モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
CGCGへの扉機械学習安藤幸央ディープラーニングGAN月刊エンタメAIニュース河合律子OpenAIニューラルネットワーク音楽NVIDIA強化学習三宅陽一郎吉本幸記FacebookQA人工知能学会GPT-3自然言語処理大内孝子敵対的生成ネットワークGoogleDeepMindキャラクターAIスクウェア・エニックス森川幸人モリカトロンAIラボインタビュールールベースシナリオAIと倫理グーグルデバッグDALL-E2StyleGAN映画倫理ゲームプレイAIマイクロソフトNFTアート自動生成SIGGRAPHメタAIロボット深層学習CEDEC2019プロシージャル遺伝的アルゴリズムDALL-Eテキスト画像生成ビヘイビア・ツリーディープフェイクCEDEC2021CEDEC2020ゲームAIデジタルツインメタバーステストプレイモリカトロン不完全情報ゲームVRナビゲーションAINPC畳み込みニューラルネットワークCLIPGDC 2021JSAI2022VFXGDC 2019マルチエージェントCEDEC2022AIアートボードゲーム画像生成ファッション懐ゲーから辿るゲームAI技術史toioCNNAdobeStable DiffusionUnity著作権小説鴫原盛之HTN階層型タスクネットワーク汎用人工知能JSAI2020TensorFlowインタビューBERTMicrosoftイベントレポート対話型エージェントロボティクス水野勇太アニメーションGenvid Technologiesガイスター画像生成AIStyleGAN2GTC2022教育ソニーJSAI2021スポーツ研究シムピープルマンガマーケティングGDC SummerバーチャルヒューマンブロックチェーンMidjourneyアストロノーカキャリアNVIDIA OmniverseeスポーツAmazoneSportsDQNBLUE PROTOCOLシーマンMinecraftアバターOmniverseUbisoftメタAlphaZeroTransformerGPT-2AIりんなカメラ環世界中島秀之哲学理化学研究所SIGGRAPH ASIADARPAドローンシムシティImagenバイアスMCS-AI動的連携モデルモーションキャプチャーTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫バンダイナムコ研究所スパーシャルAIElectronic ArtsメタデータLEFT 4 DEAD通しプレイOpenAI Five本間翔太CMピクサープラチナエッグイーサリアム作曲ボエダ・ゴティエビッグデータ中嶋謙互Amadeus Codeデータ分析Microsoft AzureMILE模倣学習ナラティブアーケードゲームOmniverse ReplicatorWCCFレコメンドシステムNVIDIA DRIVE SimWORLD CLUB Champion FootballNVIDIA Isaac Simセガ柏田知大軍事サイバーエージェント田邊雅彦トレーディングカードトレカ音声認識メディアアートPyTorch眞鍋和子バンダイナムコスタジオaibo合成音声Meta齊藤陽介マインクラフトお知らせMagic Leap Oneチャットボットサルでもわかる人工知能VAE3DCGリップシンキングUbisoft La Forge自動運転車ワークショップ知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDA秋期GTC2022どうぶつしょうぎEpic Gamesジェイ・コウガミ音楽ストリーミングMITAIロボ「迷キュー」に挑戦野々下裕子徳井直生マシンラーニング5GMuZeroRival Peakクラウド対話エンジン斎藤由多加リトル・コンピュータ・ピープルCodexコンピューティショナル・フォトグラフィーゴブレット・ゴブラーズ絵画rinnaシミュレーションデジタルヒューマン完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索対談ベリサーブ藤澤仁生物学Playable!GTC 2022画像認識SiemensStyleCLIPDeNA長谷洋平masumi toyota宮路洋一OpenSeaGDC 2022TextWorldEarth-2MagentaSFELYZA PencilGTC2021CycleGANデータマイニングNetHackはこだて未来大学キャラクターモーションフェイクニュースエージェントRPGSIGGRAPH 2022AIボイスアクターNVIDIA CanvasGPUALifeZork人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBS栗原聡ぱいどんテキスト生成不気味の谷ナビゲーションメッシュ松井俊浩ELYZAフルコトELYZA DIGEST3D音声合成西成活裕Apex LegendsELIZA群衆マネジメントNinjaコンピュータRPGライブビジネスアップルタウン物語新型コロナKELDIC周済涛メロディ言語清田陽司ゲームTENTUPLAYサイバネティックスMARVEL Future FightAstro人工知能史タイムラプスEgo4DAI哲学マップバスキア星新一日経イノベーション・ラボStyleGAN-XL敵対的強化学習StyleGAN3階層型強化学習GOSU Data LabGANimatorWANNGOSU Voice AssistantVoLux-GAN竹内将SenpAI.GGProjected GANMobalyticsSelf-Distilled