モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CG機械学習CGへの扉ディープラーニング安藤幸央GAN月刊エンタメAIニュース河合律子OpenAI音楽ニューラルネットワーク強化学習三宅陽一郎NVIDIA吉本幸記人工知能学会FacebookQA敵対的生成ネットワークスクウェア・エニックス森川幸人モリカトロンAIラボインタビュー自然言語処理ルールベースDeepMindキャラクターAIシナリオGoogleGPT-3大内孝子AIと倫理映画NFTグーグルStyleGAN自動生成倫理デバッグゲームプレイAIメタAICEDEC2019アートプロシージャルSIGGRAPH遺伝的アルゴリズムDALL-E深層学習マイクロソフトビヘイビア・ツリーCEDEC2021CEDEC2020ゲームAI不完全情報ゲームVRナビゲーションAI畳み込みニューラルネットワークCLIPロボットDALL-E2ディープフェイクGDC 2021JSAI2022VFXメタバースGDC 2019マルチエージェントボードゲームNPC画像生成テキスト画像生成懐ゲーから辿るゲームAI技術史CNNデジタルツインテストプレイモリカトロンUnityAIアート小説ファッション鴫原盛之HTN階層型タスクネットワークJSAI2020TensorFlowBERTAdobeMicrosoftイベントレポート対話型エージェントCEDEC2022著作権水野勇太アニメーションガイスターStyleGAN2toioソニーJSAI2021スポーツ研究シムピープルマンガ汎用人工知能マーケティングGDC SummerインタビューバーチャルヒューマンブロックチェーンMidjourneyアストロノーカNVIDIA OmniverseeスポーツAmazonロボティクスeSportsDQNBLUE PROTOCOLシーマンMinecraftアバターUbisoftGenvid TechnologiesAlphaZeroTransformerGPT-2カメラ環世界中島秀之哲学理化学研究所DARPAドローンシムシティバイアスMCS-AI動的連携モデルTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫スパーシャルAIElectronic ArtsメタデータLEFT 4 DEAD通しプレイOpenAI Five本間翔太CMピクサープラチナエッグイーサリアム作曲ボエダ・ゴティエビッグデータ中嶋謙互Amadeus Codeデータ分析Microsoft AzureキャリアナラティブアーケードゲームOmniverse ReplicatorWCCFレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimWORLD CLUB Champion FootballNVIDIA Isaac Simセガ柏田知大軍事サイバーエージェント田邊雅彦トレーディングカードトレカ音声認識PyTorchStable Diffusion眞鍋和子バンダイナムコスタジオaibo合成音声Meta齊藤陽介マインクラフトお知らせチャットボットサルでもわかる人工知能VAEOmniverseリップシンキングUbisoft La Forge自動運転車ワークショップメタ知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDAどうぶつしょうぎEpic Gamesジェイ・コウガミ音楽ストリーミングMIT徳井直生マシンラーニング5GRival Peakクラウド対話エンジン斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルコンピューティショナル・フォトグラフィーゴブレット・ゴブラーズ絵画AIりんなシミュレーション完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索対談藤澤仁生物学GTC 2022画像認識GTC2022StyleCLIPDeNA長谷洋平masumi toyota宮路洋一OpenSeaGDC 2022教育TextWorldSIGGRAPH ASIAMagentaSFELYZA PencilGTC2021CycleGANデータマイニングNetHackはこだて未来大学フェイクニュースエージェントRPGSIGGRAPH 2022AIボイスアクターNVIDIA CanvasImagenGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBS栗原聡モーションキャプチャーぱいどんテキスト生成ナビゲーションメッシュ松井俊浩バンダイナムコ研究所ELYZAフルコトELYZA DIGEST3D音声合成西成活裕Apex LegendsELIZA群衆マネジメントNinjaコンピュータRPGライブビジネスアップルタウン物語新型コロナKELDIC周済涛メロディ言語清田陽司ゲームTENTUPLAYサイバネティックスMARVEL Future FightAstro人工知能史タイムラプスEgo4DAI哲学マップバスキア星新一日経イノベーション・ラボStyleGAN-XL敵対的強化学習StyleGAN3階層型強化学習GOSU Data LabGANimatorWANNGOSU Voice