モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
機械学習ディープラーニングCGCGへの扉安藤幸央GANニューラルネットワーク強化学習月刊エンタメAIニュースモリカトロンAIラボインタビュー音楽三宅陽一郎QAOpenAI敵対的生成ネットワークCEDEC2019シナリオFacebookデバッグスクウェア・エニックスNVIDIADeepMind人工知能学会CEDEC2020ゲームAI映画遺伝的アルゴリズム不完全情報ゲーム深層学習ルールベースAIと倫理ビヘイビア・ツリーGoogleSIGGRAPHGDC 2019VRキャラクターAIボードゲーム畳み込みニューラルネットワークロボットグーグルプロシージャルVFXメタAIファッションマイクロソフトStyleGAN自動生成JSAI2020CNNイベントレポートモリカトロンマルチエージェントナビゲーションAI森川幸人水野勇太ガイスターCLIP自然言語処理アート河合律子toioHTN階層型タスクネットワークスポーツTensorFlowGDC SummerゲームプレイAIeSportsBLUE PROTOCOL小説DALL-EAlphaZeroカメラ環世界中島秀之懐ゲーから辿るゲームAI技術史JSAI2021研究ディープフェイクDARPAドローンAI美空ひばり手塚治虫汎用人工知能GPT-3メタデータ通しプレイOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoftMicrosoft Azureキャリアテストプレイeスポーツ音声認識PyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオシーマンUnity齊藤陽介マインクラフトお知らせAIアートサルでもわかる人工知能VAEアニメーションワークショップGenvid Technologies知識表現IGDANPCどうぶつしょうぎジェイ・コウガミ音楽ストリーミングStyleGAN2マシンラーニングクラウドコンピューティショナル・フォトグラフィー完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦藤澤仁生物学画像認識NFT長谷洋平鴫原盛之masumi toyota宮路洋一SIGGRAPH ASIA吉本幸記ソニーフェイクニュースシムピープルGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSマンガぱいどんTEZUKA2020松井俊浩Electronic ArtsマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータアストロノーカ模倣学習ナラティブFPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelロボティクスLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMC成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020デバッギングBigGANMaterialGANリップシンキングRNNUbisoftReBeLUbisoft La Forge自動運転車VolvoRival Prakウォッチドッグス レギオンユービーアイソフト北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioamuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミング斎藤由多加インタラクティブ・メディアリトル・コンピュータ・ピープルシーマン人工知能研究所Ludoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGPT-2GROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ウェイポイントユクスキュルパス検索カント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPDeNAStyleRig逆転オセロニア奥村エルネスト純いただきストリート齋藤精一大森田不可止高橋智隆ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward ArchitectureウロチョロスSuper Phoenix理化学研究所Project Malmo教育TextWorldProject PaidiaProject LookoutWatch ForBingLEFT ALIVE長谷川誠ジミ・ヘンドリックスBaby Xカート・コバーンロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスMagentaYouTubeダフト・パンクSFGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2HallucinationレコメンデーションJukeboxGTC2021CycleGANテンセントSIFTDCGANMOBADANNCE人事ハーバード大学研修デューク大学mynet.aiローグライクゲームNetHack人工音声NeurIPS 2021はこだて未来大学プレイ動画ヒップホップサイレント映画NBA環境音現代アートエージェント粒子群最適化法進化差分法群知能下川大樹ウィル・ライト高津芳希シムシティ大石真史BEiTレベルデザインDETRSporeデノイズ画像処理CPUGMAITRPGウィザードリィAI Dungeon西川善司サムライスピリッツゼビウスストリートファイター栗原聡山野辺一記大里飛鳥13フェイズ構造手塚眞不気味の谷Oculus Quest生体情報写真照明山崎陽斗立木創太スパーシャルAIGameGANパックマンソサエティ5.0SIGGRAPH 2020DIB-R3D広告

アップル新型iPhoneを発表、機械学習を活用したカメラ機能にも期待

2019.9.11先端技術

アップル新型iPhoneを発表、機械学習を活用したカメラ機能にも期待

2019年11日(日本時間)、アップルはスティーブ・ジョブズ・シアターで開催されたアップル新製品発表会でiPhone11(6.1インチディスプレイ)、iPhone11 Pro(5.8インチディスプレイ)、iPhone 11 Pro Max(6.5インチディスプレイ)を発表しました。

それぞれの価格は、

iPhone11:7万4800円(64G)/7万9800円(128G)/9万800円(256G)

iPhone 11 Pro:10万6800円(64G)/12万2800円(256G)/14万4800円(512G)

iPhone 11 Pro Max:11万9800円(64G)/13万5800円(256G)/15万7800円(512G)

