モリカトロン株式会社運営「エンターテインメント×AI」の最新情報をお届けするサイトです。

TAG LIST
ディープラーニング機械学習CGCGへの扉安藤幸央GANニューラルネットワーク月刊エンタメAIニュース強化学習三宅陽一郎モリカトロンAIラボインタビュー敵対的生成ネットワーク音楽OpenAIQAスクウェア・エニックス河合律子シナリオNVIDIAデバッグCEDEC2019プロシージャルDeepMind人工知能学会FacebookキャラクターAIルールベースビヘイビア・ツリーGoogleCEDEC2020ゲームAI映画SIGGRAPH遺伝的アルゴリズム不完全情報ゲームメタAIナビゲーションAI畳み込みニューラルネットワーク深層学習マイクロソフトAIと倫理グーグルGDC 2021GDC 2019マルチエージェントVR森川幸人ボードゲーム自然言語処理ロボットStyleGAN自動生成GPT-3CNNVFXモリカトロンゲームプレイAIファッションHTN階層型タスクネットワークJSAI2020Microsoftイベントレポート水野勇太アニメーションガイスターNPCCLIPアートtoio吉本幸記JSAI2021スポーツディープフェイク汎用人工知能TensorFlowGDC SummerテストプレイeSportsBLUE PROTOCOL小説DALL-EStyleGAN2AlphaZeroカメラ環世界中島秀之懐ゲーから辿るゲームAI技術史研究DARPAドローンAI美空ひばり手塚治虫CEDEC2021メタデータ通しプレイOpenAI Five本間翔太CM倫理ピクサーAdobe作曲中嶋謙互Amadeus CodeMicrosoft Azureキャリアeスポーツ音声認識ロボティクスPyTorchDQN眞鍋和子バンダイナムコスタジオシーマンUnity齊藤陽介マインクラフトお知らせAIアートサルでもわかる人工知能VAEUbisoftUbisoft La ForgeワークショップGenvid Technologies知識表現ウォッチドッグス レギオンIGDAどうぶつしょうぎジェイ・コウガミ音楽ストリーミングマシンラーニングクラウドコンピューティショナル・フォトグラフィーGPT-2完全情報ゲーム坂本洋典釜屋憲彦ウェイポイントパス検索藤澤仁生物学画像認識DeNANFT長谷洋平鴫原盛之masumi toyota宮路洋一SIGGRAPH ASIAソニーCycleGANフェイクニュースシムピープルGPUALife人工生命オルタナティヴ・マシンサウンドスケープASBSマンガぱいどんTEZUKA2020ナビゲーションメッシュ松井俊浩スパーシャルAIElectronic ArtsマーケティングApex LegendsNinjaゲームTENTUPLAYMARVEL Future Fightタイムラプスバスキアブロックチェーン階層型強化学習WANN竹内将馬淵浩希岡島学映像セリア・ホデントUX認知科学ゲームデザインLUMINOUS ENGINELuminous Productionsパターン・ランゲージちょまどビッグデータアストロノーカ模倣学習ナラティブFPSマルコフ決定過程スタンフォード大学パラメータ設計テニスバランス調整レコメンドシステム対話型エージェント協調フィルタリング人狼知能Amazon軍事AlphaDogfight TrialsエージェントシミュレーションStarCraft IIFuture of Life InstituteIntelLAIKARotomationドラゴンクエストライバルズ不確定ゲームDota 2モンテカルロ木探索ソーシャルゲームEmbeddingGTC2020NVIDIA MAXINE淡路滋ビデオ会議グリムノーツゴティエ・ボエダGautier Boeda階層的クラスタリングaiboJuliusSIETPRGバーチャル・ヒューマン・エージェントtoio SDK for Unityクーガー田中章愛石井敦銭起揚茂谷保伯MinecraftGDMC成沢理恵MITメディアラボ著作権マジック・リープMagic Leap OneMagendaノンファンジブルトークンDDSPサッカー里井大輝KaggleバスケットボールAssassin’s Creed OriginsSea of ThievesGEMS COMPANYmonoAI technologyアバター初音ミクOculus転移学習テストBaldur's Gate 3Candy Crush SagaSIGGRAPH ASIA 2020デバッギングBigGANMaterialGANリップシンキングRNNReBeL自動運転車VolvoRival Prakユービーアイソフト北尾まどかHALO将棋メタルギアソリッドVFSMナップサック問題汎用言語モデルSpotifyMITReplica StudioamuseChitrakar巡回セールスマン問題ジョルダン曲線5GMuZeroクラウドゲーミングRival Peak和田洋一リアリティ番組Stadiaジョンソン裕子MILEs対話エンジンインタラクティブ・ストリーミング斎藤由多加インタラクティブ・メディアリトル・コンピュータ・ピープルシーマン人工知能研究所Ludoゴブレット・ゴブラーズTransformerSIGGRAPH 2019ArtEmis絵画ARGROVERFAIRAIりんなチート検出オンラインカジノアップルRealFlowiPhoneシミュレーションDeep FluidsMeInGameAIGraphブレイン・コンピュータ・インタフェースBCILearning from Video予期知能ユクスキュルカント哲学ドラゴンクエストエージェントアーキテクチャPAIROCTOPATH TRAVELER西木康智OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者アルスエレクトロニカ2019StyleCLIPStyleRig逆転オセロニア奥村エルネスト純いただきストリート齋藤精一大森田不可止高橋智隆ロボユニザナック泉幸典仁井谷正充ロボコレ2019ぎゅわんぶらあ自己中心派Azure Machine Learning意思決定モデル脱出ゲームHybrid Reward ArchitectureウロチョロスSuper Phoenix理化学研究所Project Malmo教育TextWorldProject PaidiaProject LookoutWatch ForBingLEFT ALIVE長谷川誠ジミ・ヘンドリックスBaby Xカート・コバーンロバート・ダウニー・Jr.エイミー・ワインハウスMagentaYouTubeダフト・パンクSFGlenn MarshallThe Age of A.I.Story2HallucinationレコメンデーションJukeboxGTC2021テンセントSIFTDCGANMOBADANNCE人事ハーバード大学研修デューク大学mynet.aiローグライクゲームNetHack人工音声NeurIPS 2021はこだて未来大学プレイ動画ヒップホップサイレント映画NBA環境音現代アートエージェント粒子群最適化法進化差分法群知能下川大樹ウィル・ライト高津芳希シムシティ大石真史BEiTレベルデザインDETRSporeAIボイスアクターデノイズ南カリフォルニア大学画像処理NVIDIA CanvasSentropyCPUDiscordZorkCALMプログラミングソースコード生成GMAIシチズンデベロッパーTRPGGitHubウィザードリィMCN-AI連携モデルAI DungeonMCS-AI動的連携モデル西川善司並木幸介サムライスピリッツ森寅嘉ゼビウスSIGGRAPH 2021ストリートファイター半導体Topaz Video Enhance AI栗原聡DLSS山野辺一記NetEase大里飛鳥DynamixyzモーションキャプチャーU-Net13フェイズ構造アドベンチャーゲームADVXLandAGI手塚眞DEATH STRANDING不気味の谷Eric JohnsonOculus Questコジマプロダクション生体情報デシマエンジンインディーゲーム写真高橋ミレイ照明Maxim PeterJoshua Romoffハイパースケープ山崎陽斗深層強化学習立木創太バンダイナムコ研究所ミライ小町テスラGameGANELYZAパックマンTesla BotTesla AI Dayソサエティ5.0ELYZA DIGESTSIGGRAPH 2020バズグラフニュースタンテキ東芝DIB-R倉田宜典3D音声合成韻律射影広告韻律転移