AssistantVoLux-GAN竹内将SenpAI.GGProjected GANMobalyticsSelf-Distilled StyleGAN馬淵浩希Cygamesニューラルレンダリング岡島学AWS SagemakerPLATO映像セリア・ホデント形態素解析frame.ioUXAWS LambdaFoodly誤字検出森山和道認知科学中川友紀子ゲームデザインSentencePieceアールティLUMINOUS ENGINELuminous ProductionsBlenderBot 3パターン・ランゲージ竹村也哉Meta AIちょまどマーク・ザッカーバーグGOAPWACULAdobe MAX 2021自動翻訳MILE模倣学習AIライティングOmniverse AvatarAIのべりすとFPSNVIDIA RivaQuillBotマルコフ決定過程NVIDIA MegatronCopysmithNVIDIA MerlinJasperスタンフォード大学NVIDIA Metropolisパラメータ設計テニスバランス調整協調フィルタリング人狼知能テキサス大学AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotエージェントシミュレーションOpenAI CodexStarCraft IIHyperStyleMax CooperFuture of Life InstituteRendering with StyleメディアアートIntelDisney類家利直LAIKADisneyリサーチヴィトゲンシュタインRotomationGauGAN論理哲学論考GauGAN2京都芸術大学ドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデル不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021PromptBaseDota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチMitsuba2バンダイナムコネクサスソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所ユーザーレビューGTC2020CG衣装mimicNVIDIA MAXINEVRファッションBaidu淡路滋ビデオ会議ArtflowERNIE-ViLGグリムノーツEponym古文書ゴティエ・ボエダ音声クローニング凸版印刷Gautier Boeda階層的クラスタリングGopherAI-OCR画像判定JuliusSIE鑑定ラベル付けTPRGOxia Palus大澤博隆バーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt RecognitionSFプロトタイピングクーガー田中章愛実況パワフルサッカー石井敦銭起揚NHC 2021桃太郎電鉄茂谷保伯池田利夫桃鉄GDMC新刊案内パワサカマーベル・シネマティック・ユニバースコナミデジタルエンタテインメント成沢理恵MITメディアラボMCU岩倉宏介アベンジャーズPPOマジック・リープDigital DomainMachine Learning Project CanvasMagic Leap OneMagendaMasquerade2.0国立情報学研究所ノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャー石川冬樹サッカーモリカトロン開発者インタビュースパコン里井大輝Kaggle宮本茂則スーパーコンピュータバスケットボール山田暉松岡 聡Assassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターTSUBAME 1.0Sea of ThievesTSUBAME 2.0GEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMABCIモリカトロンAIソリューション富岳初音ミクOculusコード生成AISociety 5.0転移学習テストAlphaCode夏の電脳甲子園Baldur's Gate 3CodeforcesCandy Crush Saga自己増強型AISIGGRAPH ASIA 2020COLMAPADOPデバッギングBigGANGANverse3DMaterialGANRNNグランツーリスモSPORTReBeLグランツーリスモ・ソフィーGTソフィーVolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップRival PrakDGX A100VTuberユービーアイソフトWebcam VTuber星新一賞北尾まどかHALO市場分析将棋メタルギアソリッドVフォートナイトFSMRobloxナップサック問題Live Nation汎用言語モデルWeb3.0AIOpsSpotifyスマートコントラクトReplica StudioAWSamuseChitrakarQosmo巡回セールスマン問題ジョルダン曲線メディアMuZero政治クラウドゲーミングがんばれ森川君2号和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEsNightCafeインタラクティブ・ストリーミングLuis