モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
ディープラーニング機械学習CGCGへの扉安藤幸央GANニューラルネットワーク月刊エンタメAIニュース三宅陽一郎強化学習モリカトロンAIラボインタビュー敵対的生成ネットワーク音楽OpenAIQAスクウェア・エニックス河合律子キャラクターAIシナリオNVIDIAデバッグCEDEC2019プロシージャルDeepMind人工知能学会Facebookルールベースビヘイビア・ツリーGoogleCEDEC2020ゲームAI映画SIGGRAPH遺伝的アルゴリズム不完全情報ゲームメタAIナビゲーションAI森川幸人畳み込みニューラルネットワーク深層学習マイクロソフトAIと倫理グーグルGDC 2021GDC 2019マルチエージェントVRボードゲーム自然言語処理ロボットStyleGAN自動生成GPT-3CNNVFXモリカトロンゲームプレイAIファッションHTN階層型タスクネットワークJSAI2020CEDEC2021Microsoftイベントレポート水野勇太アニメーションガイスターNPCCLIPアートtoio吉本幸記JSAI2021スポーツディープフェイクシムピープル汎用人工知能TensorFlowGDC Summerテストプレイ対話型エージェントeSportsBLUE PROTOCOLシーマン小説DALL-EStyleGAN2AlphaZeroカメラ環世界中島秀之懐ゲーから辿るゲームAI技術史研究DARPAドローンシムシティAI美空ひばり手塚治虫大内孝子メタデータ通しプレイOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoft Azureアストロノーカキャリアナラティブeスポーツ音声認識ロボティクスPyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオUnity齊藤陽介マインクラフトお知らせAIアートサルでもわかる人工知能VAEUbisoftUbisoft La ForgeワークショップGenvid Technologies知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDAどうぶつしょうぎジェイ・コウガミ音楽ストリーミングマシンラーニングクラウド斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルコンピューティショナル・フォトグラフィーGPT-2完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索藤澤仁生物学画像認識DeNANFT長谷洋平鴫原盛之masumi toyota宮路洋一TextWorldSIGGRAPH ASIAソニーCycleGANフェイクニュースGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープMCS-AI動的連携モデルASBSマンガぱいどんTEZUKA2020ナビゲーションメッシュ松井俊浩スパーシャルAIElectronic ArtsマーケティングApex LegendsELIZANinjaコンピュータRPGアップルタウン物語KELDICメロディ言語ゲームTENTUPLAYLEFT 4 DEADMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータ模倣学習FPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMC成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020デバッギングBigGANMaterialGANリップシンキングRNNReBeL自動運転車VolvoRival Prakユービーアイソフト北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioamuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミングインタラクティブ・メディアシーマン人工知能研究所Ludoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ユクスキュルカント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPStyleRig逆転オセロニア奥村エルネスト純いただきストリート齋藤精一大森田不可止高橋智隆ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward ArchitectureウロチョロスSuper Phoenix理化学研究所Project Malmo教育Project PaidiaProject LookoutWatch ForBingLEFT ALIVE長谷川誠ジミ・ヘンドリックスBaby Xカート・コバーンロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスMagentaYouTubeダフト・パンクSFGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2HallucinationレコメンデーションJukeboxGTC2021テンセントSIFTDCGANMOBADANNCE人事ハーバード大学研修デューク大学mynet.aiローグライクゲームNetHack人工音声NeurIPS 2021はこだて未来大学プレイ動画ヒップホップサイレント映画NBA環境音現代アートエージェント粒子群最適化法進化差分法群知能下川大樹ウィル・ライト高津芳希大石真史BEiTレベルデザインDETRSporeAIボイスアクターデノイズ南カリフォルニア大学画像処理NVIDIA CanvasSentropyCPUDiscordCALMプログラミングソースコード生成GMAIシチズンデベロッパーTRPGGitHubウィザードリィMCN-AI連携モデルAI Dungeon西川善司並木幸介サムライスピリッツ森寅嘉ゼビウスSIGGRAPH 2021ストリートファイター半導体Topaz Video Enhance AI栗原聡DLSS山野辺一記NetEase大里飛鳥DynamixyzモーションキャプチャーU-Net13フェイズ構造アドベンチャーゲームADVXLandAGI手塚眞DEATH STRANDING不気味の谷Eric JohnsonOculus Questコジマプロダクション生体情報デシマエンジンインディーゲーム写真高橋ミレイ照明Maxim PeterJoshua Romoffハイパースケープ山崎陽斗深層強化学習立木創太バンダイナムコ研究所ミライ小町テスラGameGANELYZAパックマンTesla BotTesla AI Dayソサエティ5.0ELYZA DIGESTSIGGRAPH 2020バズグラフニュースタンテキ東芝DIB-R倉田宜典3D音声合成韻律射影広告韻律転移