StyleGAN馬淵浩希Cygamesニューラルレンダリング岡島学AWS SagemakerPLATO映像セリア・ホデント形態素解析frame.ioUXAWS LambdaFoodly誤字検出森山和道認知科学中川友紀子ゲームデザインSentencePieceアールティLUMINOUS ENGINELuminous ProductionsBlenderBot 3パターン・ランゲージ竹村也哉Meta AIちょまどマーク・ザッカーバーグGOAPWACULAdobe MAX 2021自動翻訳AIライティングOmniverse AvatarAIのべりすとFPSNVIDIA RivaQuillBotマルコフ決定過程NVIDIA MegatronCopysmithNVIDIA MerlinJasperスタンフォード大学NVIDIA Metropolisパラメータ設計テニスバランス調整協調フィルタリング人狼知能テキサス大学AlphaDogfight TrialsAI Messenger VoicebotエージェントシミュレーションOpenAI CodexStarCraft IIHyperStyleMax CooperFuture of Life InstituteRendering with StyleIntelDisney類家利直LAIKADisneyリサーチヴィトゲンシュタインRotomationGauGAN論理哲学論考GauGAN2京都芸術大学ドラゴンクエストライバルズ画像言語表現モデル不確定ゲームSIGGRAPH ASIA 2021PromptBaseDota 2モンテカルロ木探索ディズニーリサーチMitsuba2バンダイナムコネクサスソーシャルゲームEmbeddingワイツマン科学研究所ユーザーレビューGTC2020CG衣装mimicNVIDIA MAXINEVRファッションBaidu淡路滋ビデオ会議ArtflowERNIE-ViLGグリムノーツEponym古文書ゴティエ・ボエダ音声クローニング凸版印刷Gautier Boeda階層的クラスタリングGopherAI-OCR画像判定JuliusSIE鑑定ラベル付けTPRGOxia Palus大澤博隆バーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for UnityArt RecognitionSFプロトタイピングクーガー田中章愛実況パワフルサッカー石井敦銭起揚NHC 2021桃太郎電鉄茂谷保伯池田利夫桃鉄GDMC新刊案内パワサカマーベル・シネマティック・ユニバースコナミデジタルエンタテインメント成沢理恵MITメディアラボMCU岩倉宏介アベンジャーズPPOマジック・リープDigital DomainMachine Learning Project CanvasMagendaMasquerade2.0国立情報学研究所ノンファンジブルトークンDDSPフェイシャルキャプチャー石川冬樹サッカーモリカトロン開発者インタビュースパコン里井大輝Kaggle宮本茂則スーパーコンピュータバスケットボール山田暉松岡 聡Assassin’s Creed OriginsAI会話ジェネレーターTSUBAME 1.0Sea of ThievesTSUBAME 2.0GEMS COMPANYmonoAI technologyLSTMABCIモリカトロンAIソリューション富岳初音ミクOculusコード生成AISociety 5.0転移学習テストAlphaCode夏の電脳甲子園Baldur's Gate 3Codeforces座談会Candy Crush Saga自己増強型AItext-to-imageSIGGRAPH ASIA 2020COLMAPtext-to-3DADOPNVIDIA GET3DデバッギングBigGANGANverse3DDreamFusionMaterialGANRNNグランツーリスモSPORTAI絵師ReBeLグランツーリスモ・ソフィーUGCGTソフィーPGCVolvoFIAグランツーリスモチャンピオンシップStability AINovelAIRival PrakDGX A100NovelAI DiffusionVTuberユービーアイソフトWebcam VTuberモーションデータ星新一賞北尾まどかHALO市場分析ポーズ推定将棋メタルギアソリッドVフォートナイトメッシュ生成FSMメルセデス・ベンツRobloxMagic Leapナップサック問題Live NationEpyllion汎用言語モデルWeb3.0マシュー・ボールAIOpsムーアの法則SpotifyスマートコントラクトReplica StudioAWSamuseChitrakarQosmoAdobe MAX 2022巡回セールスマン問題Adobe MAXジョルダン曲線メディアAdobe Research政治Galacticaクラウドゲーミングがんばれ森川君2号pixiv和田洋一リアリティ番組映像解析Stadiaジョンソン裕子セキュリティMILEsNightCafe東芝デジタルソリューションズインタラクティブ・ストリーミングLuis RuizSATLYS 映像解析AIインタラクティブ・メディアポケモン3DスキャンPFN 3D Scanシーマン人工知能研究所東京工業大学Ludo博報堂Preferred NetworksラップPFN 4D ScanSIGGRAPH 2019ArtEmisZ世代DreamUpAIラッパーシステムDeviantArtARWaifu DiffusionGROVERプラスリンクス ~キミと繋がる想い~元素法典FAIRSTCNovel AIチート検出Style Transfer ConversationOpen AIオンラインカジノRCPMicrosoft