニー・ピクチャーズ アニメーション音声解析DIB-R倉田宜典フィンテック感情分析投資Fosters+Partners周 済涛韻律射影MILIZEZaha Hadid Architectsステートマシン韻律転移三菱UFJ信託銀行ディープニューラルネットワーク

インディーゲーム開発の現場でこそAIは役立つ:森川幸人氏講演レポート

2021.9.14モリカトロン

インディーゲーム開発の現場でこそAIは役立つ:森川幸人氏講演レポート

9月2日〜3日にインディーゲームの祭典BitSummit THE 8th​​が開催されました。例年は京都市勧業館みやこめっせで開催され、会期中は多くの来場者で賑わいますが、今年は新型コロナウィルスの影響により、オンラインとオフラインのハイブリッド開催となりました。とはいえオフラインはビジネス目的の来場者のみ、一般の参加者はオンラインのみでの参加です。そのためオンラインでのインディーゲームの展示やDiscordサーバ会場​​での開発者との交流、YouTubeやTwitch、bilibili​​で配信される番組など、オンラインならではのさまざまな工夫が凝らされるイベントとなりました。

同イベントでは、モリカトロンAIラボ所長の森川幸人氏が9月3日の朝に開催された番組内のトーク「AIは貧者のツール」に登壇しました。本稿ではその内容をレポートします。

AIの概要とモリカトロンの役割

モリカトロン株式会社は、2017年8月に設立された日本初のゲームAI専門会社です。第3次AIブームの影響がゲーム業界にも波及し、ゲームに実装するAIへの需要が徐々に高まりつつあることを受け、「楽しい、賢い、見たことがないサービスの創出」をテーマにゲームとAIのシナジー効果で新しい遊びを創造することを目指しています。

森川氏自身もPlayStation発売と同時期にゲーム開発に携わるようになり、それ以降さまざまなゲームを発表してきました。iPhoneが発売されスマートフォンが普及するようになってからは森川氏が運営する株式会社ムームーでアプリを開発してパブリッシュできる環境になったため、自社アプリもリリースしています。発表したタイトルの多くがAIを組み込んだゲームであることと、複雑な設計にせずワンアイデアで作ったインディーゲームが多いのが森川氏のゲームの特徴であるため、目線は常にインディーゲーム開発者とともにあるとのこと。近年はAIに関する書籍も何冊か刊行しています。

人工知能(AI)という言葉は1956年に米国で開催されたダートマス会議の中で初めて生まれました。同会議は人工知能という学術研究分野を確立した会議として知られています。1956年の時代背景は、日本で言えば勤め人がテレビと冷蔵庫と洗濯機を持つことを夢見る時代であり、交通インフラもその翌年の1957年から国鉄(JR)の車両が動力近代化計画により蒸気機関車から電車に変わった頃です。同じく1957年に世界発の人工衛星スプートニク1号​​がソビエト連邦で打ち上げられ、東京タワー建設はその3年後1959年に着工されます。そう考えるとAIという言葉の誕生は思いのほか古いものだったと感じるのではないでしょうか。

次に森川氏は昨今世の中で活用されている多数のAIのアルゴリズムを紹介しました。上記に挙げた例はごく一部で、強化学習と呼ばれる分野内だけでも多種多様なアルゴリズムがあります。「車にも色んな車種がありそれぞれ用途が異なります。経済性を求めるのであればハイブリッドカーがいいでしょうし、荷物を運ぶならトラックがいいでしょう。デートに使うならスポーツカータイプがいいかもしれません。コンビニに行くくらいなら自動車ではなく自転車の方がいいかもしれません」と車にたとえて語るように、AIも種類によってそれぞれ異なる用途があります。つまり、何もかもがディープラーニングで処理すればいいというものではなく、実現したいことに応じてさまざまなAIの中からどのモデルが一番適切かを選ぶ時代になってきているということです。

森川氏はモリカトロンの役割を「AIのソムリエ」と呼んでいます。ワインのソムリエが顧客の好みや出された料理に合わせてワインを選ぶように、クライアントの持つ要望や課題に応じて最も適したAIのアルゴリズムを紹介します。ワインのソムリエと異なる点は、既存のAIモデルを案内するに留まらず、クライアントの事情に合わせた形にそれらのアルゴリズムをカスタマイズするサービスも提供しているということです。

改めてゲームAIとはどのようなものか?

