モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
機械学習ディープラーニングCGCGへの扉GAN強化学習ニューラルネットワークモリカトロンAIラボインタビュー三宅陽一郎月刊エンタメAIニュースQA音楽敵対的生成ネットワークCEDEC2019デバッグOpenAIスクウェア・エニックスCEDEC2020ゲームAI不完全情報ゲーム深層学習シナリオAIと倫理ビヘイビア・ツリーNVIDIA映画SIGGRAPHGDC 2019VRキャラクターAIボードゲームルールベースグーグルDeepMindFacebookVFX遺伝的アルゴリズムメタAI畳み込みニューラルネットワークロボットファッションGoogleStyleGANプロシージャルJSAI2020人工知能学会イベントレポート森川幸人水野勇太ガイスターマイクロソフトtoioCNNTensorFlowGDC SummerモリカトロンマルチエージェントナビゲーションAIeSports小説自然言語処理AlphaZero環世界中島秀之アートHTN階層型タスクネットワークスポーツ自動生成研究ディープフェイクDARPAGPT-3メタデータOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus Codeキャリアテストプレイeスポーツ音声認識PyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオBLUE PROTOCOLシーマンUnity齊藤陽介お知らせサルでもわかる人工知能ワークショップGenvid Technologies知識表現IGDAどうぶつしょうぎCLIPジェイ・コウガミ音楽ストリーミングマシンラーニングクラウドカメラ完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦藤澤仁生物学長谷洋平懐ゲーから辿るゲームAI技術史masumi toyota河合律子宮路洋一SIGGRAPH ASIAソニーフェイクニュースドローンシムピープルGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSぱいどんTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫汎用人工知能Electronic ArtsマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン通しプレイ階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータMicrosoftMicrosoft Azureアストロノーカ模倣学習ナラティブFPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションゲームプレイAIStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelロボティクスLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMCマインクラフト成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープAIアートMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020VAEデバッギングBigGANアニメーションMaterialGANリップシンキングRNNUbisoftReBeLUbisoft La Forge自動運転車VolvoRival Prakウォッチドッグス レギオンユービーアイソフトNPC北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMDALL-Eナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioStyleGAN2amuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミング斎藤由多加インタラクティブ・メディアリトル・コンピュータ・ピープルシーマン人工知能研究所コンピューティショナル・フォトグラフィーLudoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGPT-2GROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ウェイポイントユクスキュルパス検索カント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER画像認識西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPDeNAStyleRig逆転オセロニアNFT奥村エルネスト純齋藤精一高橋智隆鴫原盛之ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019安藤幸央ぎゅわんぶらあ自己中心派意思決定モデルウロチョロス理化学研究所教育LEFT ALIVE長谷川誠Baby Xロバート・ダウニー・Jr.YouTubeSFThe Age of A.I.レコメンデーションテンセントMOBA人事研修mynet.ai人工音声プレイ動画NBA群知能ウィル・ライトシムシティレベルデザインSporeデノイズ画像処理CPUGMAITRPGウィザードリィAI Dungeon西川善司サムライスピリッツゼビウスストリートファイター栗原聡山野辺一記大里飛鳥マンガ13フェイズ構造手塚眞不気味の谷Oculus Quest生体情報写真照明山崎陽斗立木創太松井俊浩スパーシャルAIGameGANパックマンソサエティ5.0SIGGRAPH 2020DIB-R3D広告

よりリアルに人間らしく。進化するNPC開発の最前線

2020.12.28ゲーム

よりリアルに人間らしく。進化するNPC開発の最前線

RPGで登場するNPC(Non Player Character)は、このジャンルの進化に合わせて複雑に行動できるようになりました。こうしたNPCの進化を語る上で欠かせないのが、AI技術です。というのも、NPCに高度な演出が要求されるに伴い、複雑な状況に対応できるAIが制御するようになったからです。この記事では、NPC開発の歴史を簡単に振り返った上で、最新ゲームにおけるNPC開発事例を紹介します。

NPC開発の基本と現状

ユービーアイソフトシンガポールは2019年12月、NPC開発の歴史をまとめたブログ記事を公開しました(厳密にはユービーアイソフト本社が公開した仏語の記事を翻訳したもの)。今日のNPC開発につながるアイデアとして、1990年代から使われていた有限状態機械(’Finite State Machine’、以後「FSM」と略記)が知られています。FSMは、NPCの振舞いを状態の遷移として定義します。例えば、番兵NPCの状態は、プレイヤーキャラクターが遠いときは「監視」、近づいてきたら「攻撃」と定義できます。NPCは、FSMによって定義された複数の状態を循環するようにして行動することになります。

FSMと並ぶNPC開発の基本手法として知られているのが、ビヘイビア・ツリーです。2004年頃に『HALO』シリーズに導入されたこのアイデアは、NPCが何らかの行動を選択する構造を定義します。具体的には、行動のトリガーとなるイベントとイベントから帰結する行動を分岐木として記述していきます。行動ツリーを使うと条件分岐を視覚的にわかりやすく表現できるため、NPCの行動を定義する手法として急速に普及しました。

NPC開発手法として近年台頭したのが、強化学習です。この手法は、何らかの目標を達成した場合に報酬を与えられるように設定されたNPCが、報酬を最大化するように行動するというものです。この手法が使われた事例として、『メタルギアソリッドV』があります。敵役のNPCは頭ばかり撃たれると、ヘルメットを被るようになります。この事例では「プレイヤーを倒す」という報酬が減らないように、戦術を最適化したと言えます。