DesignerアップルRealFlowRinna Character PlatformイラストiPhoneCALADeep FluidsSoul Machines柿沼太一MeInGameAmeliaELSIAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースバーチャルキャラクター大規模言語モデルBCIGateboxアフォーダンスLearning from VideoANIMAKPaLM-SayCan予期知能逢妻ヒカリPaLMセコムGitHub Copilotユクスキュルバーチャル警備システムCode as Policiesカント損保ジャパンCaP上原利之ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャアッパーグラウンドコリジョンチェックPAIROCTOPATH TRAVELERChatGPT西木康智GPT-3.5OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者山口情報芸術センター[YCAM]アルスエレクトロニカ2019品質保証YCAMStyleRigAutodeskアンラーニング・ランゲージ逆転オセロニアBentley Systemsカイル・マクドナルドワールドシミュレーターローレン・リー・マッカーシー奥村エルネスト純いただきストリートH100鎖国[Walled Garden]​​プロジェクト齋藤精一大森田不可止COBOLSIGGRAPH ASIA 2022高橋智隆DGX H100VToonifyロボユニザナックDGX SuperPODControlVAE泉幸典仁井谷正充クラウドコンピューティング変分オートエンコーダーロボコレ2019Instant NeRFフォトグラメトリartonomous回帰型ニューラルネットワークbitGANsDeepJoinぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine LearningAzure OpenAI Service意思決定モデル脱出ゲームDeepLHybrid Reward Architectureコミュニティ管理DeepL WriteウロチョロスSuper PhoenixSNSProject Malmoオンラインゲーム気候変動Project PaidiaProject Lookoutマックス・プランク気象研究所Watch Forビョルン・スティーブンスBing気象モデルLEFT ALIVE気象シミュレーション長谷川誠ジミ・ヘンドリックス環境問題Baby Xカート・コバーンエコロジーロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスSDGsYouTubeダフト・パンクメモリスタGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2Hallucination音声変換レコメンデーションJukebox松尾豊Veap JapanEAPテンセントSIFT福井千春DCGAN医療MOBADANNCEメンタルケア人事ハーバード大学Edgar Handy研修デューク大学Netflixmynet.aiローグライクゲーム東京大学東京理科大学人工音声NeurIPS 2021産業技術総合研究所リザバーコンピューティングプレイ動画ヒップホップソニーマーケティングサイレント映画もじぱNBA環境音暗号通貨現代アートFUZZLEAlteration粒子群最適化法進化差分法オープンワールド群知能下川大樹AIFAウィル・ライト高津芳希P2E大石真史BEiTStyleGAN-NADAレベルデザインDETRゲームエンジンSporeUnreal Engineデノイズ南カリフォルニア大学Unity for Industry画像処理SentropyGLIDECPUDiscordAvatarCLIPSynthetic DataCALMプログラミングサム・アルトマンソースコード生成LaMDAGMAIシチズンデベロッパーSonanticTRPGGitHubCohereウィザードリィMCN-AI連携モデルマジック:ザ・ギャザリングAI DungeonUrzas.ai介護西川善司並木幸介Kikiサムライスピリッツ森寅嘉Zoetic AIゼビウスSIGGRAPH 2021ペットストリートファイター半導体Digital Dream LabsTopaz Video Enhance AICozmoDLSSタカラトミー山野辺一記NetEaseLOVOT大里飛鳥DynamixyzMOFLINRomiU-Netミクシィ13フェイズ構造アドベンチャーゲームユニロボットADVユニボXLandGatoAGI手塚眞DEATH STRANDINGマルチモーダルEric Johnson汎用強化学習AIデザインOculus Questコジマプロダクションロンドン芸術大学生体情報デシマエンジンGoogle BrainインディーゲームSound Control写真高橋ミレイSYNTH SUPER照明Maxim PeterKarl SimsJoshua RomoffArtnomeハイパースケープICONATE山崎陽斗深層強化学習立木創太松原仁浜中雅俊ミライ小町武田英明テスラ福井健策GameGANパックマンTesla BotNEDOTesla AI DayWikipediaソサエティ5.0SphereSIGGRAPH 2020バズグラフXaver 1000ニュースタンテキ養蜂東芝BeewiseDIB-R倉田宜典フィンテック投資韻律射影MILIZE広告韻律転移三菱UFJ信託銀行

