モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
機械学習ディープラーニングCGCGへの扉安藤幸央GANニューラルネットワーク強化学習月刊エンタメAIニュースモリカトロンAIラボインタビュー音楽三宅陽一郎QAOpenAI敵対的生成ネットワークCEDEC2019シナリオFacebookデバッグスクウェア・エニックスNVIDIADeepMind人工知能学会CEDEC2020ゲームAI映画遺伝的アルゴリズム不完全情報ゲーム深層学習ルールベースAIと倫理ビヘイビア・ツリーGoogleSIGGRAPHGDC 2019VRキャラクターAIボードゲーム畳み込みニューラルネットワークロボットグーグルプロシージャルVFXメタAIファッションマイクロソフトStyleGAN自動生成JSAI2020CNNイベントレポートモリカトロンマルチエージェントナビゲーションAI森川幸人水野勇太ガイスターCLIP自然言語処理アート河合律子toioHTN階層型タスクネットワークスポーツTensorFlowGDC SummerゲームプレイAIeSportsBLUE PROTOCOL小説DALL-EAlphaZeroカメラ環世界中島秀之懐ゲーから辿るゲームAI技術史JSAI2021研究ディープフェイクDARPAドローンAI美空ひばり手塚治虫汎用人工知能GPT-3メタデータ通しプレイOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoftMicrosoft Azureキャリアテストプレイeスポーツ音声認識PyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオシーマンUnity齊藤陽介マインクラフトお知らせAIアートサルでもわかる人工知能VAEアニメーションワークショップGenvid Technologies知識表現IGDANPCどうぶつしょうぎジェイ・コウガミ音楽ストリーミングStyleGAN2マシンラーニングクラウドコンピューティショナル・フォトグラフィー完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦藤澤仁生物学画像認識NFT長谷洋平鴫原盛之masumi toyota宮路洋一SIGGRAPH ASIA吉本幸記ソニーフェイクニュースシムピープルGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSマンガぱいどんTEZUKA2020松井俊浩Electronic ArtsマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータアストロノーカ模倣学習ナラティブFPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelロボティクスLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMC成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020デバッギングBigGANMaterialGANリップシンキングRNNUbisoftReBeLUbisoft La Forge自動運転車VolvoRival Prakウォッチドッグス レギオンユービーアイソフト北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioamuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミング斎藤由多加インタラクティブ・メディアリトル・コンピュータ・ピープルシーマン人工知能研究所Ludoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGPT-2GROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ウェイポイントユクスキュルパス検索カント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPDeNAStyleRig逆転オセロニア奥村エルネスト純いただきストリート齋藤精一大森田不可止高橋智隆ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward ArchitectureウロチョロスSuper Phoenix理化学研究所Project Malmo教育TextWorldProject PaidiaProject LookoutWatch ForBingLEFT ALIVE長谷川誠ジミ・ヘンドリックスBaby Xカート・コバーンロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスMagentaYouTubeダフト・パンクSFGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2HallucinationレコメンデーションJukeboxGTC2021CycleGANテンセントSIFTDCGANMOBADANNCE人事ハーバード大学研修デューク大学mynet.aiローグライクゲームNetHack人工音声NeurIPS 2021はこだて未来大学プレイ動画ヒップホップサイレント映画NBA環境音現代アートエージェント粒子群最適化法進化差分法群知能下川大樹ウィル・ライト高津芳希シムシティ大石真史BEiTレベルデザインDETRSporeデノイズ画像処理CPUGMAITRPGウィザードリィAI Dungeon西川善司サムライスピリッツゼビウスストリートファイター栗原聡山野辺一記大里飛鳥13フェイズ構造手塚眞不気味の谷Oculus Quest生体情報写真照明山崎陽斗立木創太スパーシャルAIGameGANパックマンソサエティ5.0SIGGRAPH 2020DIB-R3D広告

「人間とAIの共作」の可能性を追求したAI生成楽曲の最新事例

2021.4.30音楽

「人間とAIの共作」の可能性を追求したAI生成楽曲の最新事例

美空ひばりの歌声をよみがえらせた「AI美空ひばり」は、ファンが歓喜した一方で一部の音楽関係者からは「冒涜」と酷評されました。海外でも人間のアーティストの音源を使ったAI生成楽曲が制作されていますが、そのなかには人間を模倣あるいは復活させるというよりは人間とAIが共作して初めて可能な表現を追求したものがあります。この記事では、そうした人間とAIが共作した楽曲事例を紹介します。

27歳で逝去したミュージシャンたちが生きていたら…

音楽系メディアGuitar Worldは4月6日、AIが生成したアルバム「Lost Tapes of the 27 Club」が発表されたことを報じました。同アルバムを制作したOver The Bridgeは、音楽業界のメンタルヘルス増進を目的として設立された組織です。同アルバムの制作コンセプトは、タイトルが暗示しているように、27歳で逝去した多数のミュージシャンの楽曲を学習データとして利用して、彼らが生きていたら制作したかも知れない楽曲をAIが生成する、というものです。学習データとされたのは、ジミ・ヘンドリックス、ニルヴァーナのボーカリストだったカート・コバーン、エイミー・ワインハウスなどいずれも伝説的なミュージシャンばかりです。

同アルバムが制作された意図は、公開していたYouTubeチャンネルに掲載されています(2021年4月末時点では公開は終了)。その制作意図は、若くしてこの世を去ったミュージシャンたちをよみがえらせてファンを喜ばせたり、ましてや利益を得たりするためではありません。その真意はミュージシャンたちの「メンタルヘルスの危機によって失われたものを世界に示す」ためであり、「AIであっても本物(の楽曲)に取って代わることはできない」ことを実感してもらうことにありました。こうした事情から同アルバムのYouTubeでの公開期間は限定的だったのですが公開中はダウンロード販売もされて、その収益は音楽業界のメンタルヘルス増進のために使われました。

