モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CGCGへの扉安藤幸央機械学習月刊エンタメAIニュースディープラーニング河合律子生成AI吉本幸記OpenAIGAN音楽NVIDIAGoogle強化学習三宅陽一郎ChatGPTニューラルネットワークStable Diffusionグーグル森川幸人シナリオDeepMindQA大規模言語モデル人工知能学会GPT-3自然言語処理マイクロソフトFacebook大内孝子AIと倫理映画著作権アート倫理モリカトロンキャラクターAI敵対的生成ネットワークルールベースLLMSIGGRAPHゲームプレイAIスクウェア・エニックスモリカトロンAIラボインタビュー画像生成NPCNFTプロシージャルMidjourneyデバッグMinecraftDALL-E2StyleGAN遺伝的アルゴリズム画像生成AIロボットファッション音楽生成AI自動生成VFXAdobeテストプレイメタAIアニメーションテキスト画像生成深層学習CEDEC2019ディープフェイクデジタルツインメタバースVR小説ボードゲームDALL-ECLIPビヘイビア・ツリーマンガCEDEC2021CEDEC2020ゲームAI不完全情報ゲームナビゲーションAI畳み込みニューラルネットワークtoioGDC 2021JSAI2022バーチャルヒューマン作曲MicrosoftNVIDIA OmniverseGDC 2019マルチエージェントCEDEC2022MetaマインクラフトAIアート3DCGStability AIメタデジタルヒューマン懐ゲーから辿るゲームAI技術史ジェネレーティブAIスポーツエージェントプロンプト栗原聡手塚治虫汎用人工知能CNNNeRFDALL-E 3BERTロボティクスUnityOmniverseJSAI2023鴫原盛之教育HTN階層型タスクネットワークソニーGPT-4マルチモーダルJSAI2020GTC20233DTensorFlowインタビューブロックチェーンイベントレポート対話型エージェントAmazonメディアアートDQN水野勇太アバターUbisoftGenvid TechnologiesガイスターStyleGAN2ARELSIGTC2022SIGGRAPH ASIANetflixJSAI2021東京大学はこだて未来大学Bard研究シムピープルMCS-AI動的連携モデルRed RamモーションキャプチャーTEZUKA2020CEDEC2023テキスト生成インディーゲームElectronic Arts音声合成マーケティングメタデータGDC Summerイーロン・マスクStable Diffusion XLCMMicrosoft Azureアストロノーカキャリア模倣学習動画生成AIeスポーツスタンフォード大学アーケードゲームテニスサイバーエージェントトレーディングカード音声認識類家利直eSportsBLUE PROTOCOLシーマンaibo合成音声チャットボットブラック・ジャックEpic GamesAIロボ「迷キュー」に挑戦AWS徳井直生クラウド斎藤由多加AlphaZeroTransformerGPT-2rinnaAIりんなカメラ環世界中島秀之PaLM哲学ベリサーブPlayable!GPT-3.5ハリウッド理化学研究所Gen-1SoraSFテキスト画像生成AI松尾豊データマイニング現代アートDARPAドローンシムシティゲームエンジンImagenZorkバイアスマーダーミステリーASBSぱいどんアドベンチャーゲームAI美空ひばりAGI手塚眞バンダイナムコ研究所スパーシャルAIELYZANEDOFSM-DNNLEFT 4 DEAD通しプレイ論文OpenAI Five本間翔太馬淵浩希Cygames森山和道Audio2Faceピクサープラチナエッグイーサリアム効果音ボエダ・ゴティエビッグデータ中嶋謙互Amadeus Codeデータ分析MILENVIDIA ACEナラティブNVIDIA RivaOmniverse ReplicatorWCCFレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimWORLD CLUB Champion FootballNVIDIA Isaac Simセガ柏田知大軍事田邊雅彦トレカMax CooperGPTDisneyFireflyPyTorchChatGPT4眞鍋和子バンダイナムコスタジオヒストリアAI Frog Interactive新清士SIE大澤博隆SFプロトタイピング齊藤陽介お知らせMagic Leap OneTencentモリカトロン開発者インタビュー宮本茂則バスケットボールGeminiTikToktext-to-imageサルでもわかる人工知能text-to-3DVAEDreamFusionTEZUKA2023リップシンキングRNNUbisoft La Forge自動運転車ワークショップ知識表現ウォッチドッグス レギオンVTuberIGDA立教大学秋期GTC2022市場分析フォートナイトどうぶつしょうぎRobloxジェイ・コウガミ音楽ストリーミングMIT野々下裕子Adobe MAXマシンラーニング村井源5GMuZeroRival Peakpixivオムロン サイニックエックスGPTs電気通信大学対話エンジン稲葉通将ポケモン3Dスキャン橋本敦史リトル・コンピュータ・ピープルCodexシーマン人工知能研究所コンピューティショナル・フォトグラフィーPreferred Networksゴブレット・ゴブラーズ絵画Open AI3D Gaussian SplattingMicrosoft DesignerアップルイラストシミュレーションSoul Machines柿沼太一完全情報ゲームバーチャルキャラクター坂本洋典釜屋憲彦GitHub CopilotウェイポイントLLaMAパス検索対談藤澤仁生物学GTC 2022xAIApple Vision Pro画像認識SiemensストライキStyleCLIPDeNA長谷洋平クラウドコンピューティングmasumi toyotaIBM宮路洋一OpenSeaGDC 2022SNSTextWorldEarth-2BingMagentaYouTube音声生成AIELYZA PencilScenarioSIGGRAPH2023AIピカソGTC2021AI素材.comCycleGANテンセントAndreessen HorowitzAIQVE ONENetHackキャラクターモーションControlNet音源分離NBAフェイクニュースユニバーサルミュージックRPG法律Web3SIGGRAPH 2022世界モデルレベルデザインDreamerV3AIボイスアクターUnreal Engine南カリフォルニア大学NVIDIA CanvasGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープLaMDATRPGマジック:ザ・ギャザリングAI Dungeonゲーム背景アパレル不気味の谷ナビゲーションメッシュデザイン高橋ミレイ深層強化学習松原仁松井俊浩武田英明フルコトELYZA