アート作品に新たな命を吹き込むアート系生成AIの最前線

2020.8.27アート

アート作品に新たな命を吹き込むアート系生成AIの最前線

実在しない人物のフォトリアルな画像を生成するGANのように、AI技術は画像の生成にも活用されています。そうした画像生成技術は、既存のアート作品を再創造することにも使われています。この記事では、アート作品を再創造するアート系生成AIの事例を紹介していきます。

ローマ皇帝の彫像を血肉化する「Artbreeder」

アート系メディア「artnet news」は8月11日、カナダ・トロントで活躍するデザイナーのDaniel Voshart氏が制作した歴代ローマ皇帝のフォトリアルな画像について報じました。古代ローマの歴代皇帝に関しては、肖像画よりも彫像としてその姿が後世に伝えられています。同氏は、GAN(敵対的生成ネットワーク)を活用した画像生成アプリ「Artbreeder」を使って、彫像からローマ皇帝のリアルな姿を復元することに成功しました(復元した画像はこちらを参照)。

Artbreederの使い方は簡単で、「肖像画」「キャラクター」「古い肖像画」といった生成する画像のジャンルを選択した後に、生成画像の元となる画像をアップロードすれば、数種類の画像が出力されます。もっとも、彫像の画像からフォトリアルな画像を生成するには、人力による加工も不可欠でした。具体的には、Voshart氏はPhotoshopを使って生成された画像から細かな傷を除去して、血の通った人物を撮影した画像に近づけました。さらには、彫像には肌の色が着彩されていないので、皇帝の出身地と家族の血統を調べて肌の色を推測したうえで生成画像に反映しました。こうした制作過程は、同氏がMediumに投稿した記事で詳しく解説されています。

ローマ皇帝の復元のほかにも、Voshart氏は古代エジプトにおけるミイラといっしょに埋葬された絵画からフォトリアルな肖像画を生成したり、行方不明者の頭部の遺体から作成した頭部の粘土像からリアルな顔画像を生成したりする試みを発表しています。

