モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
ディープラーニング機械学習CGCGへの扉安藤幸央GANニューラルネットワーク月刊エンタメAIニュース強化学習三宅陽一郎モリカトロンAIラボインタビュー敵対的生成ネットワーク音楽OpenAIQAスクウェア・エニックス河合律子シナリオNVIDIAデバッグキャラクターAICEDEC2019プロシージャルDeepMind人工知能学会Facebookルールベースビヘイビア・ツリーGoogleCEDEC2020ゲームAI映画SIGGRAPH遺伝的アルゴリズム不完全情報ゲームメタAIナビゲーションAI畳み込みニューラルネットワーク深層学習マイクロソフトAIと倫理グーグルGDC 2021GDC 2019マルチエージェントVR森川幸人ボードゲーム自然言語処理ロボットStyleGAN自動生成GPT-3CNNVFXモリカトロンゲームプレイAIファッションHTN階層型タスクネットワークJSAI2020Microsoftイベントレポート水野勇太アニメーションガイスターNPCCLIPアートtoio吉本幸記JSAI2021スポーツディープフェイク汎用人工知能CEDEC2021TensorFlowGDC SummerテストプレイeSportsBLUE PROTOCOL小説DALL-EStyleGAN2AlphaZeroカメラ環世界中島秀之懐ゲーから辿るゲームAI技術史研究DARPAドローンシムピープルAI美空ひばり手塚治虫メタデータ通しプレイOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoft Azureキャリアナラティブeスポーツ対話型エージェント音声認識ロボティクスPyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオシーマンUnity齊藤陽介マインクラフトお知らせAIアートサルでもわかる人工知能VAEUbisoftUbisoft La ForgeワークショップGenvid Technologies知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDAどうぶつしょうぎジェイ・コウガミ音楽ストリーミングマシンラーニングクラウドリトル・コンピュータ・ピープルコンピューティショナル・フォトグラフィーGPT-2完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索藤澤仁生物学画像認識DeNANFT長谷洋平鴫原盛之masumi toyota宮路洋一TextWorldSIGGRAPH ASIAソニーCycleGANフェイクニュースシムシティGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSマンガぱいどんTEZUKA2020ナビゲーションメッシュ松井俊浩スパーシャルAIElectronic Artsマーケティング大内孝子Apex LegendsELIZANinjaコンピュータRPGアップルタウン物語KELDICゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータアストロノーカ模倣学習FPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMC成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020デバッギングBigGANMaterialGANリップシンキングRNNReBeL自動運転車VolvoRival Prakユービーアイソフト北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioamuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミング斎藤由多加インタラクティブ・メディアシーマン人工知能研究所Ludoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ユクスキュルカント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPStyleRig逆転オセロニア奥村エルネスト純いただきストリート齋藤精一大森田不可止高橋智隆ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward ArchitectureウロチョロスSuper Phoenix理化学研究所Project Malmo教育Project PaidiaProject LookoutWatch ForBingLEFT ALIVE長谷川誠ジミ・ヘンドリックスBaby Xカート・コバーンロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスMagentaYouTubeダフト・パンクSFGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2HallucinationレコメンデーションJukeboxGTC2021テンセントSIFTDCGANMOBADANNCE人事ハーバード大学研修デューク大学mynet.aiローグライクゲームNetHack人工音声NeurIPS 2021はこだて未来大学プレイ動画ヒップホップサイレント映画NBA環境音現代アートエージェント粒子群最適化法進化差分法群知能下川大樹ウィル・ライト高津芳希大石真史BEiTレベルデザインDETRSporeAIボイスアクターデノイズ南カリフォルニア大学画像処理NVIDIA CanvasSentropyCPUDiscordCALMプログラミングソースコード生成GMAIシチズンデベロッパーTRPGGitHubウィザードリィMCN-AI連携モデルAI DungeonMCS-AI動的連携モデル西川善司並木幸介サムライスピリッツ森寅嘉ゼビウスSIGGRAPH 2021ストリートファイター半導体Topaz Video Enhance AI栗原聡DLSS山野辺一記NetEase大里飛鳥DynamixyzモーションキャプチャーU-Net13フェイズ構造アドベンチャーゲームADVXLandAGI手塚眞DEATH STRANDING不気味の谷Eric JohnsonOculus Questコジマプロダクション生体情報デシマエンジンインディーゲーム写真高橋ミレイ照明Maxim PeterJoshua Romoffハイパースケープ山崎陽斗深層強化学習立木創太バンダイナムコ研究所ミライ小町テスラGameGANELYZAパックマンTesla BotTesla AI Dayソサエティ5.0ELYZA DIGESTSIGGRAPH 2020バズグラフニュースタンテキ東芝DIB-R倉田宜典3D音声合成韻律射影広告韻律転移