DIGEST建築広告西成活裕ハイブリッドアーキテクチャApex LegendsELIZA群衆マネジメントライブポートレイトNinjaコンピュータRPGライブビジネスWonder StudioAdobe Max 2023アップルタウン物語新型コロナ土木MindAgentKELDIC周済涛BIMBing Chatメロディ言語清田陽司インフラBing Image CreatorゲームTENTUPLAYサイバネティックスMARVEL Future FightAstro人工知能史Amazon BedrockAssistant with BardタイムラプスEgo4DAI哲学マップThe Arcadeバスキア星新一X.AISearch Generative Experience日経イノベーション・ラボStyleGAN-XLX Corp.Dynalang敵対的強化学習StyleGAN3TwitterVLE-CE階層型強化学習GOSU Data LabGANimatorXホールディングスWANNGOSU Voice AssistantVoLux-GANMagiAI Act竹内将SenpAI.GGProjected GANEUMobalyticsSelf-Distilled StyleGANSDXLArs ElectronicaニューラルレンダリングRTFKTAI規制岡島学AWS SagemakerPLATONIKE欧州委員会映像セリア・ホデント形態素解析frame.ioClone X欧州議会UXAWS LambdaFoodly村上隆欧州理事会誤字検出MusicLM認知科学中川友紀子Digital MarkAudioLMゲームデザインSentencePieceアールティSnapchatMusicCapsLUMINOUS ENGINEクリエイターコミュニティAudioCraftLuminous ProductionsBlenderBot 3バーチャルペットパターン・ランゲージ竹村也哉Meta AINVIDIA NeMo ServiceMubertちょまどマーク・ザッカーバーグヴァネッサ・ローザMubert RenderGOAPWACULVanessa A RosaGen-2Adobe MAX 2021陶芸Runway AI Film Festival自動翻訳Play.htPreViz音声AIAIライティングLiDARCharacter-LLMOmniverse AvatarAIのべりすとPolycam復旦大学FPSQuillBotdeforumChat-Haruhi-Suzumiyaマルコフ決定過程NVIDIA MegatronCopysmith涼宮ハルヒNVIDIA MerlinJasperハーベストEmu VideoNVIDIA MetropolisForGamesNianticパラメータ設計ゲームマーケットペリドットバランス調整岡野翔太Dream Track協調フィルタリング郡山喜彦Music AI Tools人狼知能テキサス大学ジェフリー・ヒントンLyriaGoogle I/O 2023Yahoo!知恵袋AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotGoogle I/OインタラクティブプロンプトAIエージェントシミュレーションOpenAI Codex武蔵野美術大学慶應義塾大学StarCraft IIHyperStyleBingAI石渡正人Future of Life InstituteRendering with Style手塚プロダクションIntel林海象LAIKADisneyリサーチヴィトゲンシュタインPhotoshop古川善規RotomationGauGAN論理哲学論考Lightroom大規模再構成モデルGauGAN2京都芸術大学CanvaLRMドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデルObjaverse不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021PromptBaseBOOTHMVImgNetDota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチpixivFANBOXOne-2-3-45Mitsuba2バンダイナムコネクサス虎の穴3DガウシアンスプラッティングソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所ユーザーレビューFantiaワンショット3D生成技術GTC2020CG衣装mimicとらのあな高橋力斗NVIDIA MAXINEVRファッションBaidu集英社FGDC淡路滋ビデオ会議ArtflowERNIE-ViLG少年ジャンプ+Future Game Development ConferenceグリムノーツEponym古文書ComicCopilot佐々木瞬ゴティエ・ボエダ音声クローニング凸版印刷コミコパGautier Boeda階層的クラスタリングGopherAI-OCRゲームマスター画像判定Inowrld AIJulius鑑定ラベル付けMODAniqueTPRGOxia PalusGhostwriter中村太一バーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt RecognitionSkyrimエグゼリオクーガー田中章愛実況パワフルサッカースカイリムCopilot石井敦銭起揚NHC 2021桃太郎電鉄RPGツクールMZComfyUI茂谷保伯池田利夫桃鉄ChatGPT_APIMZserial experiments lainGDMC新刊案内パワサカダンジョンズ&ドラゴンズAI lainマーベル・シネマティック・ユニバースコナミデジタルエンタテインメントOracle RPGPCG成沢理恵MITメディアラボMCU岩倉宏介深津貴之PCGRLアベンジャーズPPOxVASynthDungeons&Dragonsマジック・リープDigital DomainMachine Learning Project CanvasLaser-NVビートルズMagendaMasquerade2.0国立情報学研究所ザ・ビートルズ: Get BackノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャー石川冬樹MERFDemucsサッカースパコンAlibaba音楽編集ソフト里井大輝KaggleスーパーコンピュータVQRFAdobe Audition山田暉松岡 聡nvdiffreciZotopeAssassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターTSUBAME 1.0NeRFMeshingRX10Sea of ThievesTSUBAME 2.0LERFMoisesGEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMABCIマスタリングモリカトロンAIソリューション富岳レベルファイブ初音ミクOculusコード生成AISociety 