次に森川氏は主なゲームAIの種類について解説しました。

キャラクターAI

キャラクターAIはその名の通りキャラクターを制御するエージェントに実装されるものです。例えばフィールド上で宿屋に泊まって体力を回復させるべきか、そのまま次の目的地に向かうべきか。あるいは敵の多いルートを避けるべきか、そのルートが最短ルートなので敢えてそこを通るべきかなど、その時の自分の状態や周りの環境に応じて取るべき行動を判断して実行するAIです。

キャラクターAIは戦闘シーンでの行動制御も行います。パーティーでモンスターと戦っている時に、敵や自分の強さや仲間の状態など考慮して、戦闘を継続させるか逃げるか、あるいは先に仲間の体力を回復させるのかといった戦略を立てて実行します。

キャラクターAIは強化学習によって自律的に学習して強くすることも可能です。同じAI同士で戦闘を繰り返して鍛錬することで、最初はぎこちない動きしかできないエージェントであってもやがては人間のプレイヤーと対等に遊べるくらいに強化させることが可能です。とはいえ、森川氏の考えとしては、人間を圧倒して打ち負かすAIよりは、人間と一緒に楽しく遊べるAIを作ることを目指したいとのことです。

関連記事:【CEDEC2020】テストプレイや接待プレイができるAI技術でモリカトロンが目指すこと

パラメーターの自動調整

パラメータ調整ができるAIもゲーム産業における需要の高い分野です。とりわけ月に何度もアップデートのかかる運営型のゲームは、敵や仲間のキャラクターの数が多く、それらに応じた武器や防具などのアイテムも多数登場します。従って、それらのステータスや攻撃力や防御力、特殊効果などの機能の組み合わせも膨大なものとなるため、バランスを取りながら追加していくことが大きな課題となります。

万が一、新たに実装されたキャラクターやアイテムによってバランスブレイカーとなる要素が生じてしまうと、ゲームの運営にも支障をきたしてしまいます。そのため過去のすべてのデータと照らし合わせて整合性を取っていく必要がありますが、その際にパラメーター調整を行うAIが重要な役割を果たします。

会話の自動生成

キャラクターの会話を生成するAIもあります。RPGなどストーリー進行型のゲームによくあるように、従来のゲームでは街にいる人々に話しかけても常に同じセリフを繰り返すだけでしたが、最近はNPCがより自然に振る舞うことができるようにキャラクターやシナリオの状況に応じたセリフを生成するための研究開発が進められています。

その一例として森川氏が紹介したのが、上記の動画にあるモリカトロンで開発した雑談のできるチャットボットです。これはどのような話題を投げかけても応じることのできるAIで、TwitterやLINEなどでユーザーと会話ができるようになっています。

背景の自動生成

プロシージャルと呼ばれる技術で背景などを生成することも海外のスタジオではよく行われています。というのも、オープンワールドと呼ばれる広大なフィールド内でプレイヤーが自由に行動することでプレイするゲームでは、フィールドのマップのみならず背景も膨大に制作する必要があるため、その一部をAIで自動生成することで作業負荷を減らすことができるからです。

NVIDIAは2021年6月に敵対的生成ネットワーク(GAN=Generative Adversarial Networks)を活用した「NVIDIA Canvas​​」というアプリケーションを発表しました。画像左側のように人間がラフな下書きを描くだけで画像右側のようなフォトリアルな絵を生成します。「今後は背景画を描くのも画力を必要としない時代になっていくのかもしれません」と森川氏は語ります。

AIパズルジェネレーター

プロシージャルでは背景やマップのみならず、ゲームのステージを丸ごと生成することも可能です。上の動画は2021年にモリカトロンが発表した3マッチパズルを生成するソリューション「AIパズルジェネレーターです。

パズルはステージの消費率が非常に高いものの、従来はすべて人力でステージを開発していたためコストがかかっていました。しかし、AIパズルジェネレーターを使用することで、プランナーがステージサイズや難易度、ピースの種類数などを事前に設定すれば、後はAIが試行錯誤を繰り返しながらプランナーの要求する条件のステージを1日24時間延々と作り続けるため、膨大な量のステージを低コストで開発することができます。

メタAI

メタAIはゲーム全体を俯瞰しながら難易度やゲームの進行を制御するAIです。従来のゲームはユーザーのレベルを開発側が想像した標準的なユーザー像を設定しながら制作していましたが、その想定が外れることも少なくありません。想定よりもユーザーのレベルが低ければ難易度が高すぎるという不満が生じますし、逆に高ければ物足りなく感じてしまいます。メタAIは、プレイヤーの状況をリアルタイムでモニタリングし、プレイヤーが行き詰まっていると判断すれば手加減をし、簡単すぎて飽きかけていると判断すれば敵を強くしたり数を増やすことで緊張感を演出します。