【GDC Summer】AI分析ツールを活用したプレイヤーのペルソナ特定とゲーム離脱防止策

2020.8.17ゲーム

【GDC Summer】AI分析ツールを活用したプレイヤーのペルソナ特定とゲーム離脱防止策

2020年8月4日〜6日(現地時間)、ゲーム開発者の世界的会議GDC Summerがオンラインで開催されました。4日に行われたセッション「ゲームプレイヤーをモチベートするためのAIを開発する:MARVEL Future Fightの事例から」では、ゲームからの離脱を防止するAI分析ツールであるTENTUPLAYを活用事例が紹介されました。

ゲーム離脱のメカニズムとTENTUPLAYの役割

『MARVEL Future Fight』のように多彩な魅力を持ったゲームに対して、各プレイヤーはさまざまな期待を寄せています。MARVELのキャラクターを操作するのが好きなプレイヤーであれば、お気に入りのキャラクターを操作してプレイできることを期待し、アクションゲームをプレイすることが好きなプレイヤーは、ステージクリアやハイスコアを達成することから得られる充実感に期待を寄せています。このようにプレイヤーがゲームに抱く期待は多種多様ですが、期待がかなえられなくなった時、ゲームプレイから離脱するという点は共通しています。それゆえ、ゲームからの離脱を防止するには、プレイヤーの期待を適切にかなえる施策が重要となります。

韓国に本拠地をおくTentuPlayは、プレイヤーのゲームプレイの傾向からペルソナと呼ばれるプレイヤーのグループを抽出した上で、ペルソナごとにゲームからの離脱を防止する施策を提案するAI分析ツール「TENTUPLAY」を開発・提供しています。GDC Summerのセッションでは、同社のCOOであるHyeyon Kwon氏が、同ツールを使ってMARVEL Future Fightのプレイヤーがゲームから離脱するのを防止した事例を解説しました。

コレクターにはレベルアップ支援が有効

ゲームからの離脱を防止する施策を立案するためには、はじめにプレイヤーのペルソナを抽出する必要があります。TENTUPLAYを使うと、MARVEL Future Fightのプレイにおける「プレイしているキャラクターの多様性」「集めているキャラクターの多様性」「集めているキャラクターのレベル」という評価軸上に各プレイヤーをプロットすることができます。こうしたプロットの結果、ハイレベルなキャラクターを集めている「ハードコア・コレクター」と低レベルのキャラクターを集めている「カジュアル・コレクター」というふたつのペルソナを発見しました。

ゲームに対する忠誠度が高いペルソナは、プレイ時間が長いハードコア・コレクターです。このゲーム運営の上で重要なペルソナの離脱を防止するためには、このペルソナに属するプレイヤーの期待に応える施策を実行することが求められます。ハードコア・コレクターがゲームに期待しているのは、ハイレベルなキャラクターを数多く集めることです。MARVEL Future Fightのゲームシステムにおいては、ハイレベルなキャラクターを集めるためには、キャラクターのレベルを上げる必要があります。したがって、ハードコア・コレクターの離脱を防止する有効な施策は、このペルソナに属するプレイヤーがプレイするキャラクターのレベルを上がりやすくすることと考えられます。この施策を実行するために、TENTUPLAYを使ってハードコア・コレクターに「コレクションの進捗状況」「レベルアップしやすいキャラクター」「レベルアップに役立つアイテム」を表示する画面を追加するようにしました。

以上のような施策の結果、ハードコア・コレクターがプレイするキャラクターのレベルアップスピードが向上し、任意の日における登録プレイヤー数に対する実際にプレイしているプレイヤー数の割合を意味するリテンションも向上しました。