5.0リアム・ギャラガーSuno AI転移学習テストAlphaCode夏の電脳甲子園グライムスKaKa CreationBaldur's Gate 3Codeforces座談会BoomyVOICEVOXCandy Crush Saga自己増強型AIジョン・レジェンドGenie AISIGGRAPH ASIA 2020COLMAPザ・ウィークエンドSIGGRAPH Asia 2023ADOPNVIDIA GET3DドレイクC·ASEデバッギングBigGANGANverse3DFLAREMaterialGANダンスグランツーリスモSPORTAI絵師エッジワークスMagicAnimateReBeLグランツーリスモ・ソフィーUGC日本音楽作家団体協議会Animate AnyoneGTソフィーPGCFCAインテリジェントコンピュータ研究所VolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップVoiceboxアリババNovelAIさくらインターネットDreaMovingRival PrakDGX A100NovelAI DiffusionVISCUITぷよぷよScratchユービーアイソフトWebcam VTuberモーションデータスクラッチ星新一賞大阪公立大学ビスケット北尾まどかHALOポーズ推定TCGプログラミング教育将棋メタルギアソリッドVメッシュ生成KLabFSMメルセデス・ベンツQRコードVALL-EMagic Leap囲碁Deepdub.aiナップサック問題Live NationEpyllionデンソーAUDIOGEN汎用言語モデルWeb3.0マシュー・ボールデンソーウェーブEvoke MusicAIOpsムーアの法則原昌宏AutoFoleySpotifyスマートコントラクト日本機械学会Colourlab.AiReplica Studioロボティクス・メカトロニクス講演会ディズニーamuseChitrakarQosmoAdobe MAX 2022トヨタ自動車Largo.ai巡回セールスマン問題かんばん方式Cinelyticジョルダン曲線メディアAdobe ResearchTaskade政治Galacticaプロット生成Pika.artクラウドゲーミングがんばれ森川君2号AI Filmmaking Assistant和田洋一リアリティ番組映像解析FastGANStadiaジョンソン裕子セキュリティ4コママンガAI ScreenwriterMILEsNightCafe東芝デジタルソリューションズ芥川賞インタラクティブ・ストリーミングLuis RuizSATLYS 映像解析AI文学インタラクティブ・メディア恋愛PFN 3D ScanElevenLabsタップル東京工業大学HeyGenAbema TVLudo博報堂After EffectsNECラップPFN 4D Scan絵本木村屋SIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代DreamUp出版GPT StoreAIラッパーシステムDeviantArtAmmaar Reshi生成AIチェッカーWaifu DiffusionStoriesユーザーローカルGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~元素法典StoryBird九段理江FAIRSTCNovel AIVersed東京都同情塔チート検出Style Transfer ConversationProlificDreamerオンラインカジノRCPUnity Sentis4Dオブジェクト生成モデルRealFlowRinna Character PlatformUnity MuseAlign Your GaussiansiPhoneCALACaleb WardAYGDeep Fluids宮田龍MAV3DMeInGameAmelia清河幸子ファーウェイAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェース西中美和4D Gaussian SplattingBCIGateboxアフォーダンス安野貴博4D-GSLearning from VideoANIMAKPaLM-SayCan斧田小夜Glaze予期知能逢妻ヒカリ宮本道人WebGlazeセコムLLaMA 2NightShadeユクスキュルバーチャル警備システムCode as PoliciesSpawningカント損保ジャパンCaPHugging FaceHave I Been Trained?CM3leonFortnite上原利之Stable DoodleUnreal Editor For FortniteドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドコリジョンチェックT2I-AdapterXRPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智VolumetricsOCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者山口情報芸術センター[YCAM]AIワールドジェネレーターアルスエレクトロニカ2019品質保証YCAM日本マネジメント総合研究所Rosebud AI GamemakerStyleRigAutodeskアンラーニング・ランゲージVoyagerLayer逆転オセロニアBentley Systemsカイル・マクドナルドLily Hughes-RobinsonCharisma.aiワールドシミュレーターローレン・リー・マッカーシーColossal Cave AdventureGDC 2024奥村エルネスト純いただきストリートH100鎖国[Walled Garden]​​プロジェクトAdventureGPT調査齋藤精一大森田不可止COBOLSIGGRAPH ASIA 2022リリー・ヒューズ=ロビンソンMeta Quest高橋智隆DGX H100VToonifyBabyAGIIPロボユニザナックDGX SuperPODControlVAEGPT-3.5 Turbo泉幸典仁井谷正充変分オートエンコーダーカーリング強いAIロボコレ2019Instant NeRFフォトグラメトリウィンブルドン弱いAIartonomous回帰型ニューラルネットワークbitGANsDeepJoin戦術分析ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine LearningAzure OpenAI Serviceパフォーマンス測定Lumiere意思決定モデル脱出ゲームDeepLIoTUNetHybrid Reward Architectureコミュニティ管理DeepL WriteProFitXImageFXウロチョロスSuper PhoenixWatsonxMusicFXProject