モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
機械学習ディープラーニングCGCGへの扉GAN強化学習ニューラルネットワークモリカトロンAIラボインタビューQA三宅陽一郎CEDEC2019デバッグスクウェア・エニックス音楽CEDEC2020ゲームAI深層学習シナリオ月刊エンタメAIニュース映画GDC 2019不完全情報ゲームVROpenAI敵対的生成ネットワークボードゲームルールベースAIと倫理グーグルNVIDIAVFXSIGGRAPH遺伝的アルゴリズムメタAIキャラクターAIロボットファッションビヘイビア・ツリーDeepMindJSAI2020人工知能学会イベントレポートガイスター畳み込みニューラルネットワークマイクロソフトtoioGoogleGDC SummerモリカトロンマルチエージェントナビゲーションAIeSports小説AlphaZero中島秀之アートスポーツ自動生成研究ディープフェイクDARPACNNFacebookメタデータTensorFlowOpenAI Five本間翔太CM倫理AdobeAmadeus Codeキャリアテストプレイeスポーツ音声認識DQN眞鍋和子シーマン齊藤陽介お知らせ水野勇太サルでもわかる人工知能ワークショップ知識表現IGDAどうぶつしょうぎマシンラーニングクラウド完全情報ゲーム藤澤仁長谷洋平宮路洋一HTN階層型タスクネットワークソニーStyleGANプロシージャルフェイクニュースドローンGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSぱいどんTEZUKA2020AI美空ひばり手塚治虫汎用人工知能GPT-3Electronic ArtsマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン通しプレイ階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUXピクサー認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージ作曲ちょまどビッグデータ中嶋謙互MicrosoftMicrosoft Azureアストロノーカ模倣学習ナラティブFPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションゲームプレイAIStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelロボティクスLAIKARotomationPyTorchドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツバンダイナムコスタジオゴティエ・ボエダBLUE PROTOCOLGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGUnityバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯Minecraft森川幸人GDMCマインクラフト成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープAIアートMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaデバッギングアニメーションリップシンキングUbisoftUbisoft La Forge北尾まどか将棋ナップサック問題ジェイ・コウガミ音楽ストリーミングSpotifyReplica Studioamuse5Gクラウドゲーミング和田洋一Stadia対話エンジン斎藤由多加シーマン人工知能研究所ゴブレット・ゴブラーズSIGGRAPH 2019ARAIりんなアップルiPhoneカメラAIGraph環世界予期知能ウェイポイントパス検索ドラゴンクエストPAIR画像認識アルスエレクトロニカ2019DeNA逆転オセロニア奥村エルネスト純齋藤精一高橋智隆ロボユニ泉幸典ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派意思決定モデルウロチョロス理化学研究所教育SIGGRAPH ASIALEFT ALIVE長谷川誠Baby Xロバート・ダウニー・Jr.YouTubeSFThe Age of A.I.レコメンデーションテンセントMOBA人事研修mynet.ai人工音声プレイ動画NBA群知能ウィル・ライトシムシティシムピープルレベルデザインSporeデノイズ画像処理CPUGMAITRPGウィザードリィAI Dungeon西川善司サムライスピリッツゼビウスストリートファイター栗原聡山野辺一記大里飛鳥マンガ13フェイズ構造手塚眞不気味の谷Oculus Quest生体情報写真照明山崎陽斗立木創太松井俊浩スパーシャルAIGameGANパックマンソサエティ5.0SIGGRAPH 2020DIB-R3D広告

ロボットトイをスマホアプリで制御するための開発環境「toio SDK for Unity」

2020.10.23先端技術

ロボットトイをスマホアプリで制御するための開発環境「toio SDK for Unity」

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンによる公式オンラインセミナー「Unity道場 ロボティクススペシャル」が、2020年10月9日と10月10日に開催されました。Unity道場は学生から社会人まで幅広い開発者を対象に、Unityのエキスパートたちがあらゆるカテゴリーの技術を伝授する勉強会。今回のテーマはロボティクスです。

その中から、 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)のロボットトイ「toio™(トイオ)」 をUnityで自在に制御するための「toio SDK for Unity」に関するセッションを取材しました。発表者は、toio開発者であるSIEの田中章愛氏、そして「toio SDK for Unity」の設計に携わったモリカトロン株式会社のAIエンジニア、本間翔太氏と銭起揚氏です。

ロボットトイをアプリで制御する開発環境

「toio」は、子どもの創意工夫を引き出すことを目的としたキューブ型のロボットトイです。アクションゲームやパズルゲームなど、さまざまな別売りの専用タイトルと組み合わせることによって、工作やプログラミングを通じた枠にとらわれない自由な遊びを楽しめるプラットフォームとして設計されています。

また、幅広い年齢層に応じたプログラミング教材としても利用されています。小学校低学年から中学年の子どもには「順次・分岐・反復」といったプログラミングの基本構造を、小学校高学年にはビジュアルプログラミングによるアルゴリズムの実践を、中高大学生およびエンジニアにはJavaScriptライブラリや技術仕様を公開することで、本格ロボットプログラミングの機会を提供してくれます。