小学生向けAIワークショップでモリカトロンが伝えた機械の心

2019.12.11サイエンス

小学生向けAIワークショップでモリカトロンが伝えた機械の心

20世紀に生まれ、IT技術の黎明と発展を見届けてきた世代の大半にとって、コンピュータやスマートフォンに幼少期から触れることなどありませんでした。ましてや人工知能という存在は、映画や小説の中にだけ登場するほとんど空想のテクノロジーでした。しかし、スマートデバイスが子どもの手にまで普及し、人工知能というテクノロジーが日常に溶け込んだ現代では、すでにAIネイティブと呼べる世代が誕生しつつあります。

モリカトロンは11月29日、東京都中野区の新渡戸文化学園にて小学校4年生の児童を対象に、いまや身近な存在となった人工知能について、子どもたちの理解を深めるためのワークショップ「AIとわたし」を開きました。ソニー・インタラクティブエンタテインメントのロボットトイ「toio」と、モリカトロンが開発したAIアプリケーション「ウロチョロス」を使った授業を通して、児童たちは人工知能という存在をどう受け止めたのか。初等教育におけるAI事情をリポートします。

AIは人間と機械を友だちにしてくれる

2クラス合同の計62名の生徒を前に、モリカトロンAI研究所所長の森川幸人氏ははじめに、ゲームAIを作るという仕事の中で大切にしている3つのことについて、ネコやトナカイの自作イラストを使った例え話を交えて語りました。

「人とちがうことはけっして、悪いことじゃないよ!」

「いろんな見方でかんがえてみよう!」

「こうきしんは、さいのう!」

それは美術や宇宙工学、ゲーム開発、数学と、文化系学問と理科系学問という2つの大河を自らも転々と往来してきた森川氏にとっての道標のようでした。それらが合流したところにAIがあったと、森川氏は子どもたちに語ります。ゲームAI開発という仕事には、子どもたちが今後経験していくすべての活動や学問が含まれているからです。

人工知能の研究とは、まさに人間の知能という誰もが持ち合わせている哲学的な深淵と向き合う作業にほかなりません。そんな宇宙を認識する果てしない螺旋階段の第一歩として、森川氏は人間の心はどこにあるかを、生徒たちに問いかけました。それに対して心臓や手、胃といった少数意見もありましたが、多くの児童は脳と回答しました。

人間の心がどこにあるのかは、心の定義によって異なるかもしれませんが、少なくとも心の存在を認識している主体が脳である以上、心は脳にあるといえるでしょう。そのことを子どもたちはすでに漠然と理解しています。

それでは機械に心はあるのでしょうか。森川氏は、AIこそが機械の心であると説明しました。単なる物であった機械に心であるAIが宿ることで、私たち人間は機械の友だちになれるのだと、子どもたちへ語りかけました。

AIは人間と同じように試行錯誤する

人工知能とは何かについて勉強した後は、ロボットトイ「toio」にAIを搭載した「ウロチョロス」を使った機械学習の例が実演されました。まず、色とりどりのマス目上を決まった色の順番でスタートからゴールを目指す迷路に、生徒が二人一組で挑戦。制限時間内に各々解答を導き出し、その後「ウロチョロス」に答え合わせをしてもらうというゲームです。