MalmoオンラインゲームAthleticaTextFX気候変動コーチングProject Paidiaシンギュラリティ北見工業大学KeyframerProject Lookoutマックス・プランク気象研究所レイ・カーツワイル北見カーリングホールAppleWatch Forビョルン・スティーブンスヴァーナー・ヴィンジ画像解析Gemini 1.5気象モデルRunway ResearchじりつくんAI StudioLEFT ALIVE気象シミュレーションMake-A-VideoNTT SportictVertex AI長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題PhenakiAIカメラChat with RTXBaby Xカート・コバーンエコロジーDreamixSTADIUM TUBESlackロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsText-to-ImageモデルPixelllot S3Slack AIソフトバンクPokémon Battle Scopeダフト・パンクメモリスタAIスマートコーチポケットモンスターGlenn MarshallkanaeruThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換Latitude占いレコメンデーションJukeboxDreambooth行動ロジック生成AIVeap Japanヤン・ルカンConvaiEAPneoAIPerfusionNTTドコモSIFT福井千春DreamIconニューラル物理学EmemeDCGAN医療mign毛髪GenieMOBADANNCEメンタルケアstudiffuse荒牧英治汎用AIエージェント人事ハーバード大学Edgar Handy中ザワヒデキAIファッションウィーク研修デューク大学大屋雄裕インフルエンサーQA Tech Night中川裕志Grok-1mynet.aiローグライクゲーム松木晋祐Adreeseen HorowitzMixture-of-Experts東京理科大学下田純也NVIDIA Avatar Cloud EngineMoE人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所桑野範久Replica StudiosClaude 3リザバーコンピューティングSmart NPCsClaude 3 Haikuプレイ動画ヒップホップ対話型AIモデルRoblox StudioClaude 3 SonnetソニーマーケティングPromethean AIClaude 3 Opusサイレント映画もじぱnote森永乳業環境音暗号通貨note AIアシスタントMusiioC2PAFUZZLEKetchupEndelゲーミフィケーションAlterationAI NewsTomo Kihara粒子群最適化法Art SelfiePlayfool進化差分法オープンワールドArt TransferSonar遊び群知能下川大樹AIFAPet PortraitsSonar+D​​tsukurunウィル・ライト高津芳希P2EBlob Opera地方創生大石真史クリムトDolby Atmos吉田直樹BEiTStyleGAN-NADASonar Music Festival素材DETRライゾマティクスSporeクリティックネットワーク真鍋大度デノイズUnity for Industryアクターネットワーク花井裕也画像処理DMLabRitchie HawtinSentropyGLIDEControl SuiteErica SynthCPUDiscordAvatarCLIPAtari 100kUfuk Barış MutluSynthetic DataAtari 200MJapanese InstructBLIP AlphaCALMYann LeCun日本新聞協会プログラミングサム・アルトマン鈴木雅大AIいらすとやソースコード生成コンセプトアートAI PicassoGMAIシチズンデベロッパーSonanticColie WertzEmposyGitHubCohereリドリー・スコットAIタレントウィザードリィMCN-AI連携モデル絵コンテAIタレントエージェンシーUrzas.aiストーリーボードmodi.ai介護大阪大学BitSummit西川善司並木幸介KikiBlenderBitSummit Let’s Go!!サムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsPaLM APIデジタルレプリカTopaz Video Enhance AICozmoMakerSuiteGOT7DLSSタカラトミーSkebsynthesia山野辺一記NetEaseLOVOTDreambooth-Stable-DiffusionHumanRF大里飛鳥DynamixyzMOFLINActors-HQRomiGoogle EarthSAG-AFTRAU-NetミクシィGEPPETTO AIWGA13フェイズ構造ユニロボットStable Diffusion web UIチャーリー・ブルッカーADVユニボPoint-EXLandGato岡野原大輔AI model自己教師あり学習DEATH STRANDINGAI ModelsIn-Context Learning(ICL)Eric Johnson汎用強化学習AIZMO.AILoRAMOBBY’SファインチューニングOculus Questコジマプロダクションロンドン芸術大学モビーディックグランツーリスモ生体情報デシマエンジンGoogle Brainダイビング量子コンピュータSound Controlアウトドアqubit写真SYNTH SUPERAIスキャニングIBM Quantum System 2照明Maxim PeterKarl Sims自動採寸北野宏明Joshua RomoffArtnome3DLOOKダリオ・ヒルハイパースケープICONATESizerジェン・スン・フアン山崎陽斗ワコールHuggingFace立木創太スニーカーStable Audio浜中雅俊UNSTREET宗教ミライ小町Newelse仏教テスラ福井健策CheckGoodsコカ・コーラGameGAN二次流通食品パックマンTesla Bot中古市場Coca‑Cola Y3000 Zero SugarTesla AI DayWikipediaDupe KillerCopilot Copyright Commitmentソサエティ5.0Sphere偽ブランドテラバースSIGGRAPH 2020バズグラフXaver 1000配信京都大学ニュースタンテキ養蜂立福寛東芝Beewiseソニー・ピクチャーズ アニメーション音声解析DIB-R倉田宜典フィンテック感情分析投資Fosters+Partners周 済涛韻律射影MILIZEZaha Hadid Architectsステートマシン韻律転移三菱UFJ信託銀行ディープニューラルネットワーク