スマート&ビージーにはゲーム内通貨の供給を

ハードコア・コレクターのほかにMARVEL Future Fightにおける代表的なペルソナには、「スマート&ビージー」というものがあります。このペルソナに属するプレイヤーの特徴は、積極的かつ効率的にアイテムを活用して、ゲームプレイ時間をより少なくするプレイを好むところにあります。

こうした「効率的にゲームをプレイする」傾向から、スマート&ビージーなプレイヤーはゲームシステムを熟知しているハードコアなプレイヤーと推測できます。実際、このペルソナに分類されるプレイヤーのリテンションを調べたところ、平均より高いことがわかりました。リテンションが高いことからスマート&ビージーに属するプレイヤー層はゲームへの忠誠心が高いと言えるので、こうしたプレイヤーのゲームからの離脱を防止するのはゲーム運営の上で重要となります。

スマート&ビージーなプレイヤーがゲームに期待しているのは「効率的なプレイ」であり、そうしたプレイを実現するためには積極的にアイテムを消費する必要があります。アイテムを消費し続けるためにはゲーム内通貨が必要なので、スマート&ビージーなプレイヤーがゲームから離脱するのを防止するには、ゲーム内通貨をより多く獲得できるようにすること、と考えることができます。この想定にしたがって、スマート&ビージーなペルソナに対して、プレイの進捗状況、ゲーム内通貨をより多く獲得できるゲームコンテンツの紹介、そしてゲーム内通貨をすばやく購入できるように導線を改善するといった施策をTENTUPLAYを使って実行しました。その結果、このペルソナに属するプレイヤーのゲーム内通貨の購入とリテンションが向上しました。

ゲームジャンルとプラットフォームを超えて

Hyeyon Kwon氏のセッションでは、MARVEL Future Fightの事例の他に工場でヒーローを作ってモンスターを狩るモバイルゲーム『ヒーローファクトリー』の事例も紹介されました。このゲームのプレイ分析においては、ペルソナごとのリテンションに加えて、1日に視聴する広告動画数もペルソナごとに集計しました。この集計からは、例えばプロゲーマーは広告動画を多く視聴していることがわかります。それゆえ、プロゲーマーが好むような商品に関する広告を流したほうがより効果的なのではないか、という仮説を立てることもできます。

広告動画の視聴数をまとめたグラフには、「スマート&ビージー」というペルソナがふくまれています。TENTUPLAYが抽出するペルソナは、特定のゲームにだけ通用するものではなく、ゲームジャンルやプラットフォームを超えて運用できるものなのです。同ツールには28のペルソナが用意されており、さまざまなタイプのゲームに対応しています。実際、SteamにPCゲームを配信する予定のゲームスタジオが同ツールを導入した事例もあります。

TENTUPLAYのSDKは公式サイトからダウンロードできます。このSDKは、メジャーなゲームエンジンのひとつであるUnityに組み込んだら使用可能となります。Unityに組み込んだ後、ゲームデータを収集するポーズを挿入するだけでペルソナの分類ができるようになります。

以上のようにAIはゲーム開発だけではなく、ゲームの運営を改善する目的でも活用されています。ゲーム運営にAIを活用するメリットは、ペルソナの抽出のような分類作業を人間の主観に頼ることなく、素早く客観的に実行できるところにあります。今後はTENTUPLAYのようなAI分析ツールが数多く開発され、安価で利用できるようになるでしょう。

Writer:吉本幸記

RELATED ARTICLE関連記事

ゲームAIのこれまでとこれから:三宅陽一郎氏×森川幸人氏 対談(前編)

2019.4.26ゲーム

ゲームAIのこれまでとこれから:三宅陽一郎氏×森川幸人氏 対談(前編)

ゲーム開発コスト削減の鍵となるのは「外のAI」である:三宅陽一郎氏×森川幸人氏 対談(後編)

2019.5.07ゲーム

ゲーム開発コスト削減の鍵となるのは「外のAI」である:三宅陽一郎氏×森川幸人氏 ...

データドリブンとモジュール性に貫かれた『BLUE PROTOCOL』のAIフィロソフィー

2021.3.22ゲーム

データドリブンとモジュール性に貫かれた『BLUE PROTOCOL』のAIフィロ...

RANKING注目の記事はこちら