AIによる監視資本主義の先にある希望を探求する体験型アート 『アンラーニング・ランゲージ』

2023.1.10アート

AIによる監視資本主義の先にある希望を探求する体験型アート 『アンラーニング・ランゲージ』

開始時間になると私たちは、会場となる明かりの落とされたホールの中に入るように促され、ガイドとなる光に導かれて透過性のある素材で作られた囲いの中に入りました。上演中の劇のステージのようにそこだけが明るい場所です。

その空間はAIをふくめたコンピュータ・プログラムを表現手法として活用するアーティスト、カイル・マクドナルド氏とローレン・リー・マッカーシー氏による新作パフォーマンス『アンラーニング・ランゲージ』(11月12日〜1月29日まで、山口情報芸術センター[YCAM]で公開)を体験するために設営されたスマートリビングに見立てられた場所で、参加者全員の身体の動きや表情の変化を捉えて画像解析をするためのカメラや、声や物音を集音するマイクが設置されています。

用意された席につくと、集まった8人の参加者は2名ずつ向かい合わせになります。冒頭ではスマートリビングを制御するAIに話しかけられ、そのAIに対してそれぞれが名前を教えたり、AIが投げかけるさまざまな質問に答えていきます。そのようにして、その場にいる全員が過去の日常生活の中でAIに誤解(誤検知?)されたり、会話の中で他の人間に誤解された経験などを共有していきます。なんでもそのAIはAIの中では異端者で、人間の持つ素晴らしさに可能性を感じているため人間のことをもっと知りたいと願っているのだとか。

パフォーマンス中盤になると、向かい合う相手に辛うじて聞こえる程度のささやきや、言語にならない音声、ジェスチャーなどを使って相手に向けた好意や意志を伝え合ったり、過去のデータをもとにAIが意味を検知することのできない奇妙な身体の動きで対話することを促されます。それは「より人間らしい行為として」ということですが、つまりそのAIはAIによる検知や監視の外に出ることが、より人間らしさを取り戻すことにつながると考えているということになります。