Ruizインタラクティブ・メディアポケモンCodexシーマン人工知能研究所東京工業大学Ludo博報堂ラップSIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代AIラッパーシステムARrinnaGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~FAIRSTCチート検出Style Transfer ConversationオンラインカジノRCPアップルRealFlowRinna Character PlatformiPhoneデジタルヒューマンDeep FluidsSoul MachinesMeInGameAmeliaAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースバーチャルキャラクターBCIGateboxLearning from VideoANIMAK予期知能逢妻ヒカリセコムユクスキュルバーチャル警備システムカント損保ジャパン上原利之ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者Siemensアルスエレクトロニカ2019品質保証StyleRigAutodesk逆転オセロニアBentley Systemsワールドシミュレーター奥村エルネスト純いただきストリートH100齋藤精一大森田不可止COBOL高橋智隆DGX H100ロボユニザナックDGX SuperPOD泉幸典仁井谷正充クラウドコンピューティングロボコレ2019Instant NeRFartonomousbitGANsぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward Architectureコミュニティ管理ウロチョロスSuper PhoenixSNSProject Malmoオンラインゲーム気候変動Project PaidiaEarth-2Project Lookoutマックス・プランク気象研究所Watch Forビョルン・スティーブンスBing気象モデルLEFT ALIVE気象シミュレーション長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題Baby Xカート・コバーンエコロジーロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsYouTubeダフト・パンクメモリスタGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換レコメンデーションJukebox松尾豊Veap JapanEAPテンセントSIFT福井千春DCGAN医療MOBADANNCEメンタルケア人事ハーバード大学Edgar Handy研修デューク大学Netflixmynet.aiローグライクゲーム東京大学東京理科大学人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所リザバーコンピューティングプレイ動画ヒップホップキャラクターモーションソニーマーケティングサイレント映画もじぱNBA環境音暗号通貨現代アートFUZZLEAlteration粒子群最適化法進化差分法オープンワールド群知能下川大樹AIFAウィル・ライト高津芳希P2E大石真史BEiTStyleGAN-NADAレベルデザインDETRゲームエンジンSporeUnreal Engineデノイズ南カリフォルニア大学Unity for Industry画像処理SentropyGLIDECPUDiscordAvatarCLIPSynthetic DataCALMプログラミングサム・アルトマンソースコード生成LaMDAGMAIシチズンデベロッパーSonanticTRPGGitHubCohereウィザードリィMCN-AI連携モデルマジック:ザ・ギャザリングAI DungeonUrzas.ai介護西川善司並木幸介Kikiサムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsTopaz Video Enhance AICozmoDLSSタカラトミー山野辺一記NetEaseLOVOT大里飛鳥DynamixyzMOFLINRomiU-Netミクシィ13フェイズ構造アドベンチャーゲームユニロボットADVユニボXLandGatoAGI手塚眞DEATH STRANDINGマルチモーダル不気味の谷Eric Johnson汎用強化学習AIデザインOculus Questコジマプロダクションロンドン芸術大学生体情報デシマエンジンGoogle BrainインディーゲームSound Control写真高橋ミレイSYNTH SUPER照明Maxim PeterKarl SimsJoshua RomoffArtnomeハイパースケープICONATE山崎陽斗深層強化学習立木創太松原仁浜中雅俊ミライ小町武田英明テスラ福井健策GameGANパックマンTesla BotNEDOTesla AI DayWikipediaソサエティ5.0SphereSIGGRAPH 2020バズグラフXaver 1000ニュースタンテキ養蜂東芝BeewiseDIB-R倉田宜典フィンテック投資韻律射影MILIZE広告韻律転移三菱UFJ信託銀行