この「toio」とゲームエンジンのUnityを連携させるためにモリカトロンが開発したのが、「toio SDK for Unity」です。これにより、シミュレータ上で「toio」のコアキューブを挙動を再現できるほか、アプリケーションを生成することでスマートデバイスを介してキューブを制御することも可能です。さらにライブラリやアセットによってはARや機械学習も統合できるということです。ロボット工学のみならず、メディアアートでの活用も期待できます。

単体制御だけでなく複数個体の群制御も可能

「toio SDK for Unity」には、キューブをプログラム制御する「Cubeクラス」、デバイスを通信制御する「Bluetooth」、UnityEditorで「toio」の挙動をシミュレーションする「Simulator」、キューブを単体や群集として動かす「制御モジュール」という4種類のモジュールが用意されています。さらにCubeクラスは、シミュレータ上でキューブ制御する「CubeUnity」と、現実のキューブを制御する「CubeReal」の2種類に分かれています。

「Bluetooth」を使った通信制御では、共通のインターフェイスを介して命令を送ることで、iOSやWebといった複数のプラットフォームに対応しています。たとえば、モリカトロンが2019年11月に発表したiOSアプリ「ウロチョロス」は、スマートフォンやタブレットと「toio」を接続することで、キューブがまるで意志を持った生き物のように動き回るというものでした。今後、MacやAndroidへの対応も検討しているとのことです。

「Simulator」モジュールは、マットオブジェクト「Mat」、カード・シートオブジェクト「Standard ID」、コアキューブオブジェクト「Cube」から構成されています。「Cube」はtoioコアキューブ仕様2.0.0に対応。物理および通信遅延のシミュレーションも実装しています。また、シミュレータ上ではマウスとキーボードで直感的に操作できます。「Simulator」を使う最大の利点は、シミュレータ上でキューブの動作を確認しながら作業できることから、調整やデバッグのたびにコードを再度ビルドする必要がないことです。

「制御モジュール」には、単体制御を行うための「CubeHandle」と、群制御を行う「Navigator」という2種類のクラスがあります。このうち「CubeHandle」には、目標座標に到達するための「closed-loop」と、指定距離を移動したり指定角度に回転したりするための「open-loop」という2種類のメソッドが用意されています。また、移動の軌跡を予測することで、マットの範囲外へ出ないように指令の継続時間を自動で調整してくれます。

「Navigator」には、自然な動きでほかの個体を避けさせる「Human-like衝突回避」に加えて、魚群のように集団で行動できる「Boids」というアルゴリズムが実装されています。さらに、これら2種類を組み合わせることで、キューブが群れを形成した状態でも各個体が自然に動き回れる状態も再現できるということでした。前述したiOSアプリ「ウロチョロス」に実装されている鬼ごっこモードでは、追いかけるキューブと逃げ惑うキューブのすべての動作が、こうしたアルゴリズムによって生成されています。

テスターによる幅広い分野での活用事例

「toio SDK for Unity」は、すでにアルファ版が大学の研究グループや個人作家といったモニターによって利用されており、ジェスチャーを認識させて遊ぶ競争ゲームや、Unityのネットワーク通信を使ってリモートですごろくを遊ぶ作品、Unityのビジュアルスクリプティング環境である「Bolt」へ対応させる方法など、複数の活用事例が紹介されています。

SIEとユニティ・テクノロージズ・ジャパンは、10月10日から11月4日まで「toio」やUnityを使ったオリジナル作品動画コンテスト「ロボやろ」を開催しており、参加者には視聴数や内容のインパクトに応じたリワードが進呈されます。

また、「toio SDK for Unity」との併用を想定した開発者向けの「toio」専用マットが、SwitchScienceから販売されています。A3サイズの12枚セットで、すべてを並べると約1.2m角の正方形になります。こちらも、コアキューブをホワイトボード上で動かしたり、マットを使ってインタラックティブスクリーンを作ったりする複数の活用事例が、同社の開発キャンペーンをとおして紹介されています。

なお、「toio SDK for Unity」の「Simulator」モジュールは初期仕様で開発用マット1枚分の領域にしか対応していませんが、「制御モジュール」の「CubeHandle」クラスには座標系を変更する機能が備わっているので、独自の調整次第では12枚のマットを並べたシミュレーションも理論的には可能だということでした。

ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity」の紹介は、[1:20:46]から

Writer:Ritsuko Kawai / 河合律子

RELATED ARTICLE関連記事

【CEDEC2019】AIりんなのボイストレーニングが示す、情動的で人間的な機械学習とは?

2019.9.05先端技術

【CEDEC2019】AIりんなのボイストレーニングが示す、情動的で人間的な機械...

サッカーからドローンレースまで。各社が開発するフィジカルスポーツプレイAIを紹介

2020.10.30先端技術

サッカーからドローンレースまで。各社が開発するフィジカルスポーツプレイAIを紹介

映像から音源を特定して効果音を生成するAI「AutoFoley」:月刊エンタメAIニュース vol.8

2020.8.26先端技術

映像から音源を特定して効果音を生成するAI「AutoFoley」:月刊エンタメA...

RANKING注目の記事はこちら