同時にAIの不完全さも目につくようになります。参加者の返答に対するAIの受け答えは、設置されたマイクで入手した音声データを解析したものをGPT-3で処理したものです。そのため所々不明瞭であったり時にはまったく意味不明のものとなります。しかし一方でそのエラーの存在がAIと私たちの心理的な距離を近づけているようにも感じます。突っ込みどころが時にコミュニケーションのハブとなるのは人間同士であっても相手がAIでも共通したことなのかもしれません。

参加にあたって必ずしもAIの指示通りにしなければならない決まりがないにもかかわらず、受動的にAIに求められる行動をしながら思いました。こうしたことで本当に人間らしさというものは表現できるのだろうか。このAIが考える人間らしさと、私の考える人間らしさはどこまで一致しているのか。そもそも私自身は人間らしさというものをどのように定義しているのか…。

私たちは目に見えない壁に囲われた庭で暮らしている

『アンラーニング・ランゲージ』を体験しながら、前述のような問いが参加者である私自身の内側から湧き上がってきたことは、まさに制作者の意図したことのひとつだったようです。会期初日の11月12日に行われたオープニングトーク「マシンと見る・聴く」でカイル・マクドナルド氏は「私が解釈する人間とは、自分がやりたいことを自身の価値観に基づいて自己決定できる存在です。一方でAIは指示されたことを遂行することしかできません。指示されたことに対して反抗心や不安を持つこと、それにより行動を変えることは人間ならではの心の動きや行動であり、それはコンピュータにはできないことだと思います」と語りました。

このように作品テーマを「AIにはない人間の資質とはなにか?」というものに設定したことに対して、当初は少しだけ意外に思えました。というのも、カイル・マクドナルド氏もローレン・リー・マッカーシー氏も、過去作品では監視資本主義に対する、より積極的な批評をふくむ作風が特徴だったからです。

カイル・マクドナルド氏の『群衆を書きつくす(Exhausting a Crowd)』(2015年)はフランスの作家ジョルジュ・ペレックの作品『パリの片隅を実況中継する試み ありふれた物事をめぐる人類学』(塩塚秀一郎訳:水声社、2018年)に着想を得て制作された作品です。ペレックはパリにある広場に3日間座り続けて目にする事物すべてを記述しようと試みました。​​マクドナルド氏の『群衆を書きつくす』は監視カメラと思しき映像に映り込んでいるものに参加者がタグづけをし、そこで起きていることを記述して投稿することができます。その内容の多くは他愛のないことではありますが、このようにして市民一人ひとりが監視の主体となり、目にした事物に主観的な解釈を与える現代のネット社会を批評している作品だと言えます。

ローレン・リー・マッカーシー氏の作品『LAUREN』(2017年)は、カメラとマイクで接続された人間がユーザーである人間の部屋を1日24時間監視して(あるいは見守って)、あたかもアマゾンのアレクサのように音声によるスマートホームの操作命令に応じたり、ユーザーの問いに答えたりします。時折ユーザーの顔がカメラに映った時に「そろそろ髪を切ったら?」と呼びかけたりもします。この作品には、カメラとマイクを通した人間があたかもAIのように振る舞うことでAIと生身の人間の違いを浮き彫りにしようとする狙いがありました。そしてその差異が、一見ディストピアに見える状況に希望を見いだす要因になるとマッカーシー氏はThe Guardianの取材に答えています

YCAMによる研究開発プロジェクト「鎖国[Walled Garden]​​プロジェクト」についても触れておきます。壁に囲われた庭(Walled Garden)とは私たちを取り巻く情報環境の比喩です。私たちは日々、スマホやパソコンを開き、検索エンジンやSNS、ニュースアプリなどを通してさまざまな情報を得る一方で、検索履歴や位置情報など私たちに関わる情報もまたビッグデータとして蓄積され、AIによって解析されてレコメンドとしてフィードバックされていきます。情報環境がパーソナライズ化され個々人にとって最適になる一方で、自分とは異なる属性の他者の視点が見えにくくなるフィルターバブル​​の問題も生じます。つまり私たちはそれぞれ目には見えない壁に囲われた情報環境に1人でいるということです。