【GDC 2019】AIは感動的な物語体験をゲームで表現できるか? GDCに見る最新トレンド

2019.4.17ゲーム

【GDC 2019】AIは感動的な物語体験をゲームで表現できるか? GDCに見る最新トレンド

米サンフランシスコで開催されたゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC)2019」のAIサミットで3月18日、XEODesignのニコル・ラザロ氏は「Red Pill Blue Pill : Narrative AI for Deep Emotions」と題して講演しました。ラザロ氏は名作映画を引用しながら、ゲームで感動的な物語体験を演出するためのAIに必要な、4層のレイヤーについて自説を展開しました。

The 4 Keys to Funの提唱者、AIを語る

今日のゲームは最先端のコンピューティング技術が複雑に連携して開発されており、AI技術もそのひとつです。GDCは全世界から約3万人のゲーム開発者が集結し、ゲーム開発技術について議論する場で、さまざまな分科会が設けられており、AIサミットもそのひとつとして開催されました。もっとも、近年のゲームAIは「キャラクターAI(キャラクターの意思決定)」「ナビゲーションAI(キャラクターの移動経路設定)」「メタAI(ゲームバランスの演出など)」などの専門分野に偏る傾向があり、ブレイクスルーが生まれにくくなっています。今年のAIサミットでは従来の枠に収まらない、分野横断的な議論が見られました。本セッションもそのひとつです。

講演者のラザロ氏は米スタンフォード大学で認知心理学を専攻後、1992年にXEODesignを設立。これまでにルーカスアーツ、エレクトロニック・アーツ、Ubisoft、ネクソンなど、名だたるゲーム会社でコンサルタントを務めてきました。中でも2004年に同社が提唱した「The 4 Keys to Fun」は、世界で最もヒットしたPCゲームのひとつである『ザ・シムズ』シリーズ(2000年、エレクトロニック・アーツ)をはじめ、数多くのゲームに影響を与えたことで知られています。なお、現在はコンサル業のかたわら、XR技術を活用したミステリー・アドベンチャーゲーム『Follow the White Rabbit』の開発も進めています。

The 4Keys to Funはプレイヤーのゲーム体験をベースに、ゲームの面白さを「Easy Fun(探索・ロールプレイ・創造性などの面白さ)」「Hard Fun(英雄的な勝利や、困難な挑戦を達成することで得られる面白さ)」「People Fun(協力・交流など、他人と交わることで得られる面白さ)」「Serious Fun(ゲームを遊ぶことで、プレイヤー自身が癒されたり、社会が良い方向に変革したりすることで得られる面白さ)」の4種類に分類し、分析するためのフレームワークです。

