モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
機械学習ディープラーニングCGCGへの扉GANニューラルネットワークモリカトロンAIラボインタビュー強化学習三宅陽一郎CEDEC2019QAスクウェア・エニックス音楽CEDEC2020ゲームAIデバッグ深層学習シナリオGDC 2019不完全情報ゲームボードゲームAIと倫理VFX映画SIGGRAPH遺伝的アルゴリズムVRメタAIキャラクターAIロボットファッションルールベースビヘイビア・ツリーグーグルNVIDIADeepMind月刊エンタメAIニュースJSAI2020人工知能学会イベントレポートOpenAI敵対的生成ネットワークガイスター畳み込みニューラルネットワークGDC SummerモリカトロンマルチエージェントナビゲーションAI小説AlphaZeroマイクロソフト中島秀之アートtoioGoogle自動生成研究ディープフェイクDARPACNNメタデータTensorFlowCM倫理Amadeus Code音声認識eSports眞鍋和子シーマン齊藤陽介お知らせ水野勇太サルでもわかる人工知能ワークショップ知識表現IGDAどうぶつしょうぎマシンラーニングクラウド完全情報ゲーム藤澤仁長谷洋平宮路洋一HTN階層型タスクネットワークStyleGANプロシージャルスポーツフェイクニュースGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSぱいどんTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫汎用人工知能Electronic ArtsFacebookマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン通しプレイ階層型強化学習WANNOpenAI Five竹内将本間翔太馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUXピクサー認知科学ゲームデザインAdobeLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージ作曲ちょまどビッグデータ中嶋謙互MicrosoftMicrosoft Azureアストロノーカキャリア模倣学習テストプレイナラティブFPSマルコフ決定過程eスポーツスタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションゲームプレイAIStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelロボティクスLAIKARotomationPyTorchドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索DQNソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツバンダイナムコスタジオゴティエ・ボエダBLUE PROTOCOLGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusTPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントクーガー石井敦茂谷保伯森川幸人成沢理恵マジック・リープMagic Leap Oneノンファンジブルトークン里井大輝GEMS COMPANY初音ミク転移学習デバッギングアニメーションリップシンキングUbisoftUbisoft La Forge北尾まどか将棋ナップサック問題ジェイ・コウガミ音楽ストリーミングSpotifyReplica Studioamuse5Gクラウドゲーミング和田洋一Stadia対話エンジン斎藤由多加シーマン人工知能研究所ゴブレット・ゴブラーズSIGGRAPH 2019ARAIりんなアップルiPhoneカメラAIGraph環世界予期知能ウェイポイントパス検索ドラゴンクエストPAIR画像認識アルスエレクトロニカ2019DeNA逆転オセロニア奥村エルネスト純齋藤精一高橋智隆ロボユニ泉幸典ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派意思決定モデルウロチョロス理化学研究所教育SIGGRAPH ASIALEFT ALIVE長谷川誠Baby Xロバート・ダウニー・Jr.YouTubeSFThe Age of A.I.レコメンデーションソニーテンセントMOBA人事研修mynet.ai人工音声プレイ動画NBAドローン群知能ウィル・ライトシムシティシムピープルレベルデザインSporeデノイズ画像処理CPUGMAITRPGウィザードリィAI Dungeon西川善司サムライスピリッツゼビウスストリートファイター栗原聡山野辺一記大里飛鳥マンガ13フェイズ構造手塚眞不気味の谷Oculus Quest生体情報写真照明山崎陽斗立木創太松井俊浩スパーシャルAIGPT-3GameGANパックマンソサエティ5.0SIGGRAPH 2020DIB-R3D広告

モデルの性格を見抜いて肖像画を生成するAI画家:月刊エンタメAIニュース vol.7

2020.7.28先端技術

モデルの性格を見抜いて肖像画を生成するAI画家:月刊エンタメAIニュース vol.7

エンタメにおいてもAIは日進月歩で進歩しており、新しい研究成果や試みが次々と発表されています。こちらの連載では、過去1か月間、主に海外で公開された注目すべきゲームAIやエンタメAIに関連したニュース、論文などを紹介していきます。 

DeepMind、ゲームプレイAIの新たなテーマにディプロマシーを選定

テック系メディア『TechRepublic』は6月22日、DeepMindがボードゲーム『ディプロマシー』をテーマにしたゲームプレイAIに関する論文を発表したことを報じました。同ゲームは、7人のプレイヤーが参加する一種の戦略ゲームです。各プレイヤーは第一次世界大戦前のヨーロッパ列強のうちの一国を担当し、陸軍と海軍を意味する駒を動かして、ボード上にある34の補給地のうち18ヶ所を占領したプレイヤーが勝利します。各プレイヤーの駒は同時に動かす上に勝利者は1人なので、相手の動きを読んで協調したり裏切ったりする心理的駆け引きが重要となります。

DeepMindが発表した論文によると、ディプロマシーをプレイするゲームプレイAIのアルゴリズムには、強化学習のなかでもポリシー反復(Policy Iteration:略してPI)を基礎としたものが採用されました。このアルゴリズムの基本コンセプトは、常に前回の選択から得られる結果を上回るような選択を探索するというものです。実際には、PIを発展させた仮想的プレイポリシー反復のバージョン2(Fictitious Play Policy Iteration-2:略してFPPI-2)が使われました。このアルゴリズムは、対戦相手の動きを過去の対戦から推測した上でベストな選択を探索し続けるものです。FPPI-2を使った結果、先行研究より優れた成績を上げることに成功しました。