トレカの累計出荷数10億枚を超えた『WCCF』シリーズの選手AIはこのように進化した:懐ゲーから辿るゲームAI技術史vol.5<後編>

2022.8.31ゲーム

トレカの累計出荷数10億枚を超えた『WCCF』シリーズの選手AIはこのように進化した:懐ゲーから辿るゲームAI技術史vol.5<後編>

2002年に登場し、全国各地のゲームセンターで大人気を博したサッカーゲーム『WCCF』こと『WORLD CLUB Champion Football』シリーズ。選手のトレーディングカードとビデオゲームを融合させる前代未聞のシステムを搭載した、本シリーズならではの選手AIはどのようにして作られたのでしょうか? 前編に引き続き、プロデューサーを務めた柏田知大氏、プログラマーの田邊雅彦氏にお聞きしました。

『WCCF』の筐体(※写真は2004年9月に稼働を開始したシリーズ第2弾『WCCF 02-03』)

——『WCCF 08-09』以降のシリーズではゴースト対戦だけでなく、異なる店舗にいるプレイヤー同士でもリアルタイムで対戦ができるようになりましたが、このタイミングでも選手AIのプログラムの改良、または大幅な調整などが実施されたのでしょうか?

柏田:いいえ。それほど大きくは変わっていなかったと思います。

田邊:大きな仕組みに変化はなくて、どちらかと言うとAIの調整はセーブして、リアルタイム対戦ができるようにサーバー側に固定したAIでチェックすることが必要になったので、そのバージョンに関してはあまり変更がなかったですね。

——つまり、AIのプログラムそのものというよりは、情報のやりとりの仕組みをリアルタイム対戦向けに作り変えたっていうことですね。

田邊:はい。モーションなどのデータを丸ごとやり取りすると容量をものすごく使ってしまうので、基本的にはお互いのキー入力だけを送り合って、双方で同じ計算が行われてるという前提で処理をしていました。

もしランダムや守備順、それからモーションの細かなズレなどがあった場合は、そのせいで同じキー入力をしたつもりでも試合結果がどんどん分かれると言いますか、別々の試合結果になってお互いに勝つような事態が起きますので、これをどれだけ抑制するかがすごく大変でしたね。

柏田:このときは、具体的にどんな対策を?

田邊:試合がズレた側のログを引っ張ってきたうえで、お互いの試合を再生しながら、どの瞬間にどの処理でズレずれたのかを毎回洗い出していました。ランダムの呼ばれ方が違うとか、モーションの選択のされ方が違っていたとか、ひとつずつ地道につぶしていました。

当時はログが店舗の筐体にしか入っていなかったので、そこから手元に吸い上げて実際に再現する仕組みを作るのがすごく大変でしたね。AI自体の調整は、クリティカルな部分には対応しながらも、ある程度の所までで留めておいたように思います。

——サーバーに各プレイヤーのプレイデータを保存できる機能を利用して、例えばプレイヤーごとの実績や、キー入力などでトレースしたプレイスタイルなどによって、選手AIが変化する要素もあったのでしょうか?

田邊:試合結果によってチームの成長度などは変わりますが、AIは基本的には変わりません。ほかに変わる要素は実況とかですね。

——キックオフ時のチーム紹介で「攻撃的なチームです」とか「現在、10試合連続で無失点記録を継続中」とか、色々な実況のボイスが流れましたよね。

田邊:そこでAIを色々と変えてしまうと、また試合ズレの問題が起きるんです。こっちのプレイヤーはこんな経歴ですとか、あっちのプレイヤーはこういう経歴を持っているとか、お互いの経歴はあまり見ていなくて、基本お互いのキー入力でしか通信をしませんから、もし経歴でAIが変わる場合は相手のAIと自分のAIとで違う動きが起きてしまうんです。

そこで、試合結果に影響しない範囲で、プレイヤーの実績によって何か見た目を変えるとなったときに、実況がちょうどいい落としどころになったのかなと思いますね。試合ではなくて、監督のその年俸に落ちたんで勝つ実績で読み方、例えば練習の時とかそういうとこに反映される感じですかね。

柏田:プレイヤー、つまり監督の能力みたいなものは、選手の育成度合いみたいな部分に反映されて、その育成の結果が試合に反映されるという1本の道ができているイメージですね。監督の能力が試合にも影響してしまうと、監督の能力にあたる範囲がものすごく広がってしまいますので。

育成の結果に加えて、監督の能力が試合に影響するとなると、試合への道筋が2つできてしまう、しかも大元はひとつなのに……ということになると、うまくコントロールすることができませんので、1 本にしようと考えて作りました。

2009年11月より稼働開始した『WCCF 08-09』の筐体

新シリーズ『WCCF FOOTISTA2019』以降のAI開発

——2019年から、新シリーズ『WCCF FOOTISTA2019』の稼働が始まりましたが、筐体もゲームシステムも一新されたことで、選手AIの構造もガラッと作り変えたのでしょうか?

柏田:いいえ。基本的には変わっていないですね。

田邊:今度からはUnreal Engine4を使うということで、まずは移植が大変でしたね。それまではC++で作っていたのですが、1度ブループリント側に落とし込まなければいけませんでした。それがとにかく大変で、味付けみたいなことを始めたのは移植が終わった後からでしたね。

以前は30フレームだったモーションが60フレームに変わったのですが、それだけでも意外と影響が大きくて、選手がボールを蹴れる範囲が60フレームになったらいきなり半分になったりしたので、そこを広げなきゃとか設定値を変えなきゃとか、まずはちゃんと動くようにすることを目指していました。

旧シリーズからソフトもハードもシステムを一新した『WCCF FOOTISTA2019』の筐体。2019年3月より稼働開始

——『FOOTISTA2019』以降のシリーズでは、カードのデザインもデータの見せ方もガラリと変わり、公式サイトやプレイヤーズサイトにログインすると、すべてのカードのパラメーターが見られるようにもなりましたよね。