もっとも、大半のゲームはこの4種類の面白さを大なり小なり兼ね備えており(ゲームによって各々のバランスは異なるが)、さまざまなルールを組み合わせることで、プレイヤーに対して多彩な面白さを提示しています。その上でラザロ氏はゲームが映画や小説などと異なる点に「再挑戦性」があり、ゲームは大小さまざまな「繰り返し行為」が入れ子構造になって設計されていること。また、ゲームプレイは能動的な行為であり、プレイヤーの頭の中で「行為」と、それに伴う「感情」が常にセットで生じていること、などを整理しました。

ラザロ氏が開発中のXRミステリー・アドベンチャーゲーム『Follow the White Rabbit

ナラティブとゲームの深い関係

以上の内容をふまえて、ラザロ氏は感動を呼ぶ物語体験をゲームで自動生成するためのAIをどのようにデザインするべきかについて講演しましたが、そこでキーワードとなるのが演題にもある「ナラティブ」です。もともとは1960年代に文芸研究で提唱された概念で、従来のストーリーが「物語の内容」を意味するのに対して、ナラティブは「物語を語る行為」に視点を置く。日本ではまだまだ耳慣れない用語であるため、余談ではあるが簡単に整理しておきましょう。

映画や小説に代表される「物語」が商品として市場に流通するようになったのは、約200年ほど前からです。それまでは神話や伝承のように、「話者が聞き手に語る」行為を通して物語は消費されてきました。そこでは話者は聞き手に応じて自由に語り口を変えたり、時には内容を改編したりできました。その後、物語は活版印刷や映画などの技術革新を通して「メディア」に固定化され、市場に流通するようになります。これにより話者が消失し、聞き手は常に同じ内容の物語を消費するようになりました。

こうした文脈で登場してきたのがコンピュータゲームです。当初はハード性能の限界から内容も単純でしたが、次第に複雑な物語を内包するゲームが発売されるようになりました。ところが物語世界の主人公とプレイヤーの関係性に矛盾が生じ始めます。映画や小説が一本道のストーリーしか展開できないのに対して、ゲームではプレイヤーの選択次第で無数の展開が生じるからです。それによって同じゲームでも、プレイヤーごとに異なる物語を体験できるようになってしまいました。

たとえばRPGでゴールまで一直線に進んだプレイヤーは、ラスボスを苦心して倒すことになるでしょう。逆に究極までレベル上げに勤しんだプレイヤーなら、一撃で倒せるかもしれません。このようにプレイヤーがクライマックスで受ける印象は、それまでのゲーム展開によって異なってきます。ハード性能が進化し、ゲーム内にさまざまな分岐やイベントなどを内包できるようになるにつれて、この「作り手が提示したい物語」と「プレイヤーが体験する物語」の齟齬は、ますます開いていきました。

ポイントは、ゲームのストーリーテリングには映画や小説の主人公と異なり、自由意思で行動する「プレイヤー」が存在する点です。であれば、作り手が決まったストーリーを押し付けるのではなく、プレイヤーに自由に行動してもらい、そこから固有の物語体験を消費してもらおう…。こうした発想で作られたゲームが、2000年代に入って次第に影響力を持ち始めます。ゲームで大容量のデータが扱えるようになり、従来とは違ったゲーム体験が提供可能になったことも、この傾向に拍車をかけました。

明確な定義はありませんが、こうしたスタイルの先駆けとなったのがクライムアクションゲームの『グランド・セフト・オートIII』(2001年、ロックスター・ゲームス)でしょう。その後、『風ノ旅ビト』(2012年、ソニー・コンピュータエンタテインメント)のヒットでナラティブという概念が定着しました。これらのゲームを遊んだプレイヤーはみな、従来のストーリーゲームとは区別して議論する必要性を感じるようになり、ナラティブという概念を議論の接線に使い始めました。こうした経緯を受けて、GDCでも2013年からナラティブサミットが開催されるようになりました。

夢とテーブルトークRPGとナラティブ

こうした理由から、ナラティブを意識したゲームにはデザイン上の特徴が見られます。人間には「独立した複数の事象から関連性を見つけ出し、そこから物語を作り出してしまう」力があります。身近なところでは夢の内容を他人に話す行為が該当します。脳内でおきた記憶のフラッシュバックを、意識が勝手につなぎあわせ、ひとつの物語にしてしまうのです。ナラティブ・ゲームではこれが意識的に活用されており、壮大な世界観などを想起させる情報の断片などが、世界に散りばめられることがよく見られます。