QAデバッグAI

デバッグを行うAIも開発され、徐々に導入が進められています。そのひとつが模倣学習をするAIで、人間のプレイヤーが見せる模範解答をAIが学習することで、AIで制御されたエージェントがそのプレイヤーと同じ動きを繰り返します。ゲームのテストプレイでは100回歩かないと常に正常に挙動するかの確認ができないことも多々ありますが模倣学習によってその作業をAIにさせることができます。また、同じ動きを繰り返す模倣学習とは異なり、自由にステージ内を延々とAIに歩き回らせることで、本来は通れないはずの壁などをすり抜けてしまうことがないか確認するコリジョンチェックをさせることもできます。このようにAIを導入することで、単調で根気のいるデバッグ作業を自動的に肩代わりさせることができます。

これらのAIの学習方法がスクリプトやルールベースと異なるのは、機械学習により自律的に学習ができる点です。出したアウトプットに対して人間側がOKを出せばそれを学習し、NGを出せばそれを反省して次に活かすなど、自分自身で勉強をしながら徐々に精度を上げていくことができます。

AIはなぜインディーゲーム開発に向いているのか?

いわゆるAAAと呼ばれる大規模なゲームは予算が潤沢で、制作する要素や制御すべきパラメータが多数あるため、ゲームAIもまたAAAタイトルを開発できる大手ゲーム会社で活用されるものと考えられがちです。しかしながら、森川氏はワンアイデアで開発されることの多いインディーゲームのようにシンプルなゲーム開発の現場こそゲームAIが役立つ可能性が高いと指摘します。インディーゲームは一人の開発者が何役も同時にこなしながら開発を進めていくため、その作業の一部をAIに肩代わりさせるだけでも負担の軽減の影響が大きいためです。作業負担が減ればそれだけ制作時間が短くなるためコストも削減も期待できます。その点でゲームAIを導入する効果はむしろインディーゲームの方が大きいと言えるはずです。

多くのインディーゲーム開発者の頭を悩ませるのは限られた予算の管理であり、その予算の多くを人件費が占めます。「開発に関わる人数を減らせばゲームの制作費が減るので、作業の一部をAIにやらせればいいという身も蓋もないと言えば身も蓋もない話です」と森川氏は語りますが、それこそがAIがインディーゲーム開発者を大きくサポートできる理由でもあります。

ここまでの講演で解説していたように、AIが得意とするのは自動化です。AIパズルジェネレーターやQAデバッグAIのように、工数が膨大で正確さが求められる単調な仕事をAIが代替することで、多くのコストを削減できるはずです。

このように、一般的にあまりクリエイティブではないとされる作業をAIに肩代わりしてもらうメリットがある一方で、森川氏はAIが新しい形のクリエイティブを生む可能性も示唆しました。

森川氏によればクリエイターには二種類のタイプがいるとのことです。ひとつは、何かしらのアイデアを急に思いついてしまう、いわゆる天才肌のクリエイターです。もうひとつのタイプは、制作すべき要素や条件を提示された場合に、関連するキーワードを検索などで調べたり過去に自分が楽しんだゲームのアイデアを組み合わせながらデザインするタイプのクリエイターです。森川氏は、AIの自動生成が進化した先にあるクリエイションは後者のタイプのクリエイターによるものとタイプが似ているとしつつ、時に思いもよらないアイデアを提示する可能性も指摘します。

実はAIが何かを急に思いつくことがあります。僕自身が25年間AIにどっぷりはまっていた理由がまさにこの点で、AIが我々の知らないことを教えてくれる、見つけてくれる、作ってくれる可能性があります。まだ可能性の段階ですが、僕はAIと一緒にゲームを作っていくことでゲーム制作自体の深みが増していくことに夢を感じています。(森川幸人氏)

ゲーム開発にAIを導入するメリットは、その利便性ばかりが強調されがちですが、このようにゲーム開発の未知の領域を開拓する可能性もあります。最後に森川氏は「これからぜひインディゲームの開発者の方にもAIを使っていただければと思います。モリカトロンで良ければ協力しますので、ぜひ一緒にAIを使ったゲームを作って行きましょう」と、モリカトロンとしてインディーゲーム開発に積極的に関わっていきたい旨を語り、講演の締めとしました。

関連記事:ゲーム制作現場ですぐに使える!モリカトロンのAIソリューション5種

Editor:高橋ミレイ

RELATED ARTICLE関連記事

ゲームAIは5年後にどこに向かうのか?:若手ゲームAIエンジニア座談会(前編)

2020.2.05モリカトロン

ゲームAIは5年後にどこに向かうのか?:若手ゲームAIエンジニア座談会(前編)

【CEDEC2019】AIは今どこまでゲームのデバッグをできるのか?

2019.9.30モリカトロン

【CEDEC2019】AIは今どこまでゲームのデバッグをできるのか...

【CEDEC2020】AIによるデバッグの自動化はどこまで進んでいるのか?

2020.10.05モリカトロン

【CEDEC2020】AIによるデバッグの自動化はどこまで進んでいるのか?

RANKING注目の記事はこちら