柏田:はい。パラメーターすべて見られるようにしました。100種類ほど設定しておいたパラメーターのうち、以前にお話した「運」以外にも、そのタイミングで使っていなかったものがたくさんあったので、使ってもあまり意味がないものは基本的には排除して、ほぼリニューアルしたと考えていただければいいかなと思います。

できればプレイヤーの皆さんに対してちゃんと見せたい、ぜひ可視化したい思いもありましたので、説明をしやすくなるように考えて作りました。ただ、100種類もパラメーターを見せられた所で、それを処理するのは大変ですし、見せ方としてはちょっと失敗したかもしれませんが、なるべく説明が分かりやすい名前を付けたり解釈したりできるように意識しながら作っていました。

——旧『WCCF』シリーズのカードも、引き継ぎカードを作れば継続して使えるようになっていましたが、旧カードを新シリーズの仕様に合わせるうえで、何かご苦労なさったことはありますか?

田邊:パラメーターが一新されたことで、旧カードにも新しいパラメーターを割り振る必要が出てきました。過去のパラメーターは手打ちで入れることができませんので、そうすると新パラメーターを作ってもらった段階で、旧カードからもうまく変換できる仕組みですとか、自動生成とかを作る必要が出てきたので、当時の私はずっとこれにかかりっきりでした。移植や変換、ウェブ上でのツール作りなどは自分がやって、AIの調整などは後輩たちに任せていましたね。

——『WCCF』シリーズは、ほぼ毎年1回バージョンが大きく変わり、登場する選手カードもAIも変えていましたが、毎シーズンAIのプログラムを制作する期間は、大体何日ぐらいかかっていたのでしょうか?

田邊:シーズンの途中でVer.2.0とかが出るようになって、ほぼ半年に1回程度のペースで作っていましたから、およそ3か月ぐらいだった思います。まず市場での反応を見て、今後どうやって調整しようかとか、新カードのラインナップを見て「今回は、この選手が目玉になるな」とか、状況を見てどういう方向性にするのか、どんな要素を足していくかなど、まずは仕様を詰めていきました。

それから、リリースされるまでの間に約3か月の時間がありますので、そこで調整や変更を加えていくといった作り方を、半年ごとのペースで回していたように思いますね。

柏田:まとめますと、作り方は大きく前期と後期に分かれるようなイメージで、前期にあたる『WCCF 06-07』からしばらくの間、大体『WCCF 08-09』まではロールの4階層の仕組みを整えていた時期でした。『WCCF 09-10』あたりから『WCCF 18-19』までは「こんな要素を足して面白くしていこう」という方向にシフトしていきました。

私が現場でガッツリ作っていたのは前期のほうで、後期になってからは「ここまではやっておいたから、あとは面白くしてね」と、後進に託す立場になりました。前期の初めの頃はとにかく大変で、特に『WCCF 06-07』でチームスタイルのシステム作ったけれども、特定のチームスタイルひとつだけがすごく有効みたいなことになったので「次回は、そこをもっと平らにしよう」とか「ほかのチームスタイルも同じぐらい機能するように頑張ろう」とか、テーマを掲げながら改善を続けていました。

——今、バランス調整のお話が出てきましたが、ほかのソーシャルゲームなどでもバランスブレーカーになるカードが出てくることが往々にしてあるかと思います。『WCCF』シリーズではそれを防ぐためにどんな工夫していましたか?

柏田:先ほどお話した、ひとつのチームスタイルだけが有効になった例で言いますと「アーリークロス重視」という、自陣に近い位置からでもクロスを上げるようになって、ゴールゲッターにボールを合わせる戦術があったのですが、最初の頃はアーリークロスが出るとほぼゴールが決まってしまうので、そういうものが見付かった場合はその都度つぶしていました。

今であれば、多分キー入力のデータとかを全部取って機械学習をさせれば「あ、こういうチームスタイルだと勝ちやすいのか」と、どの要素がどれだけ影響しているのかを割り出して「このアーリークロス重視のままではダメだよね」などと調整していくとは思いますが、昔は地道と言いますか、本当に泥臭いやり方で対応していましたね。