現在ではさまざまな手法を組み合わせてNPCを開発していますが、開発手法が進化しても変わらない基本原則があります。それは、「NPCはプレイヤーより賢くなり過ぎない」ことです。NPCはあくまで脇役であり、プレイヤーが活躍する機会を奪ってしまうほどに強くなってはならないのです。

プレイヤーとNPCの垣根を壊す『ウォッチドッグス レギオン』

NPCは、その定義からしてプレイヤーが操作しないものです。しかし、2020年10月29日にリリースされた『ウォッチドッグス レギオン』は、プレイヤーとNPCの間にある垣根を壊すようなゲームシステムを採用しています。架空の現代ロンドンが舞台となった同ゲームは、テロ集団と戦うためにプレイヤーがNPCをスカウトします。スカウトしたNPCはプレイヤーが操作するキャラクターとなり、さまざまなスキルを使ってミッションをクリアします。

ウォッチドッグス レギオンを特集したテック系メディアPCMagが公開した2020年10月の記事によると、NPCにはそれぞれに生活リズムがあり、行動原理も異なります。例えば、あるNPCの仲間を倒すと、そのNPCはプレイヤーに敵対的に振舞うようになります。こうした生活リズムの設定にはFSMの手法が使われ、行動原理は行動ツリーによって設定されていると推測されます。

ウォッチドッグス レギオンが独創的なのは、プレイヤーとロンドンのあいだの社会的関係をもゲームで再現しているところです。同ゲームで採用されているセンシスシステム(「センシス(Census)は国勢調査を意味する英単語」)は、プレイヤーと特定のNPC集団の関係を決定するものです。具体的には、プレイヤーがある地区で暴力的な行動を繰り返すと、その地区におけるプレイヤーの評判が下がり、NPCをスカウトするのが難しくなります。このシステムは、心理学で論じられる群集心理をゲームに実装したものとも見れます。

ウォッチドッグス レギオンは、プレイヤーとNPCの関係をミクロレベルとマクロレベルの両面からリアルに表現していると言えるでしょう。

「常識」を教える必要があった『Rival Peak』のNPC

Facebookが2020年12月1日に発表したリアリティ番組『Rival Peak』では、NPCに関する野心的なアイデアが試みられています。同番組は、12人の出演者が森のなかでサバイバルする様子を視聴する番組です。単なるリアリティ番組との相違点は、視聴者が番組の進行に影響を及ぼせるインタラクティブなところです。例えば、視聴者が特定の出演者を応援すると、クラフト作業速度が上がったりします。もうひとつの相違点は、出演者はすべてAIで駆動するNPCであるところです。

Rival Prakに使われているミドルウェア「Genvid SDK」を提供するGenvid Technologiesが公開しているブログ記事では、AIに関する開発秘話が紹介されています。そうした秘話のなかには、サバイバルをリアルに再現するためにNPCがさまざまに行動できるようにした結果、開発初期に以下のような問題が生じたというものがあります。

・空腹になるとほかのNPCを殺して食べてしまった(カニバリズムの発生)。

・水筒を持っているにも関わらず、水たまりに直接口をつけて飲んでいた。

・カニバリズムを回避するために、(動物から)食べる肉を取り出せるという設定を追加したところ、NPC自身を殺して食べようとした。

以上のような問題は、AIに大きな行動の自由を与えたために生じたと考えられます。実のところ、AIはさまざまな可能性のなかから問題解決に必要な知識や行動を絞り込むことを苦手としています。こうしたAIの弱点はフレーム問題と呼ばれており、いまだに決定的な解決策がないのです。人間も日々フレーム問題に直面していると考えられますが、人間の場合には「常識」のような考える枠組みがあるので、あまりに突飛な行動を選択したり、行動不能に陥ったりせずに生きています。

対してAIは、人間であれば説明しなくても心得ている常識をすべて教える必要があります。それゆえ、Rival Peak開発時には以上のようなAIの「非常識な」行動が観察されるたびに、道徳的タブーに相当するものを実装していきました。

Rival Peakは野心的なアイデアを試みているがゆえに、今後もAIに予期せぬトラブルが生じると予想されます。しかし、そうしたトラブルをひとつずつ解決して行けば、より「人間らしい」AIが実現して、NPCの疑似的な心として駆動することでしょう。

Writer:吉本幸記、Image by Ubisoft

RELATED ARTICLE関連記事

三宅陽一郎が語る、ウィル・ライトとシムシティの思想:懐ゲーから辿るゲームAI技術史vol.1

2020.3.06ゲーム

三宅陽一郎が語る、ウィル・ライトとシムシティの思想:懐ゲーから辿るゲームAI技術...

80年代の秋葉原カルチャーから生まれたゲームAIの萌芽:『ゲームAI技術入門』刊行記念特別対談レポート(前編)

2019.11.18ゲーム

80年代の秋葉原カルチャーから生まれたゲームAIの萌芽:『ゲームAI技術入門』刊...

AIを”嘘つき”に育てるために:「すごろくや祭」AIゲーム対戦ブースレポート

2019.8.13ゲーム

AIを”嘘つき”に育てるために:「すごろくや祭」AIゲーム対戦ブースレポート

RANKING注目の記事はこちら