同プロジェクトは、インターネットが日本に広く普及し始めた2000年から20年が経過した節目である2020年から始まりました。オンラインでの個人情報の扱われ方や情報の中立性について考えるワークショップ「わたしはネットでできている?」(2020年)や、SNSでの写真投稿を通してオンラインプライバシーや倫理的課題について考える「ネットにくらす、わたしのひみつ」(2021年)などがこれまで成果として発表され、イベントとして開催されてきました。現在公開されている『アンラーニング ランゲージ』はこの「鎖国[Walled Garden]​​プロジェクト」の集大成となる作品です。

想像することが未来を創る:カイル・マクドナルド×ローレン・マッカーシー インタビュー

カイル・マクドナルド氏とローレン・リー・マッカーシー氏に『アンラーニング・ランゲージ』の制作背景と、社会実装された技術との対峙の仕方、監視資本主義の中でのアートの役割についてお話を伺いました。

——今回公開されたアンラーニング・ランゲージの制作意図と、最初にアイデアが生まれて、完成するに至るまでの、考えの変遷についてお聞かせください。

カイル・マクドナルド氏(以下、カイル):作品に関するアイデアが発祥期段階からどのように変遷していったかについて、まず説明したいと思います。プロジェクトの計画段階では、作品という空間の中にいる人たちに対して、より挑戦を仕掛けて挑発していく状況をAIを用いて作っていくことを構想していました。しかし最終的には、その空間にいる人々を勇気づけてサポートするAIの使い方にシフトしました。

ローレン・リー・マッカーシー氏(以下、ローレン):私たちは2人とも、批評性を持って事物を探求してきました。ですからこれまでの作品でも基本的には、その作品に接するオーディエンスに対して挑発的で、問題を突きつけて考えさせるものが多かった。しかし、今回はYCAMとのコラボレーションということもあり、作品の方向性は山口県にあるYCAMという場所ならではのものにしました。その結果、山口県のオーディエンスに配慮した形で観客を取り込んでいく作品になったんです。

——とはいえ、監視資本主義に対する批評は今回の作品の中でも通奏低音として存在しますよね。例えば日頃私が何となく考えていることに関連するコンテンツや広告が、検索しているわけでもないのにオンラインで頻繁にレコメンドされるということがあります。これは「アルゴリズムが理解する私」に広告表示が最適化された結果ですが、一方で、私自身の行動や思考自体がアルゴリズムに最適化させられているのでは?とも感じます。この状況は今のままでは今後さらに加速すると思いますが、その先にある人の行動や思考とアルゴリズムの関係とはどのようになっていくと思いますか?

カイル:データが収集されて解析される状況が進んでいくというところに関しては、それを拒否するオプションもあると思います。つまり、そうした生活から自分たちを離脱させるという選択肢も本当はあるので、具体的にそれがどういう状況かを探究していくことも可能だと思います。もちろんあまりにも生活に密着しているなどの理由で、それらから逃げられるように行動を変えることが難しい場合もあると思いますが。

ローレン:テクノロジーを目の当たりにした時に考えるのは、これを誰が作ったのか、そこにある価値は誰のためのものなのかということです。それを考えていくことが次のステップにつながるのだと思います。ですから、まず最初に少し皮肉なスタンスでそのテクノロジーと対峙します。その次の段階として、そのテクノロジーについて楽観的だったり前向きに考えることのできる状態が生じるのだと思います。

私は学生の頃にコンピュータサイエンスの勉強をしていましたが、ちょうど同じ時期にマーク・ザッカーバーグがFacebookを作っていたんです。あの頃のコンピュータサイエンス界隈には、テクノロジーを用いることによって理想郷が作られるという、テクノユートピアに近い考えが何となく共有されていました。とにかくすごくポジティブにテクノロジーというものを捉えていた時代だったのです。