ちなみに、同アルバムの制作にはGoogleが開発した音楽生成AI「Magenta」が使われました。しかしながら、同アルバムの制作には多くの人手が加わっており、AIに「丸投げ」していたわけではない、と制作関係者はコメントしています。

「Lost Tapes of the 27 Club」の公式サイト

ダフト・パンクにオマージュを捧げたAI生成ミュージックビデオ

音楽系メディアedm.comは2月28日、2月22日に解散したエレクトロ系音楽デュオのダフト・パンクにオマージュを捧げたミュージックビデオについて報じました。「Voyager」というタイトルのこの動画で特筆すべきなのは、AIによって生成されたところです。同動画を制作したのは、多数の国際的なコンクールの受賞歴があるアイルランドで活躍するCGアーティストのGlenn Marshallです(同氏の詳細は公式サイトを参照)。

YouTubeで公開されている同動画の概要欄によると、同氏は動画生成AIにダフト・パンクを連想させる「ロボットヘッドギア」「ロボットヘッド」「ロボットディスコ」というテキストを入力として渡して、生成された動画はダフト・パンクが楽曲を提供した映画『トロン・レガシー』を彷彿とさせるように編集しました。

同動画の制作には動画生成AIの「Story2Hallucination」が使われました。このAIは、今年初めにOpenAIが発表した画像認識AI「CLIP(Contrastive Language–Image Pre-training:「言語と画像の対比的な事前学習」の略称)」を改変したものです。CLIP自体は画像を入力として与えると認識されたオブジェクト名を出力するAIなのですが、Story2HallucinationはCLIPの出力と入力を逆転させることでテキストを入力すると幻想的な画像を生成できるようにしたのです。

Marshall氏のYouTubeチャンネル「Glenn Marshall Neural Art」には、「Voyager」のほかにもシュールレアリスムの画家ダリにインスパイアされた動画や映画『ブレードランナー』の有名なオープニングシーンをリメイクしたものが公開されています。同チャンネルの概要に掲げられている同氏の制作上のモットーによれば、人間の記憶にもとづいた画像や人間が抱いている美や形式に関する観念には先入見が含まれているので、同氏は制作プロセスから積極的に自らの判断を取り除いてAIが生成するものをアート作品としている、とのこと。こうしたモットーから生まれた「ニューラルアート」は、人間のみで制作されたアート作品より純粋かつ完全とさえ言えるのです。

Story2HallucinationのGitHubページ

サンプリングをAIによる生成に置き換えた音楽系NFT

エンタメ系メディアHYPEBEASTは4月12日、音楽プロデューサーKeyon Christが発表した音楽系NFT「Black Skin Machine」について報じました。楽曲としてはヒップホップに分類される同NFTは、このジャンルの楽曲で伝統的な表現法であるサンプリングによって制作されました。同NFTがユニークなのは、サンプリング元となる楽曲がAIによって生成されたものであるところです。

サンプリング元となった「NO SOUL」は、アーティスト兼エンジニアのユニットDATABOTSが8,000人のヒップホップ・ミュージシャンの楽曲を学習データとして利用して、OpenAIが開発した音楽生成AI「Jukebox」で生成した楽曲です。このようにして生成された同楽曲には、人間が制作したそれに適用されるような著作権が存在しません。それゆえ、同楽曲のどのフレーズをサンプリングしても著作権侵害とならないのです。こうした同楽曲のタイトルは、AIが生成したので人間のソウル(魂)が宿っていないという意味にも解釈できます。そして、同楽曲をサンプリングして制作された音楽系NFTのタイトルが「Black Skin Machine(黒い肌の機械)」なのは、多数の黒人ヒップホップ・ミュージシャンを学習したAI(つまりは機械)から生成されたからのでしょう。

なお、NO SOULとBlack Skin MachineはAIを活用した創造的な楽曲制作事例として、2021年のNVIDIA主催の開発者会議で紹介されました。NO SOULのほかにも、DATABOTSの作品として「D.O.M.E」も発表されました。「Disproportionately Oversized Music Explorer(不釣合いに大き過ぎる音楽のエクスプローラー)」の頭文字をとったD.O.M.Eは、再生時間が12時間に及ぶNO SOULから任意のフレーズを視覚的に見つけて再生できるようにしたものです。

音楽生成AIは、楽曲の著作権ひいては人間の音楽的創造性を脅かしかねない存在であるのは否定しがたい事実です。しかし、こうしたAIを適切に活用すれば、以上に解説した楽曲のように音楽の新たな可能性が拓かれるのです。

Writer:吉本幸記、Photo by Marcus Neto on Unsplash 

RELATED ARTICLE関連記事

音楽業界のAI活用は3通り:デジタル音楽ジャーナリスト ジェイ・コウガミ氏に聞く

2019.7.05音楽

音楽業界のAI活用は3通り:デジタル音楽ジャーナリスト ジェイ・コウガミ氏に聞く

AI作曲家にノスタルジーは理解できるか:西木康智氏インタビュー

2021.3.31音楽

AI作曲家にノスタルジーは理解できるか:西木康智氏インタビュー

音楽業界とAI、その進化と新たな課題とは:デジタル音楽ジャーナリスト ジェイ・コウガミ氏に聞く

2021.1.19音楽

音楽業界とAI、その進化と新たな課題とは:デジタル音楽ジャーナリスト ジェイ・コ...

RANKING注目の記事はこちら