以上のようなディプロマシーをプレイするAIの研究は、現実の世界で頻繁に起こる競争と協調をめぐる駆け引きをAIで実現することにつながると考えられます。

なお、今回の研究ではディプロマシー最大の特徴である「駒を動かす前にプレイヤーは対戦相手と口頭で外交交渉できる」というルールを省略した「No-Press」の条件で行われました。しかしながら、今回発表した論文の結論では、長期的な目標として外交交渉できるAIの実現が掲げられています。

人間の性格を反映した肖像画を生成するAI画家

テック系メディア『Tech Xplore』は7月1日、描く対象となる人間の性格を反映した肖像画を生成するAI画家に関する研究について報じました。このAI画家を発表したカナダ・バンクーバーにあるサイモンフレーザー大学のiVizラボは、詩や絵画のような芸術作品をAIによって生成することを研究しています。

優れた肖像画家は写実的に肖像画を描くのではなく、描く人間の性格上の特徴が見てわかるように描くものです。彼らには性格を見抜く能力と、見抜いた性格を肖像画として視覚化する能力が備わっているのです。こうした肖像画家をAIで再現するにあたり、iVizラボは人間の感情を認識するAIと、認識した感情を顔の特徴として表出するAIを統合するというアプローチを採用しました。

完成したAI画家は、ディスプレイに表示された中年男性として描かれる人に現れます。描かれる人は、この男性が発する質問に答えていきます。この質問の内容と質問に答える時の声の調子や顔の表情から、描かれる人の性格を推測します。性格の推測にあたっては、性格を5つの要素から説明するビックファイブが使われています。推測された性格は、Googleが発表した画像生成AI「Deep Dream」を改良したものを使って肖像画に反映させます。

以上のような感情認識AIと画像生成AIの統合技術は、RPGにおけるキャラクターメイキングやNPCの感情に即したグラフィック表現などに応用可能だと考えられます。

参考論文:Empathic AI Painter: A Computational Creativity System with Embodied Conversational Interaction

インフルエンサーを評価するAIによってマーケティング効果を最大化

ビジネス系メディア『tubefilter』は7月6日、広告戦略にAIを活用する企業であるBENを紹介する記事を公開しました。広告なしのストリーミングサービスや広告ブロックソフトの普及により、従来のデジタル広告の効果は弱体化しています。デジタル広告に代わって注目されているのが、広告自体をひとつのコンテンツとして提供できるインフルエンサーを起用した広告です。こうしたインフルエンサー広告を制作するにあたっては、インフルエンサーの価値を査定し広告効果を予測する客観的な評価方法が重要となります。

広告制作会社のBENは、インフルエンサーの評価と広告効果の予測を算出するにあたってAIを活用しています。具体的には、広告案件ごとに評価アルゴリズムを開発して、案件に最適なインフルエンサー候補を選定しています。このアルゴリズムにはフォロワー数、視聴回数、「いいね」の数といったデータが活用されています。

BENの最近の成功事例には、バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』の広告キャンペーンがあります。同ゲームのリリースされた昨年2月には同社が選定したプロゲーマーNinjaを起用したプロモーションが展開され、リリース1ヶ月以内に5,000万人のプレイヤーを獲得する成果を上げました。また、同ゲームを実況するYouTuber数を22,000と予測したところ、99.58%の精度(つまり予測誤差が1%未満)で的中させました。

BENのインフルエンサー評価AIに関して、同社幹部のAaron Frank氏は現在の市場は非常に早く変化しており、そうした変化に対応できるのはAIだけである、と語ってAIによる広告戦略の有効性を力説しています。

ヘイトスピーチ識別AIのバイアス緩和に成功

テック系メディア『Tech Xplore』は7月7日、ヘイトスピーチ識別AIのバイアス緩和に成功した研究について報じました。差別的表現を検出してブロックするはずのヘイトスピーチ識別AI自体にバイアスがあったという事例は、以前から報告されています。例えば、ワシントン大学の研究チームは、ツイートのヘイト的特性を検出するAIは黒人が使う英語に対して通常の英語より1.5倍「攻撃的」と評価することを発表しました。こうしたバイアスが生じてしまうのは、白人至上主義者のオンラインフォーラムから抽出した表現のような強いバイアスが認められるデータをAIの学習データとして採用しているからだと考えられています。

南カリフォルニア大学の研究チームは、よりバイアスの少ないヘイトスピーチ検出AIを発表しました。このAIには「black」「gay」「transgender」のような差別的に使われる可能性がある単語が用いられるコンテキストの特定機能、および侮辱的な言葉遣いを特定する機能が追加されました。こうした機能を追加したことによって、「black」のような単語をヘイト的表現と過剰に検出するのを回避したのです。

研究チームは差別的な内容のウェブサイトから集めた表現とニューヨークタイムズ紙の非差別的な記事から構成されたテストデータを用意して、従来のヘイトスピーチ検出AIと今回開発したAIの性能比較テストを実施しました。その結果、前者は77%の精度でヘイトスピーチを正しく識別できたのに対して、後者は90%でした。

以上のような高精度のヘイトスピーチ検出AIの研究はヘイトスピーチを減らすだけではなく、不当な検閲の予防にも役立つ、研究チームはコメントしています。

Writer:吉本幸記

RELATED ARTICLE関連記事

ゲームプレイAI が進化させる無人戦闘機群とAI軍拡競争の萌芽

2020.9.28先端技術

ゲームプレイAI が進化させる無人戦闘機群とAI軍拡競争の萌芽

ゲームはAIの知性を測る指標にならない?:月刊エンタメAIニュース vol.1

2020.1.24先端技術

ゲームはAIの知性を測る指標にならない?:月刊エンタメAIニュース vol.1

ゲーマーの脳波に関する研究に投資するDARPAが目指す“第三の波”

2020.2.27先端技術

ゲーマーの脳波に関する研究に投資するDARPAが目指す“第三の波”

RANKING注目の記事はこちら