今の私は学校で教える立場になりましたが、今大学でコンピュータサイエンスを教える大学教員たちは、より今の状況に対して批評的です。テクノロジーのネガティブな側面や恐ろしさについてもちゃんと教えているので、そこに関してはまだ今後希望があるのかなと思っています。今後はもっとプライバシーの問題や社会正義に関わることも教える教員が出てくると期待しています。

ただ、やっぱり今我々が依存している場やシステムの問題がありますよね。それそのものは、おっしゃるように経済を最優先させる資本主義の側面が一番大きく表れていると思います。そうしたハイパーリッチな人たちによって提供されるアルゴリズムは極度にパーソナライズされているがゆえに、その枠の外にいる人とのつながりが確立されません。そういった世界に耽溺する状況は恐ろしいと思ったりもします。

——大学での教育やYCAMのようなミュージアムでの取組みの中で、この課題について考える輪が小規模ながらも広がっていくことに希望を感じます。ただ一方で、大多数のユーザーは既存のサービスにかなり依存してしまっていますし、そうした人たちが社会を構築する上で大きな影響力を持っています。両者の世界の見え方が乖離してしまっているがゆえに対立が起きてしまう現象はSNSなどを中心に世界中で起きています。両者の認識のギャップや分断を埋めるためにどういったアプローチをすればいいのかなというのは日々悩ましく思っているのですが、それについてお考えを聞かせていただければと思います。

カイル:極端な話、資本主義を終わらせるしかないくらいのことを思っています。現状を見て率直に言うと、今の状況を変えていく余地があまりないように思えるからです。経済のあり方やテクノロジーやインフラの作られ方、資源の使われ方もふくめて変えていかないとたぶん変わらないと思います。しかし、大多数の人がそうした問題意識を持っていない以上は、多分状況が変わる余地があまりないのではないかと思います。

ただ一方で、オープンソースや相互サポートのある社会やコミュニティを見ていると、希望があるように思えます。すごく小さな規模になりますが、例えば特定のコミュニティのインフラを水や土地をお互い共有し合いながら持続可能な形で自分たちで作って利用していくような状況です。そうした状況に自分たちを置くことで、自分たちがお互いを頼って生きているということを再確認できるはずです。それはこれまでのような、お金を中心に全てを食いつぶしていく資本主義的な態度から一歩引いた生き方になるので、そういう社会を目指すことでひょっとしたら希望を見いだせるのではないかと思っています。

ローレン:何事もそうですが、誰かが想像しないことには何も始まらないと思います。アーティストが得意なことって想像して創り出すことだと思うんです。それは、たとえば今の多くの人々が苦しんでいる難しい状況を打開した先の未来が見えないという状況についても同様です。必ずしも具体的なソリューションではないかもしれませんが、何かしらの希望や可能性となるものを提示し方向性を示すことがアーティストの仕事なのかなと思っています。ですから、今のこの分断された状況を解決するソリューションとしては、すぐに提示できる答えを持っていないんですけど、創造することを通して、ひょっとしたら今の状況とは異なる方向性を指し示す可能性を掲示していくことができるのかもしれないと思っています。

Disclosure:本記事は山口情報芸術センター[YCAM]からのご招待により取材・執筆を行いました。

取材・文:高橋ミレイ、写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]撮影:山中慎太郎(Qsyum!)

RELATED ARTICLE関連記事

CGへの扉 Vol.5:SIGGRAPH 2019に見るCG研究と機械学習

2019.8.20アート

CGへの扉 Vol.5:SIGGRAPH 2019に見るCG研究と機械学習

CGへの扉 Vol.21:人工知能+3DCGの最新論文をまとめて紹介 #SIGGRAPHAsia2020

2020.12.14アート

CGへの扉 Vol.21:人工知能+3DCGの最新論文をまとめて紹介 #SIGG...

CGへの扉 Vol.31:人工知能が考える「顔」と、人が考える「顔」

2021.10.14アート

CGへの扉 Vol.31:人工知能が考える「顔」と、人が考える「顔」

RANKING注目の記事はこちら