カラーバリエーションは、iPhone11がホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、(PRODUCT)REDの6色、iPhone 11 Proシリーズはミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの4色です。

後述するA13 Bionicプロセッサの搭載により、バッテリーの保ちも大幅にアップグレードされています。iPhone11はiPhone XRと比較して1時間、iPhone11 Proは4時間、iPhone 11 Pro Maxは5時間長くなりました。

いずれも予約開始が9月13日の午後9時から、発売は9月20日です。

機械学習を活用したカメラ機能

今回発表されたiPhone11およびiPhone11 Proシリーズの機能で注目したいのは、カメラ機能です。

iPhone11は、メインカメラの広角レンズと2倍の光学ズームアウトができる超広角の標準のレンズの2つが搭載されており、画素数はiPhoneXRの700万画素から1200万画素に上がっています。上位機種のiPhone11 Proと同様に「夜景モード」にも対応しています。薄暗い場所での撮影に特化した夜景モードでは、画像を自動的に明るくし、従来なら生じてしまうようなデジタルノイズも最小限に抑えることができます。

iPhone11 ProシリーズもiPhone11と同様に画素数は1200万画素となっています。ただ、よりハイエンドなカメラ機能として、望遠と広角、超広角の3つのカメラレンズを搭載。見た目にもインパクトがあります。

また、今年の秋のアップデート(詳細な日程はまだ発表されず)で追加される新機能「ディープフュージョン」には、ぜひ期待をしたいところです。機械学習を活用することにより手軽に美しい写真をiPhoneで私たちが撮影できるようにしてくれます。さまざまな露出で9つのスナップを撮影し、それぞれの最もよく撮れている部分をピクセルごとに選択して組み合わせることで、ディティールまではっきり写ったノイズの少ない写真が生成されます。

これらの機能がグーグルに対抗したものであることは明らかです。2018年11月のアップデートで実装されたPixel 3の「夜景モード(Night Sight)」は、通常ならほぼ真っ暗に写ってしまうような場面でも、昼間のようにその場にある物や景色が撮影できることで話題を呼びました。これもまた、機械学習を使用して暗い環境で撮影した画像データから明るい画像を生成することで実現されています。

グーグルはこの秋に新たなスマートフォンPixel 4を発売すると予想されており、さらに新しい機能を追加してくるかもしれません。両社のスペック競争がどこに向かうのか、興味深いといえるでしょう。

高速プロセッサA13 Bionicを搭載

今回発表されたiPhoneのプロセッサは、すべてA13 Bionicにアップグレードされました。同チップの「ニューラルエンジン」は、マトリックス計算(ニューラルネットワークで使用される代数の一種)をより適切に処理するように最適化されており、1秒で1兆回の計算ができるほどの処理能力を誇ります。現行のどのスマホより速いCPUとGPUを搭載しているとアップルは主張していますが、このA13 Bionicはインカメラもふくむ4つのカメラで撮影した写真や動画の調整、Siriなどの音声認識などを支え、バッテリー消費を抑えることにも一役買っています。

ニューラルエンジン自体はiPhone X(2017年9月発売)に搭載されていたA11から実装されていますが、当時と比べてもさらに高速処理が可能になったA13を搭載したことで、Apple Arcadeで配信されるハイエンドなゲームの処理速度にも耐えられるようになるはずです。なお、Apple Arcadeは9月19日のローンチ時には100タイトル以上のゲームの配信を予定しており、月額料金は600円です。

今回の新製品発表会でアップルは、他にもオリジナルコンテンツを多数用意したApple TV+第7世代iPad、ヘルスケア機能を強化したApple Watch series 5などを発表しています。

Editor:高橋ミレイ

RELATED ARTICLE関連記事

【CEDEC2020】aiboの”賢さ”と”可愛さ”を作るAIの秘密

2020.10.21先端技術

【CEDEC2020】aiboの"賢さ"と"可愛さ"を作るAIの秘密

サッカーからドローンレースまで。各社が開発するフィジカルスポーツプレイAIを紹介

2020.10.30先端技術

サッカーからドローンレースまで。各社が開発するフィジカルスポーツプレイAIを紹介

リスナーの感情に合わせたレコメンドエンジン:月刊エンタメAIニュース vol.4

2020.4.29先端技術

リスナーの感情に合わせたレコメンドエンジン:月刊エンタメAIニュース vol.4

RANKING注目の記事はこちら