絵画の制作過程をタイムラプス化する「Timecraft」

Engadgetは6月18日、絵画の制作過程をタイムラプス動画として出力するAIモデル「Timecraft」を紹介しました。タイムラプス動画とは、被写体が変化する過程を時間を圧縮して撮影した動画を指します。MITの研究チームによって開発された同AIを使うと、下塗りから細部の着彩と言った絵画の制作過程を動画として生成できるのです。同AIの画期的なのは、制作過程を撮影していなくても、完成した絵画から生成プロセスを予測する所にあります。

Timecraftは、200点のデジタル絵画と水彩画の制作過程を撮影したタイムラプス動画を学習データとして活用して、生成過程を示す動画(を構成する静止画)を予測するように構築されました。同AIの性能を評価するために、実際に制作過程を撮影したリアルな動画、同AIが生成した動画、そして圧縮された画像情報から画像を復元するMITが開発した画像生成AI「Visual Deprojection」が出力した動画を使った比較テストを実施しました。

比較テストは3つのテスト対象動画のうち2つを選んで、テスト参加者にどちらが本物のタイムラプス動画か尋ねる、というものでした。テスト結果はTimecraftによる動画はリアルな動画と比べると本物らしくないものも、Visual Deprojectionよりは本物らしく見えたというものでした。また、Timecraftが生成するデジタル絵画に関するタイムラプス動画のほうが、水彩画に関するそれより本物らしく見えることもわかりました。

以上のようなTimecraftは、美術教育コンテンツの制作に応用することができるでしょう。そのほかの応用としては、アニメーション制作現場における修正・変更作業にも応用できるかも知れません。同AIを活用すれば、例えば完成させたアニメーションの制作過程を遡って、任意の制作ステップからやり直すことが可能になるでしょう。

【論文】Painting Many Pasts: Synthesizing Time Lapse Videos of Paintings

バスキアを模倣する「STiCH」

プレスリリース専門メディア「prfire」は8月11日、カナダ・トロントに拠点をもつAIスタートアップurbancoolabが公開したバーチャル美術展を紹介しました。オンラインで開催された同美術展で展示されたのは、1980年代に活躍したアメリカの画家ジャン=ミシェル・バスキアを彷彿とさせるデジタルアートです。展示された作品は、ミシェル・オバマ前アメリカ大統領夫人や俳優のイドリス・エルバのポートレートといったバスキア本人が描いていないものから構成されています。これらは、バスキア本人が制作したのではなくバスキアの作風を学習したAIが生成したものなのです(展示された作品についてはこちらを参照)。

バスキア風のデジタルアートを生成したのは、urbancoolabが開発したAI「STiCH」です。同AIはインスピレーション、構築、そして表現の3つの制作ステップを実行してアート作品を生成します。インスピレーションのステップでは、画像とテキストを同AIに与えて生成するアート作品の作風に影響を与える設定を準備します。構築ステップでは、線やかたちを組み合わせて作品のスケッチを生成します。そして、生成されたスケッチのなかからインスピレーションのステップで生成した作風設定に合致するものを選出します。この選出処理では、遺伝的アルゴリズムが活用されます。最後の表現ステップでは、生成したスケッチをもとにして最終出力となるアート作品を生成します。この生成処理ではGANが活用されます。

以上のようなSTiCHを活用すれば、バスキア以外の作風のデジタルアートを生成することも可能です。実際、urbancoolabは同AIを使ったストリート系グッツのデザイン制作をビジネス展開しています。企業が同社にデザイン制作を依頼する場合は、前述したインスピレーション・ステップにおいて、企業が希望するデザインコンセプトに関するテキストと画像を提供することが必要になります。

以上に紹介した事例からわかるように、アート系生成AIはアート作品の制作という人間に固有と思われるタスクを代替するようなものではありません。むしろ、人間と協働して新しいアート的価値を創造することを支援するようなものなのです。CGの誕生と発展がアニメーターの仕事を奪うどころか新たな職種とアートジャンルを創造したのと同様に、アート系生成AIの発展は新たな価値と市場を生み出すことが期待できるのではないでしょうか。

Writer:吉本幸記、Image by ROMAN EMPEROR PROJECT

RELATED ARTICLE関連記事

「AI美空ひばり」はなぜ炎上したのか?:栗原聡氏×山野辺一記氏インタビュー(後編)

2020.4.20アート

「AI美空ひばり」はなぜ炎上したのか?:栗原聡氏×山野辺一記氏インタビュー(後編...

CGへの扉 Vol.6:Facebookが取り組むVRとAIのアプローチ

2019.9.13アート

CGへの扉 Vol.6:Facebookが取り組むVRとAIのアプローチ

CGへの扉 Vol.14:AIが生み出す顔と人間の表情

2020.5.13アート

CGへの扉 Vol.14:AIが生み出す顔と人間の表情

RANKING注目の記事はこちら