もっとも、そうした情報群から何を想起するかは、個々のプレイヤーに委ねられています。ゲームの面白さの度合いが人によって違うように、雑多な情報群から関連性を見つけ出す能力も、人によって異なるからです。そのためナラティブ・ゲームからプレイヤーが受ける感想も千差万別で、映画や小説のように「感動させる」までには至らないことが多いようです。日本でナラティブ・ゲームがしばしば「雰囲気ゲー」と評されるのも、こうした点が背景にあります。

ちなみに、この「映画や小説」と「ゲーム」の間をつなぐ存在として、1970年代に誕生したテーブルトークRPG(TPRG)があります。アナログゲームの1ジャンルで、多くのゲームと異なり、TPRGではプレイヤー同士が協力して、さまざまな試練に立ち向かっていきます。そうした試練を事前に用意しておき、プレイヤーの行動を判定するのが、ゲームマスターと呼ばれる存在です。1974年の『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』が第一号で、その後のゲームに大きな影響を及ぼすことになりました。

TRPGでは、プレイヤーはルールにのっとって自分の分身(=キャラクター)を作り、即興劇のように会話を重ねてゲームを進めていきます。物語の大枠はゲームマスターによって設定されていますが、実際の進行はその場のノリとアドリブ、そしてサイコロが生み出す偶然によって導かれていきます。ポイントはここでも「話者による自らの物語」が存在することです。これが1980年代に入ると、ゲームマスター役をコンピュータが代行する形で、今日のコンピュータRPGが誕生し、隆盛を誇ることになります。

こうした経緯から、ゲーム機の進化と共に「ゲームマスター役を杓子定規なアルゴリズムではなく、より柔軟で高性能なAIに代行させれば良いのではないか」という発想が生まれてきました。ゲーム展開とプレイヤーの状態を俯瞰しながら、リアルタイムにゲームバランスを調整する、メタAI的な発想です。もっとも、そうして作られたゲームで感動的な物語体験が生まれるかは、また別の話です。そこにはAIを単なる判定役ではなく、どのようにナラティブを活用するか、という視点が欠けているからです。

名作映画に見るナラティブの活用とゲーム

ラザロ氏の講演内容も、こうした文脈に則ったものです。その上で提案されたのが、これらすべてを一元的に管理するのではなく、複数のレイヤーに分割するというアイディアです。ラザロ氏はディープラーニング技術を応用し、実在しない人物のリアルな顔画像を無限に生成できるWebサイト「ThisPersonDoesNotExist.com」のアルゴリズムを引用しつつ、TRPGの複雑なナラティブもゲームを4種類のレイヤーに分割することで、AIによる自動生成が容易になるとしました。

その上でラザロ氏は「フレーム」「選択」「キャラクターの心理的成長(=オニオン&キャラクターアーク)」「アイテム」からなる各レイヤーについて、映画のシーンを引用しながら説明しました。もっとも、ゲームと映画は同じ物語メディアですが、本質はまったく異なります(鳥と飛行機は同じように空を飛ぶが、飛行原理が異なるように)。これを踏まえた上でラザロ氏は、ゲームは映画から多くのことを学べると指摘し、それをもとにどのようなナラティブをデザインしていくかが重要だと述べました。

フレーム

はじめに紹介されたのが「フレーム」、すなわちゲームの世界観や舞台などの大まかな設定です。ここで引用されたのが、男女24人が殺し合うデスゲームの模様を描いた映画『ハンガー・ゲーム』(2012年)です。参加者に強い目的(ここでは最後まで生き延びること)が与えられる一方、目的を達成するための手段が限定されると、自然とプレイヤーに生への執着心や仲間への連帯感、裏切りへの不信感など、複雑な感情が想起されるというわけです(実際に映画もそうした筋立てになっている)。

ちなみに、こうした設定を生かしたゲームはすでにリリースされ、大ヒットを記録しています。最大100人のプレイヤーが生き残りをかけた戦うアクションシューティング『フォートナイト』(2017年、エピックゲームズ)などです。もっとも現状では、ただ参加者が同じ世界の中で殺し合うだけで、ナラティブを意識したデザインは行われていません。しかしラザロ氏は今後「アリーナAI」とでも言うべきアルゴリズムを洗練させていくことで、感動的な物語体験が提供できると述べました。

選択

アドベンチャーゲームの選択肢に代表されるように、プレイヤーが能動的に行う選択はゲームとそれ以外の物語メディアを分ける、大きな要因のひとつです。もっとも、ラザロ氏は「選択と結果」の関係性を、もっと長い時間軸で捉えるべきだと指摘しました。今のゲームでは選択の結果がすぐに提示されすぎているというわけです。これに対して、ひとつの選択が後になってプレイヤーの心理や言動に影響を及ぼすようなことが可能になると、より深みのあるゲームが実現可能になります。