田邊:今のスマホ用ゲームなどは、すぐにパッチや修正ができますけど、当時はROMをリリースするタイミングでしか修正ができなかったので、もし何か問題が見付かった場合は半年間、次のリリースまで我慢して待つしかありませんでした。途中から、外部ファイル化などの対応もしましたが、パラメーターを使って多少の調整は可能でも、AIそのものを直すのはまだ難しかったので、AIを途中で調整するのは最後まで実現できなかったですね。

昔のインターネットが普及していない時代は、その時々のゲームセンターごとに流行っている遊び方が噂としてプレイヤー間で伝わっていて、もしそれがリセットされたら、また新しい攻略法を探そうっていう遊び方が認められていた気がしますね。今、同じことをやるとナーフって言われちゃいますが(笑)。

『WCCF FOOTSTA』シリーズのMatch(試合)構造

——2009年に開催された日本デジタルゲーム学会の公開講座で、田邊さんが『WCCF』シリーズのAIをテーマにしたご講演を一度されていますよね。発表後、ほかのメーカーの開発者から注目されたり、あるいは別の学会などで評判が広がったりしたのでしょうか?

田邊:機械学習はしていなかったですし、あとはAIの学会自体が、一人称視点での経路探索とか敵を攻撃するとか、RPG的な分野がすごく広くて、先ほども説明した多人数での役割分担とか、その役割の中で誰が何をするのかとか、全員で 1 つのボールを目掛けてプレイするような考え方をやっている分野は、それほど多くはないんですね。ですから、何かこちらのほうからお伝えする機会は今までほとんどなかったように思います。社内では、新人が入ってきたときに勉強会用の資料を毎回作っていたら評価を受けたことはありました。

【講演資料】WCCF AIエンジニアリング:サッカーゲームAIの設計と実装(日本デジタルゲーム学会)

——シリーズ最後の作品である『WCCF FOOTISTA2021』は、今年の3月でサービス終了となりましたが、お二人が本シリーズ培ったAI構築のノウハウは、すでにほかのタイトルの開発にも応用されているのでしょうか?

田邊:今は『ファンタ―シースターオンライン2 ニュージェネシス』で、AIというよりは裏方みたいな仕事をしています。地形データからAIやプレイヤーに渡すための、地面に埋め込むデータの作成に関わっています。ここから攻撃ができるよとか、ここは飛び降りることができますよとか、そういったデータですね。

運営側の目線で「今はこうだけど、いずれはここを改善していこう」などと長期的な見方ができるようになったのは、『WCCF』シリーズでの経験がすごく生きたからだと思いますね。バグを我慢する耐性もふくめて(笑)。

柏田:私は家庭用ゲームのセールで割引率を何パーセントにするのが最適なのかを機械学習で予測したりとか、アーケードゲームでプレイ人数は何人になるのか、どのタイミングで離脱するのかなどの予測モデルをたくさん構築したりですとか、今までとは全然違うビジネス寄りの仕事が多いですね。

取材を終えて:アーケードゲームとして、さらにトレーディングカードを融合させて遊ぶ独創的なゲームとして、およそ20年間も作り続けた『WCCF』シリーズの選手AIは、おそらく世界中どこを探しても誰も持っていない、極めて貴重な財産であることはおそらく間違いないでしょう。今年3月にサービスが終了したばかりということもあり、本シリーズのAI開発のノウハウが、別タイトルや他の分野に応用される所までは進んでいないとのことでしたが、今後はサッカーゲームに限らず、本シリーズのAIの仕組みがあらゆるゲーム開発の発展に寄与することを大いに期待したいですね。

Writer:鴫原盛之​​

RELATED ARTICLE関連記事

大森田不可止氏が語る『いただきストリート』に実装されたキャラクターAI:懐ゲーから辿るゲームAI技術史vol.3

2021.4.28ゲーム

大森田不可止氏が語る『いただきストリート』に実装されたキャラクターAI:懐ゲーか...

ゲーム運営をディープラーニングでサポートするYOKOZUNA dataの全貌

2019.6.21ゲーム

ゲーム運営をディープラーニングでサポートするYOKOZUNA dataの全貌

Ubisoft La Forgeの研究成果が示すゲームにおける機械学習の未来

2019.6.04ゲーム

Ubisoft La Forgeの研究成果が示すゲームにおける機械学習の未来

RANKING注目の記事はこちら