たとえば、「スタート(赤)→黄→赤→青→ゴール(青)」という条件の迷路では、3色の組み合わせで構成された盤面を進む際、スタートからは必ず黄色のマスへ、その次は赤色のマスへ、そして青色のマスを経てゴールへ到達するという順番を守らなければいけません。各色のマスを何回使うかは自由ですが、ゴールへの経路で同じマスを再度通ることはできません。

例題のように、使用する色のサイクルが短いケースでは、誰でも頭の中で容易に解けるシンプルな迷路です。しかし、「スタート(緑)→黄→緑→赤→青→緑→青→黄→緑→黄→ゴール(青)」のように条件が長くなってくると、いかに大人の頭脳といえど短時間で答えにたどり着くのは難しくなってきます。なお、森川氏によると、こうした問題集はAIが自動生成したもので、いくらでも新しい問題を提供できるということでした。

こうした経路探査は、グラフ上の2頂点間の最短経路を求めるダイクストラ法というアルゴリズムを用いるのが一般的ですが、「ウロチョロス」ではAIが試行錯誤しながら正解を見つけ出していく様子を紹介したかったため、強化学習を利用して正解の経路を導き出しています。もちろん、ワークショップでは子どもたちへ強化学習の原理の解説を行うわけではありませんが、AIは無作為な選択肢からスタートして失敗と記憶を繰り返すことで最適解を見出していくという、基本的な仕組みが教えられました。それは人間と同じ。だからこそAIは人間の友だちになれるのだと。

ちなみに今回のワークショップでは、こうしたコンピュータアルゴリズムを使うことなく単純なトライ・アンド・エラーで試行錯誤を繰り返す方法では、大人の思考力でも制限時間内にすべてを解けるかどうか分からない難易度の問題もいくつか用意していたそうです。しかし、どの生徒も特に苦戦することなくあっさりと解いてしまい、モリカトロンのスタッフ陣を驚かせていました。子どもたちの高い集中力と、AIへの対抗心を垣間見た瞬間でした。

AIと暮らす新時代の子どもたちへ

授業の最後には、生徒たちからAIに関するさまざまな質問や感想が寄せられました。「AIは何でもできると思っていたけど、完璧なAIなどなくて苦手なこともあると分かった。AIは身近なところにあって、いつも私たちを支えてくれている」といった生徒の声からは、現代の子どもたちがすでにロボット掃除機やスマートスピーカーといったAI技術に囲まれて生活しているという事実を認識し始めている様相がうかがえました。

「最初はAIやロボットが苦手だったけど、今日の授業を受けて考え方が変わった」という発見もあったようです。このほか、「AIと過ごすのも悪くないかも」「AIと一緒にラグビーがしたい」「声をかけて励ましてくれるAIが欲しい」など、人工知能をより身近に感じることができたという声が多数寄せられました。一方で、「AIが発達するのは便利になっていいと思うけど、人間が必要なくなるのではないか少し不安」「もしAIが本当の人間そっくりだったら見分けられないんじゃないか」といった達観した意見もありました。

人工知能という言葉だけでは、その実態を肌で感じることはできません。しかし、レゴの部品で顔を得た「ウロチョロス」のように、物理的な身体を与えてあげることで、AIと子どもたちの距離は一気に縮まります。「今後作りたいAIは何か」という生徒の問いに対して、AIを搭載した喋る文房具を作ってみたいと答えた森川氏の言葉からは、この先AIと暮らす時代の子どもたちへ向けた想いが伝わります。

Writer:Ritsuko Kawai / 河合律子

RELATED ARTICLE関連記事

ゲームにおける環世界とは何か?:ゲームAI開発者 × 生物学専門家による座談会「生物とAI」 前編

2021.3.30サイエンス

ゲームにおける環世界とは何か?:ゲームAI開発者 × 生物学専門家による座談会「...

【JSAI2020】最も大切なのは想像するということ:中島秀之氏基調講演(後編)

2020.7.16サイエンス

【JSAI2020】最も大切なのは想像するということ:中島秀之氏基調講演(後編)

環境主体のリアリティを探求する:ゲームAI開発者 × 生物学専門家による座談会「生物とAI」 後編

2021.4.06サイエンス

環境主体のリアリティを探求する:ゲームAI開発者 × 生物学専門家による座談会「...

RANKING注目の記事はこちら