ここで引用されたのは、ナチスによるホロコーストを題材に取った『ソフィーの選択』(1982年)です。作家志望のスティンゴは終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。しかし、ソフィーには戦時中にユダヤ人の強制収容所で受けた辛い過去と、そこで下した究極の決断があり…というストーリーです。ソフィーとネイサンをとりまく過去が物語の展開にあわせて、次第に明らかになっていきます。

キャラクターの心理的成長

キャラクターの心理的成長はドラマを構成する基本的な要素のひとつです。しかし、ゲームではこれが非常に困難です。映画や小説では作り手は受け手の感情を完璧にコントロールできますが、ゲームでプレイヤーが抱く感情は、個々のプレイヤーの行動やコンテキストに委ねられているからです。そのため、キャラクターの心情もシナリオで説明するのではなく、登場人物や社会とのインタラクションなどを通して、自然に特定の感情を想起させるような仕組みが重要です。

ここでラザロ氏が引用したのが、香港映画界が送る武侠映画『グリーン・ディスティニー』(2000年)です。映画史に残る竹林のアクションシーンでは、しなる竹の上で戦うというユニークな舞台を設定することで、チャン・ツィイーの未熟さとチョウ・ユンファの落ち着きが、手に取るように描かれています。このように本作では言葉ではなく、殺陣の動きで物語や、キャラクターの感情を観客に想起させている。これもまたナラティブの活用事例です。

アイテム

年老いたガンマンが若者に愛用の銃を手渡す…西部劇で良く見るシーンです。台詞がなくとも、両者の関係性や銃に込められた想いなどが伝わってきます。このようにアイテムはしばしば、キャラクター以上に雄弁な存在となります。ラザロ氏が引用した映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017年)でも、ヒロインのイライザが作る「ゆで卵」が重要な意味を持ちます。ゆで卵の意味が明確に提示されることはありませんが、観客に対して心理的なフックを作ることに成功しています。

ラザロ氏はまた、ARゲームにおいてアイテムの重要性が、よりクローズアップされていくと指摘します。マジック・リープが発表したデモ「Aladdin’s Cave of Wonders on Magic Leap」では、Magic Leap Oneを装着したプレイヤーが複合現実(MR)によって目の前に浮かぶさまざまなアイテムとインタラクションを行う様子が見て取れます。この行為を下支えしているのが、現実世界を認識するためのAI技術です。ライザ氏はARとAIが融合し、現実世界に適切なアイテムを配置して、それをナラティブに活用することで、より豊かな物語体験が演出できるようになると述べました。

AIによって飛躍するナラティブ・ゲームのゲームデザイン

最後にライザ氏はこれまでの講演内容をまとめて、ゲーム『God of War』(2018年、ソニー・インタラクティブエンタテインメント)で4つのレイヤーがどのように表現されているかについて説明しました。本作は勇者クレイトスを操作して、息子のアトレウスと共にさまざまな困難に立ち向かっていくアクションアドベンチャーです。ギリシャ神話をモチーフとした世界観で、骨太のストーリーが展開されています。2018年にPS4向けに発売され、GDC2019のゲームデベロッパーズチョイスアワードで最優秀賞を受賞した、非常に評価の高いタイトルです。

本作でフレームとはゲーム内世界のことであり、クレイトスとゲーム内世界の関係性を規定するさまざまなメカニクス(斧を振るうと物が壊れるなど)を意味しています。ゲームはさまざまな選択の連続で進み、ボスキャラクターは倒すべき障害物として設定されているものの、もし共存や有効といった選択肢があれば、より多彩な展開が可能になるでしょう。物語のテーマは「世代交替」であり、アトレウスの精神的な成長も描かれています。最後にプレイヤーの感情をゆさぶる特徴的なアイテムも登場します。

もっとも、本作に内包されたストーリーは基本的に一本道であり、プレイヤーは過程こそ異なるものの、結局は同じルートやイベントを辿ってエンディングまで到達します。その意味で本作のナラティブ度は低いと言えるでしょう。しかし、ここにAIがより有機的にかかわることで、個々のプレイヤーに対して異なる物語体験を適切に提示することが可能になります。本セッションではそのためのフレームワークが示されるに留まりましたが、今後の可能性を感じさせる内容でした。

Writer:小野憲史

RELATED ARTICLE関連記事

【GDC 2021】AIに身体を授けるためのアニメーション自動生成技術

2021.8.20ゲーム

【GDC 2021】AIに身体を授けるためのアニメーション自動生成技術

【CEDEC2019】人工知能が敵キャラを育てる! ディープラーニングを使った次世代のゲームAI開発

2019.9.19ゲーム

【CEDEC2019】人工知能が敵キャラを育てる! ディープラーニングを使った次...

AIにも泣けるストーリーは書ける?:藤澤仁氏×森川幸人氏対談(前編)

2019.10.08ゲーム

AIにも泣けるストーリーは書ける?:藤澤仁氏×森川幸人氏対談(前編)

RANKING注目の記事はこちら